Home > 品種 Archive

品種 Archive

9回目の田植えから早3週間

最近はSNSの台頭と、子供との時間を大切にしたいということからブログの更新が滞っていた。

しかし、初めて私を知った方がウェブサイトやブログを読んでくれて、農業のことや考え方のことなどのアイデンティティーについて知ってくれる場合があるが、SNSを見て福島光志のそれを感じ取ることは少ないようだ。

というか、正確にはSNSからはアイデンティティーを感じにくいのか、書いている内容がそれを感じ取れないような上っ面のことが多いのか。両方か。

というわけで、ブログの大切さを改めて感じているため、久しぶりに書くときはやはり稲のことを重点的に書きたいと思う。

IMG_3666

写真は、教育大学の先生から譲っていただいた福岡正信が育種したという品種、福岡1号もしくは2号。

通称ハッピーヒル。

品種の登録は1号と2号で2品種あるそうだが、種を引き継いぐにあたり区別がわからなくなった、もしくは片方が消滅してしまったそうだ。

品種の特性は極めて分げつが少なく、穂は短いのにびっしりと籾をつけるそうだ。

まるで稗のような穂の付き方だと私は感じた。また、茎は固く倒伏しづらい。

稲の専門家でもこんな姿の稲は見たことがないというそうだ。

このハッピーヒルをセルトレイで1籾ずつ播種し、30センチ間隔の1本植えにした。

詳しくは知らないが、自然栽培ではこの間隔で田植えをするということを聞いていたので同じようにしてみた。

普段見ている稲と違うのは、下葉からの分げつが開帳型で伸長している点だ。

通常のマット苗と呼ばれる苗では本葉1枚目と2枚目の間から発生するはずの分げつが退化するが、セルトレイの1本植えでは退化せず、分げつが起こっているため、開帳する。

1本植えをした場合はただでさえ普段見ている稲より力強く感じるが、ハッピーヒルの本領はここから違ってくるのではないかと期待してやまない。

 

今年は新しくつやおとめという玄米でおいしい品種というのも栽培している上、ハッピーヒルもどんなお米になってくれるのか楽しみで仕方ない。

種取りだけになるがササニシキも少し植えたし、そんな9年目の稲作、穂が出てからは穂肥の試験をする予定で、今年の秋は楽しみが多すぎる。

 

おにぎり3つをぺろり

母は昨晩残ったミルキークイーンの冷や飯をおにぎりにしたところ3つあったそうな。

お昼ごはんは私も父もいなかったので特別おかずを考えていなかったそうだ。

そこでお昼になったところ、3つも入らないなぁっと思いつつ一人でぺろっと食べてしまったそうだ。

ミルキークイーンは炊いた後、保温せずに冷えたくらいがおいしい。

そしてミルキークイーンは白ご飯としてたべるのがおいしいから味ご飯などがもったいなくてできないとも言う。

粘り気が強いのでチャーハンなどにも向かない。

「味ご飯にしようかなぁっと思うけどもったいないからできないのよねぇ・・・」

・・・

もったいないからできない・・・

米の種類が料理の幅を狭めているではないか?!

そもそもお米にはそれぞれの料理に向く品種がある。

毎日食べるご飯だが食べ方は料理によって変わってくる。

とはいえ私は米穀店ではないのだから何種類も販売するわけにはいかない。

しかし、せめてミルキークイーン10kgを買ったから味ご飯ができない、チャーハンができないのはもったいない。

ミルキークイーンでもチャーハンにしようと思えばできるだろうが、ヒノヒカリも基本的には同程度おいしいのであれば、ヒノヒカリのほうがおいしくできるだろう。

料理に合わせて品種を選択して選べるようになっているのはうれしいのではないだろうか・・・

今は夢つくしが梅雨を過ぎると食味が落ちるとのことから夢つくしが売り切れてからヒノヒカリを販売していたが、特にミルキークイーンを買っていただく時は少量をヒノヒカリにすることで、料理に合わせてお米を選べる。

少量残ったとしてもブレンドして炊飯することも悪くは無いだろう。

菊池の農家さんがお米マイスターを取得しているが、これからお米のスペシャリストに米農家がなってもらいたいと話していたことを思い出した。

パン用小麦「ゆめちから」

今日の報道ステーションで小麦の話があると農業経営者のメルマガに。

現在のパン用小麦粉の自給率1%。

これは国産の小麦では強力粉となりえる高たんぱく質をもつ種類の小麦がないことが原因の一つとなっている。

その現状を打破することができると期待されている品種、ゆめちから。

まだまだ水稲だけでも手をもてあましているのに、小麦や大豆までどうやっていくのかというところだが、自分で作った小麦でパンを焼いて食べてみたい。ただそれだけだ。

まぁ本音をいうと(ただそれだけなどといっておきながら)、今後の情勢をみると小麦の需要が高まるこや、安心して食べられる小麦類を探している消費者は少なくない、はず。

今秋、この麦を蒔いてみたいと思うようになった。まだ種子がどこで購入できるのかさえ、知らないのだが・・

古代米 籾すり

11月に発行するニュースレターに間に合うように古代米を籾すりした。

img_6534

これは籾から玄米を取り出した後、米粒の厚みが薄いものを選別するための網。

これが縦なったまま回転し、米粒は内側から何度も網にぶつけられてそのうちに厚みの小さいものは網を通過してしまう。

通過しなかったものが合格となり、玄米として計量、袋詰めされる。

しかし、この網は米の品種によって若干異なったりするため、いくつか用意されている。

夢つくしやミルキークイーンは通常使う網でその幅は1.85mm。

しかし、古代米は若干薄いようなので一つ下の網、1.80mmの網に取り換えた。

img_6542

その二つの網の目がこの写真だが、肉眼ではほとんど確認できない。

しかし、この差が100俵の米を選別すると2,3俵分以上の差が出てくる。(と思う)

数年前の事。自分がまだ大学生のころだが、1.80mmの網で選別するようになっていた時、籾すりを終えて業者に引き渡そうとした時に、「1.85mmの網で選別してくれ。そうでないと引き取れない。」と急に電話があったそうだ。

そんなことを急に言われても業者が引き取ってくれなければ、当時はどこにも売り先を持たないのだ。生産者が一番弱い立場にある現実だろう。

そこでもう一度網を変えて1.80mmで選別にかけたという。一つ一つ袋から機械に持ち上げて。(父と弟が手伝ったそうだ)

そうして再選別された米はくず米がたいそう出たそうだが、これも家畜用の餌として業者が格安で引き取ったらしい。

これは聞いた話だが、実際のところ再選別してでたくず米は1.80mmと1.85mmの中間なので特別見た目にはわからない。

そこで、また両方を混米して販売に出すという手法があるようだ。これで業者は再選別して出た米の分を格安で手に入れたことになる。

古代米から話はそれたが、この網を見るたびにこのお米マジックを思いださずにはいられない。

通常スーパーなどで出回っているものはこのようなマジックにかかっていると考えて間違いないだろう。

古代米3種類

ということで今日籾すりした古代米3種類。写真は一袋300g。

左から赤米・黒米・緑米。いやぁほんとに一つ一つ品種が混ざらないように掃除するのは大変だった。

とはいっても若干混ざっています。ご了承ください。

種もみを分けて頂いた先輩に感謝。

神頼み

img_3334

石鎚神社にて貰い受けることができたという五穀成穣守護の札。

水田の真ん中に、全体が見えるところにかざす。

神頼みとはよく言ったもので、結局は自然界という大きな存在に対する自己主張の表れではなかろうか。

先日のキャンプで、後輩であるイチゴ農家の息子が父の言葉を話してくれた。

「品種の育成で最終的に大事なことはどんな品種を作りたいのかという気持ちがどれだけ強いのかだ。」

この農家は自分でイチゴの品種育成までしてしまう。できた品種の名前は奥さんだったり、娘さんの名前からとったりするのだという。

(父親の偉大さが、大学を卒業して実家に帰ってきて一緒に仕事をして改めてよくわかってきたと、後輩は言っていた。)

自分の確固たる意識・気持ちに、自然界が調和する、という超自然的意識。

しかし、心が清らかでないと筋斗雲に乗れないのと同じかもしれない。

済州島・ブルーベリー苗木生産視察

img_23582月6日~8日、韓国の済州島にブルーベリーの苗木を生産している現場を見せていただく機会があったため視察に行って来た。

いつかのブログにも書いた記憶があるが、以前日本では栗の苗木を大量に生産したが、生産者が少なく結局中国などに大量に輸出した結果、果実が安価で大量に輸入されるようになり、日本の栗生産者は大打撃を受けたという経緯がある。

今まさにブルーベリーでも同じようなことが起こるのではないかと想像するに容易い。

まだまだ国内のブルーベリー生産量は増加の一途をたどっているのだが、アメリカ産・オーストラリア産が国産に比べて安価に輸入されている。そのうち、韓国産・中国産が輸入されるようになれば国内のブルーベリー生産量は下向きになるだろう。

この傾向は安全・安心が取りざたされている時代でも大きく変わることはないと思う。

img_2328旧済州市の市場を観光していたら、とても驚かされるものを発見した。デコポン(品種名:不知火)である。

日本で育成された品種は品種登録され、許可を得ないと栽培できないのが普通であるが、韓国の果物屋で堂々と陳列してあるデコのある柑橘を見たときは日本のデコポンが流出したとしか思えなかった。

調べてみると育成は長崎で行われ、『品種名の「不知火」は、最初に産地として穂木が持ち込まれ栽培された不知火町に由来する。正規の手続きを経ず産地へ流出したために種苗登録はされていない。』(ウィキペディアより)とあった。

つまり、不知火が種苗登録されていないために韓国でも栽培が広がったのだろう。違法ではないようだ。

デコポンは商標登録であるため、韓国では使われないが、現地ではハルラボンなどとよばれて特産化しているようだ。1個2000ウォン(約140円)だったが、やはり国産のほうがおいしかったことを添えておこう。

Home > 品種 Archive

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る