Home > 水稲 > 続・先祖からの言い伝え

続・先祖からの言い伝え

  • 2009-10-16 (金) 23:17
  • 水稲

img_3905

最近は稲刈りが忙しくて一時の間、忘れていました。

稲は掛け干しというように、実の水分を乾燥させてやらなければ貯蔵できません。通常、乾燥させる水分のパーセントは15%~16%といわれています。

乾燥がしっかりしていないと、籾が摺れにくくなってしまいます。逆に過乾燥になってしまうと米が割れてしまうようになります。

写真の左端が9月21日に収穫した稲で、右の稲は4日遅れて収穫しました。収穫時期が早いうちは米の水分は27%と高く、収穫が遅れると22%ほどに下がってきます。

通常、乾燥機で灯油を燃やして熱風乾燥させますが、米の水分が高ければそれだけ灯油を必要とします。我が農園では乾燥機で使用する灯油は年間2万円程度です。

掛け干していた稲の水分を測ってみると12%前半まで下がっていたので乾燥しすぎです。これではちゃんとした実験になりませんが(汗

とりあえず後日脱穀・精米します。

Home > 水稲 > 続・先祖からの言い伝え

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る