Home > Archives > 2013-10

2013-10

10月は稲刈りで忙しい月だった

毎年、一年で一番忙しい時期は田植えの6月だと思っていたけど、10月も意外に大変だったことに今気付いた。

ヒノヒカリの刈り取りがあと二日。

e58699e79c9f-2013-10-14-17-15-48これは一日の刈取を終えた時の乾燥機の画面。

水分27%とあるが、稲刈りを終えたばかりの籾は30%~25%くらい。

刈取が遅くなると籾は乾燥していくが、稲は熟れ過ぎると味は落ちる。

ちょうど良いところで刈取、強制的に乾燥させてやる。

乾燥機が無い時代でも筵(むしろ)で乾燥させてやることも強制的といえば強制的。

乾燥の仕方にもおいしさを守るコツがあって、刈取後の高水分の時はなるべく高い温度をかけず、ゆっくりまわすこと。

20%くらいまで落ちたところで一度乾燥機を止めて半日ほど安静にすることで、籾の中で乾燥度合いのムラがなじんでくるそうだ。

それから15.0%まで乾燥させるが、40度以上ならないように、なるべく35度前後までの温度で乾燥させる。

半日置くには稲刈りをした次の日は休みにさせなければいけない。

本来は全ての稲刈りでこの2日工程で乾燥させたいが、面積が増えた今では刈り遅れてはいけないので一台の乾燥機で全てにおいて2日かけることはできなくなっているのが現状。

晴れの続いた3日間のうち、前2日は1日で乾燥させた。

次の日が雨だと分かっている3日目は今日まで雨が降る予報だったので3日間かけて乾燥させた。

毎日、4条刈りのコンバインが最大の仕事量をこなすには今のサイズの乾燥機がもう一台必要になる。

農業福島園は段々と祖父の納屋でさえ収まらなくなってきているとういことか。

最近では鉄骨の高い天井の倉庫が徐々にイメージとして湧いてきている。

そう遠くない将来だ。

最近読み直している本田健の本に、幻想と夢、目標、予定という話があった。

思い描く未来は捉え方一つで現実のものとなるかどうかの可能性が変わるということ、だそうだ。

まぁ、予定だと思う。

稲刈り前半戦、明日で終了予定

e7a8b2e58888e3828a

9月23日にミルキークイーンを刈り始めてから1週間と3日。

明日、元気つくしの田1枚を刈り取ったら稲刈りの前半戦が終わる。

5日の枝豆狩りは稲刈りの中休みといった感じ。

写真は去年、祖母に買ってもらったまだまだ新車のコンバイン。

3条刈りから4条刈りにグレードアップしただけでなく、いろいろな点で機械は進歩している。

おかげで一日の稲刈りに掛ける時間が3分の2程度に短縮できていると思う。

以前のコンバインは15年前のもの。パソコンで言えば98から7になったようなものか。

今年は秋ウンカが十数年ぶりの大発生をしているようだが今のところ我が田んぼに被害は見られない。

ウンカだけでなく他の害虫や病気のような顔をした稲、倒れる稲は大抵肥料がよく効いた稲だ。

今年のように夏に晴天が続くと、生育が旺盛になりすぎるように思う。

もちろん、これらの稲に比べ、収量は1割~2割減なのだが、収量を追い求めた結果がこれなのではないかと思う。

e7b791e7b1b31これは黒米、ではなく緑米。

先日、穂が出る前にこの田んぼに車が突っ込んだ。

幸い、運転手に怪我は無く、車から油が漏れ出ることも無く済んだ。ちょっと田んぼが凹んだり水路のU字溝が壊れたけど。

それと稲が1畳ほどなぎ倒されてしまい、弁償はどうしましょうかとなった。

そこで、金額を提示すればいいのだが、ふと思いついたのがこの田んぼの稲かりに手伝いにくる、という条件だった。

仲介した保険屋さんにそう伝えたのだが、稲刈りの時期などを直接連絡を入れなければいけなかったが、後々考えてみるとやっかいな弁償を頼んでしまったなぁと思うようになり、やっぱりお金で解決しましょうと思いつつも連絡をしないままだった。

すると、緑米が穂を出しそろえると他の田んぼと全く色が違うため、事故を起こした方が自分のせいであの田んぼの穂がおかしくなったと心配されて電話してきてくれた。

傍から見ると、この田んぼの異様さはそんな風にも見える。

だけどこうして緑米の田んぼに立ってみるとなんともいえない、うわぁっという感動がある。

稲穂がつやつやしている感じ。

今年のもち米は全てこの緑米です。

Home > Archives > 2013-10

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る