Home > 土 Archive

土 Archive

雑草という神草

ホトケノザ春になると自然と育ってくる草、一般的には雑草と呼ばれる。

写真のホトケノザも神妙な名前がついていながら春の野草であり、雑草と呼ばれることもあるだろう。

手に持っているものと、その隣に生えているホトケノザは同じものでも葉の大きさ、色が全く違う。

これは、ブルーベリーの畑に播いたぼかし肥料を吸って大きくなったものと、そうではないものの違い。

ぼかし肥料をブルーベリーの樹の周りに撒いたところ、野草が大きく育ち、その効能を教えてくれている。

野草

一概にこれがいいことであるとは思わないが、確かに効いていることは確か。

なぜ一概にいいことであるといえないかというと、こういう育ち方をした植物は体が軟弱で病気や虫が入りやすい。

そのため、目的であるブルーベリーの樹からは少し離して散布する。

そうすることで、周囲に草が生え、土を肥沃にしてくれる。

最大の目標は土自体が肥えることで、どんなものでも育ちやすい環境にすること。

だからブルーベリーから少し離すところに散布すれば、そこに向ってブルーベリーの根が伸びていく。

この畑も昨年は一面西洋タンポポが群生していた。晴れた日には黄色一色だったが、今年はホトケノザとオオイヌノフグリとタンポポの3色だ。

毎年、この春一番に伸びてくる草の種類が変わってきていることに驚く。

というのも、去年タンポポが群生した時、花が終わり一斉に綿を飛ばしたが、だからといって今年も同じようにタンポポがいっぱい咲くわけでもない。

タンポポの前の年が一面ホトケノザで紫一色だった。

毎年、春一番の草の種類が変わってきている。

これは、そこの土に今必要な養分を補うのに一番適している植物が生えるということ。

耕作放棄した畑がセイタカアワダチソウに覆われ、さらに放置しておくと樹が生えてきて森になることからも、植物はその地に合わせて種類が変わってくることが分かる。

感覚で伝わってくる野草の役割。

はて、自分の役割は・・・

 

 

 

土壌分析

e59c9fe5a38ce58886e69e90ん~実においしそう。

いやまさ、カレーではない、田んぼの土だ。

昨年もあまり納得のいく出来ではなかった苗つくりを今年こそはと今までとは趣向を変えて挑戦する。

冬の間に田んぼから土を取ってきて乾燥させないといけないが、その前に田んぼ1枚1枚において、どの程度土壌に差があるのかを分析することにした。

どの田んぼが一番バランスの取れた土なのかを判断すると共に、どの田んぼの土を使えば一番苗に良いのかを判断する。

サンプルは10コ。

農協の土壌分析室に依頼すると民間の土壌分析に比べ3分の1程度の費用で済むのだが、正直なところ信頼性が薄い。

出てきたデータに納得がいかなければ同じ土を民間の業者にも委託してみる予定。

予定としてはこの土に石灰質肥料とぼかし肥料、腐葉土をバランスよく混ぜて床土としたいところ。

有機、無農薬で自然の循環を信じて間違いを犯さなければ自然とバランスが取れてうまく作物が育つ、と自然農法の世界では通っている。

私も信者の一人だが、やはり感覚として得るものと科学的に分析する目も持っていて損ではないだろう。

まぁ打つ手なくして人の話を聞けということか。

Home > 土 Archive

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る