Home > 農業資材 Archive

農業資材 Archive

古代米 籾すり

11月に発行するニュースレターに間に合うように古代米を籾すりした。

img_6534

これは籾から玄米を取り出した後、米粒の厚みが薄いものを選別するための網。

これが縦なったまま回転し、米粒は内側から何度も網にぶつけられてそのうちに厚みの小さいものは網を通過してしまう。

通過しなかったものが合格となり、玄米として計量、袋詰めされる。

しかし、この網は米の品種によって若干異なったりするため、いくつか用意されている。

夢つくしやミルキークイーンは通常使う網でその幅は1.85mm。

しかし、古代米は若干薄いようなので一つ下の網、1.80mmの網に取り換えた。

img_6542

その二つの網の目がこの写真だが、肉眼ではほとんど確認できない。

しかし、この差が100俵の米を選別すると2,3俵分以上の差が出てくる。(と思う)

数年前の事。自分がまだ大学生のころだが、1.80mmの網で選別するようになっていた時、籾すりを終えて業者に引き渡そうとした時に、「1.85mmの網で選別してくれ。そうでないと引き取れない。」と急に電話があったそうだ。

そんなことを急に言われても業者が引き取ってくれなければ、当時はどこにも売り先を持たないのだ。生産者が一番弱い立場にある現実だろう。

そこでもう一度網を変えて1.80mmで選別にかけたという。一つ一つ袋から機械に持ち上げて。(父と弟が手伝ったそうだ)

そうして再選別された米はくず米がたいそう出たそうだが、これも家畜用の餌として業者が格安で引き取ったらしい。

これは聞いた話だが、実際のところ再選別してでたくず米は1.80mmと1.85mmの中間なので特別見た目にはわからない。

そこで、また両方を混米して販売に出すという手法があるようだ。これで業者は再選別して出た米の分を格安で手に入れたことになる。

古代米から話はそれたが、この網を見るたびにこのお米マジックを思いださずにはいられない。

通常スーパーなどで出回っているものはこのようなマジックにかかっていると考えて間違いないだろう。

古代米3種類

ということで今日籾すりした古代米3種類。写真は一袋300g。

左から赤米・黒米・緑米。いやぁほんとに一つ一つ品種が混ざらないように掃除するのは大変だった。

とはいっても若干混ざっています。ご了承ください。

種もみを分けて頂いた先輩に感謝。

緑米 天日干し

img_6528

img_6532

太陽の光とはなんとありがたいことか。

18%以上あった水分が1日で13%と乾燥しすぎてしまった。

あれだけゴンゴンとうなりをあげていた乾燥機がどれだけエネルギーを消費して乾燥させていることかと思う。

とはいってもここまで乾燥するには下に敷いてある筵のお陰。

今時筵などと言っても読めもしないだろう。とはいっても自分も読めないのだが。

これはむしろであり藁で編んだ敷物である。

ウィキペディアによれば筵とは総称であり藁やイグサなどで編んだ簡素な敷物、とある。

しかし祖母はイグサで編んだものはござ。藁で編んだものをむしろと言っている。

籾を乾燥させる時はござよりこの筵のほうが断然良い。

それはむしろのほうが地との空間が大きく乾燥が早いためだ。

今日、その乾燥の早さを身を持って知った。

しかしこの筵。作るのに特殊な道具、編み機のようなものが必要らしい。

木でできたそれほど難しいものではないらしいが、祖父でも筵は作ったことがないらしい。

写真の筵はなんと私の曽祖父の最後の作品とのこと。

いまではネズミがところどころ食い破り、穴があいてしまっている。

大事に使っていきたい。

昔はすべてこの筵を使って籾を乾燥させていたそうだ。

とはいっても最後の仕上げとしての乾燥である。筵で乾燥させるまでは手で刈った稲をその場で1日干し、その後畔に積み上げてまた1日。

その後に脱穀してこの筵で乾燥させるのでおおよそ30%から20%程度まで落ちているだろう。

なので、莚で干すのは1日か2日とのこと。

その頃はこの筵が20枚もあったそうな。

夕方になったら籾を集め、袋に移したり、次の日も乾燥させる籾は筵の真ん中に集めて、筵を折りたたんで籾を露から守る。

祖母は小学生のときから筵も持ち上げて手伝っていたと昔を思い出していた。

ちなみに、籾が黒いのは籾殻だけであり、米粒は緑色か登塾したものは白である。

NPO法人 バンブーワールド

img_4283

以前に紹介した竹パウダーを利用した荒廃竹林の再生と安全な農業との連携を進めるためのNPO法人、バンブーワールド。

発起人はこの竹パウダーを作成する特殊な機械を所有している企業。

つまり、非営利の立場を利用し竹林の再生や農業への有効資材の提供という利とともに、会社の利益を出そうという一石三鳥、というのは私の勝手な想像。

NPOであるため、市の農業振興課が竹パウダーの普及に一役買っている。社会というのは実にうまい仕組みだ。

写真はこのNPO法人が竹パウダーの実証効果を確認するために国か県などからの補助金をもらい、原料を調達し農家に効果を報告することを見返りに無償提供された、その竹パウダー。

以前、自分が個人的に生ごみ堆肥をつくるために購入した堆積と同量だが、もしこれを販売するとしたら1袋8000円ほどになるという。

これだけの量で8000円となると実際に野菜をこの竹パウダーを使用することで品質や収量の増加につながったとしても最低でも8000円以上の効果になるとはいささか考えにくい。

この竹パウダーは化学肥料はいうまでもなく、むしろ牛フン堆肥より養分含量は少ない。あくまで土壌改良としての意味合いである資材では急激な変化というものはあまり望まれない。

なんにしろすべてこの売り上げのうち、原価がどれほどかかっているか農業の世界ではなかなか計算されない。

今回、無償で提供されたこの竹パウダーはブルーベリーのマルチに数本で試してみたいと思う。

Home > 農業資材 Archive

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る