Home > 水稲 Archive

水稲 Archive

新米の刈り取りが始まった

 

 

8月下旬から稲刈り前にやっておかなければいけない仕事をなんとか間に合わせ、その忙しさのまま稲刈りが始まった。

9月23日から27日まで4日間続けて稲刈りで、昨日も雨で刈取ができなかったが籾摺りをした。

そして、今日。10月1日。宗像大社ではみあれ祭が行われ、フェイスブックのタイムラインにはあの人もこの人も祭のことが上がっている。

自分は稲刈りが忙しいこの時期は、夜にテレビのニュースで知る程度。

いつかは見てみたいものだ。

 

さて、今年の籾摺りには新しい機械を導入した。

色彩選別機と選別機。

色彩選別機はカメムシの食害による黒い粒を取り除くためだが、選別機は2台目。

img_0053

 

img_0052

写真の左端に見えるのが籾摺り機で、この前に粗選機がある。

粗選機から籾摺り機、石取機を通り、1回目の選別機。この選別機は網目1.75mmでお米の厚みを選別する。

この1.75mm以下のお米は特に小さくほとんど青く薄っぺらいのが見て取れる。

この選別機の後に色彩選別機に入り、カメムシや籾を除去。

さらに2台目の計量選別機に入る。この選別機は網目1.80mmもしくは1.85mmで選別している。

先に1.75mmで選別してあるので篩いに落ちるのは中米(ちゅうまい)と呼ばれる1.75mm~1.80mmの間のお米。

全体的には青い米が多いがまだ十分食べられる見た目の米が多い。

お米の買い取り業者には、農家に1.85mmで選別させて、小米を安く買い取り、自分で中米を抜き取り精玄米に混ぜて販売している場合もあるらしい。

しかし、この若干厚みのうすい米も問題なく食べられる。

いままで1kg50円程度で買い取ってもらっていたがもったいないので自分で販売していこうと思う。

なぜここまでしようと思ったかというと、米ぬかの販売を始めてから思い知ったことがある。

それは無農薬の米ぬかを探しているという人が意外と多いこと。

今まで米ぬかは聞かれたらありますよ、程度で答えていた。しかし、きちんと脱酸素材を入れて販売を始めたところ、実に多くの注文をいただくようになった。

以前、東京で研修を受けたときに聞いた言葉に「売れない理由は売っていない」というものがある。

物はある、サービスはあるのにきちんとした形にして、きちんとした値段をつけていないだけで売れないのだ。

小米もしかり。

厚みの薄い米自体があるということが一般的に知られていない。

知られていないから売れないだけで、きちんと説明して、きちんと販売できれば売れるはずである。

中米という厚みの薄い米ができるのは稲の性質だからそれをきちんと伝える必要がある。

今度はその理由を書いていこうと思う。いつになるやら・・・

無農薬・無肥料のお米で酒を造る

もう何年も前から酒米を育てて酒を造ってみたかった。

私はアルコール分解酵素をほとんど持ち合わせていないので、ビールでも50ml飲めば眠くなってしまうくらい。

それでも日本酒の味くらいはわかるもので、アルコールを添加してあるものはすぐに頭が痛くなる。

阿蘇の無農薬無肥料米で造られている天祥地瑞を飲んだ時は感動した。

造ってみたいと思ってはいたが、酒米を作ってもそれを酒にすることを計画していなければ酒になることはないわけで、そこのところの話が進んでいなかったので今まで後回しになっていた。

そこで、来年には作りたいと思い、今から酒造りの話もまとめてから来年の種を買い付ける算段を今からしようと思った。

そもそも、やっぱり作りたいと思ったのは、この光岡の田んぼで無農薬栽培が広まるにはどうしたらよいかを考えていた時にでたアイデアだった。

それは、無農薬で酒米を作り酒屋が決めた値段で買い取ってくれるということが決まっていれば、回りの農家も賛同しやすくなるのではないかと思った。

私がいくら無農薬で稲をつくることができても、周りの農家が真似をしないのは同じ値段で自分も販売できないのであれば、危険を冒してまで真似はしない。

しかし、先に買取値が決まっていて、やれば売れることがわかっている、儲けることができるとわかっていれば賛同してくれるのではないかと思った。

そして、この無農薬無肥料での酒米作り、酒造りを環境保全と町づくりを兼ねて宗像市で後押しできる形にもっていければ輪も広がるのではないか。

活動をクラウドファウンディングのように出資者を募り、できた酒が返ってくるというような方法も面白いと思う。

こんな活動をブランディング、プロデュースできるような人を募集したい。

9回目の田植えから早3週間

最近はSNSの台頭と、子供との時間を大切にしたいということからブログの更新が滞っていた。

しかし、初めて私を知った方がウェブサイトやブログを読んでくれて、農業のことや考え方のことなどのアイデンティティーについて知ってくれる場合があるが、SNSを見て福島光志のそれを感じ取ることは少ないようだ。

というか、正確にはSNSからはアイデンティティーを感じにくいのか、書いている内容がそれを感じ取れないような上っ面のことが多いのか。両方か。

というわけで、ブログの大切さを改めて感じているため、久しぶりに書くときはやはり稲のことを重点的に書きたいと思う。

IMG_3666

写真は、教育大学の先生から譲っていただいた福岡正信が育種したという品種、福岡1号もしくは2号。

通称ハッピーヒル。

品種の登録は1号と2号で2品種あるそうだが、種を引き継いぐにあたり区別がわからなくなった、もしくは片方が消滅してしまったそうだ。

品種の特性は極めて分げつが少なく、穂は短いのにびっしりと籾をつけるそうだ。

まるで稗のような穂の付き方だと私は感じた。また、茎は固く倒伏しづらい。

稲の専門家でもこんな姿の稲は見たことがないというそうだ。

このハッピーヒルをセルトレイで1籾ずつ播種し、30センチ間隔の1本植えにした。

詳しくは知らないが、自然栽培ではこの間隔で田植えをするということを聞いていたので同じようにしてみた。

普段見ている稲と違うのは、下葉からの分げつが開帳型で伸長している点だ。

通常のマット苗と呼ばれる苗では本葉1枚目と2枚目の間から発生するはずの分げつが退化するが、セルトレイの1本植えでは退化せず、分げつが起こっているため、開帳する。

1本植えをした場合はただでさえ普段見ている稲より力強く感じるが、ハッピーヒルの本領はここから違ってくるのではないかと期待してやまない。

 

今年は新しくつやおとめという玄米でおいしい品種というのも栽培している上、ハッピーヒルもどんなお米になってくれるのか楽しみで仕方ない。

種取りだけになるがササニシキも少し植えたし、そんな9年目の稲作、穂が出てからは穂肥の試験をする予定で、今年の秋は楽しみが多すぎる。

 

排水路の補修

 

 

 

 

 

もうブログを更新しなくなってある程度時間が経つがたまに「ブログみてます!」という嬉しい声を聞くとやっぱり記録してきてよかったと思える。

3月下旬から田んぼの耕運を始め、おおよそ8割ほどは鋤いてしまい、今日はまとまった雨。

2月の百姓三昧だよりで募集した精米作業を手伝ってくれる人も無事に見つかり、精米もほぼ任せておけるようになった。

そのため、2月は精米・発送作業だけで過ぎて行った月にくらべ、3月はとても仕事が進んだ気がする。

そして、気がつけば桜が咲き、気温も高くなってきて土手の草も伸びてきた。

この雨が止んだら草刈週間の始まりだ。

その前に一つ、水路の補修をしなければいけない。

IMG_3121

 

周囲をコンクリートで囲まれた田。

IMG_3122

排水路は田面から50cmほど低いところに道路を横断する形でパイプが設置されているが、枡?の底面にコンクリートがされていない。

昨年の栽培中にオーバーフローした水の流れで底面の土がえぐれ、関板の下から水が湧き出るようになっていた。

そのせいで田んぼの土をいっぱい流されてしまい、大きな穴が開いていた。

このまま今年も田んぼにすると水道ができているのですぐに穴が開くため、底面にコンクリートを打つことにした。

久しぶりの左官仕事になるも雨で延期。

特にオチもなにもないけど、こんな仕事もきちんとこなしていかないと、いざ種を播いてからでは遅い。

そういうことが言いたいだけでした。

苗の準備中

土ふるいがけ

 

今年の苗土で変わったのは採取時期。

今まではその年の2月や3月ごろにとってきていたが、今回採取したのは昨年の6月。

ぼかし肥料を混ぜたのが昨年の秋だがすでに半年以上経過している。

ぼかし肥料は有機物であるため、水分条件や温度、空気によって発酵したり腐ったりする。

有機農業の野菜は化学肥料で育った野菜より危険だ、などと言われることもある。

間違っていはいないが全てがそうというわけでもない。

有機野菜が危険な理由は畑に投入する有機物の腐敗が主な原因だと思う。

きちんと発酵しているぼかし肥料は食べられるほどだ。

要は有機質の肥料は化学肥料に比べ使い方を気をつけなければいけないということ。

今まで苗作りは一番苦労してきた。つまり、いろいろと失敗をしてきた。

一番の要因は、化成肥料ありきの苗の作り方にある。

少ない土に密植しているのが現在の一般的なマット苗と呼ばれる苗であり、化成肥料が無ければ順当な生育はおおよそ難しいのだから、有機肥料に置き換える場合にはそれなりの無理がある。

しかし、これだけの面積の苗を作るにはマット苗で田植えをする方法が一番効率的ではある。(直播を除いて)

ほかにもポット苗と呼ばれる育苗方法もあるが、苗の数が増えたり、専用の種まき木・田植え機が必要になったりと、初期投資だけで300万円以上はする。

ポット苗のほうが丈夫な苗が出来ることは明白なのだがそう簡単には変えられない。

それよりも現状の方法でより状態のよい苗を作れるようになれればよい。

そのためにいろいろと失敗をする。

今年はどんな失敗が待っているのかワクワクする。

春起こし

31 - 1

春が来た!

今朝のニュースでは福岡市内は桜が満開だと伝えていたが例年通り宗像は2,3日遅く、朝はまだ3分咲きといったところだった。

しかし、日中は21度まで上がり、4月下旬なみだったそうだ。

日暮れ時には7分咲きくらいまで桜も開いてきていた。

そんな中、田んぼの耕起が始まった。
IMG_0587

先週からトラクターに乗り始めたが、トラクターを買って5年目にして始めて爪を交換しなければいけなくなった。

IMG_0586

通常では1年で1回か多い人は2回、爪を交換すると言われる。

それは耕す細かさや深さによって磨り減る速さが変わるため、人それぞれ。

私はほぼ4年間、純正の爪で耕起してきた。

1年間に2回、1回につき平均4ヘクタールの作業だとすると、合計32ヘクタールを純正爪で耕起したことになる。

トラクターの稼働時間は370時間だったが代掻きは別の作業機で動いているのでおおよそ300時間程度か。

これが他の人と比べてどうなのかというと、私は知らないがただ、どうやらずいぶんもっているそうだ。農機具の店長が驚いていた。

なぜ爪がもつかというと、田を耕す深さが5cmととても浅く、さらにロータリーが回る回転数が遅く、荒くしか鋤いていないからだろう。

田を鋤く理由は、草を絶やし代掻きしやすくするためであり、代掻きをする理由は雑草対策と田の均平を保つためだ。

春に耕し、水を入れて代をかくことで草が無い状態で苗を植えることが出来、雑草対策が簡単になることが目的である。

稲が健全にそだち、草が生えなければお米は収穫できるはず。

であれば、深く耕す理由や代掻き前の時点で細かくする理由はあまり無いように思う。

探求すれば根の伸びや微生物の違いなどもあるかもしれない。

なににしても、違いに気づく目を持ち日々感じていくことが上達していくことになるのだろうか。

米ぬかぼかし散布

IMG_0508 (1024x768)

先月6日に仕込んだ米ぬかぼかし肥料を散布する時が来た。

2月20日のブログにアップしている写真はもとが青白く移っていることもあるが、米ぬかが発酵して色が変わっていることが分かるだろうか。

はじめは握るとだまになるくらいの水分も、発熱による蒸散でこの頃にはさらさらになっている。

これまでに発熱を確認してから20回以上、スコップ1本で切り返しをしてきた。

IMG_0509 (1024x768)

 

完全に発酵するにはもう一度水分を加えてやれば60度から40度程度に落ちていた温度もまた上がり、さらに発酵するそうだ。

しかし、田植えまで3ヶ月の期間があるのでその間に田んぼの土と馴染むだろうということでこのタイミングで散布している。

というのも、生の有機物を土壌中に混ぜると地表面に出ない数センチ下でも、微生物にとっては酸素が少ない環境になり、好気性菌が働かず、腐敗になりやすいと言われるため、発酵肥料や堆肥でも完熟していない有機物の散布には気をつけないといけない。

また、この米ぬかぼかしの散布量は10アール当たり、50kg程度と極少量であることも腐敗になりにくいと考えてのこと。

もっと詳しく探求する人もいるが、私にとっては土壌は宇宙そのものであり、答えを求めれば求めるほど息苦しくなるようなものを感じる。

感覚でやっていく農業も悪くないように思う。

 

この日は初春の快晴。のんびり外仕事をするには絶好の日和だった。

トラクターに乗っているのは最近アルバイトに来てくれているとても謙虚なH君。

次回の百姓三昧だよりでご紹介する予定。

IMG_0511 (768x1024)

また、今の配達・発送に野菜がなくなってしまい、ようやく種を播けるまでになった。

写真はにんじんの種。

今から種を播いて収穫できるようになるのは早いもので5月下旬ごろ。

一時の間、野菜がなくなってしまい寂しいが田植え前にはいろいろと野菜の収穫が出来そうでいまからワクワク。

 

 

全圃場、土壌分析

土壌分析採取中

今年は田んぼが増えることもあり、科学的な視点からも全ての圃場を把握しようと思い、全ての田んぼで土壌分析をすることにした。

1枚の田んぼから均等に5点を取り、乾燥、粉砕、混合して分析する。

土壌分析乾燥中

 

全36筆。(圃場の数え方は筆)

当園では稲の苗も田んぼの土で作っているのでどの圃場が一番適しているか、結果をみてから今年栽培面積が増えて足りなくなった土を追加採取する予定。

土壌分析は、例えばマグネシウムが足りないから苦土石灰をいれようとか、腐植が足りないから堆肥を1反あたり2トン入れようとかいう指導がもらえる。

それが今まで先人たちが培ってきた農学なんだろう。

しかし、どんなに分析して、足りないものを補っても害虫は出るし、病気は減らない。

むしろ、出る前提で農薬は散布される。

あくなき増収への夢、腹いっぱい食べることが人間の欲望だった。

別の見方をすれば、自然という人間の知では未だに未解明の事が多い世界を少しでも理解しようとする探究心か。

何が正解とかではない。

何を信じるか、なのかな。

 

 

米ぬかぼかし7回目

ぼかし4日目有機無農薬栽培になってから7年目。

毎年米ぬかが出るので田んぼに返す意味でこの発酵肥料を作っている。

なぜ発酵させてから田んぼに返すのか、それは有機物が発酵することで生の米ぬかのときにはなかった効果が発揮されるからだ。

詳しくはぼかし肥料で検索するといろいろと出てくる。

いろいろと書かれているが、実際に米ぬかをそのまま土の上に撒くとどうなるか。

雨や梅雨で水分を多く含み、腐敗する。

発酵と腐敗の違いは大豆を味噌にするか、腐らせるかの違いと同じだとよく肥料会社の社長が言っていた。

有機物の中で起こっている変化は、化学的にはわからなくても匂いや熱を感じれば分かる。

ブログだけでは匂いが伝わらないのがもったいない。

今日は温度が40度以上にもなっていた。これから1週間が一番熱が上がる時期。

また今年も米ぬか温浴をしよう。

あぁ生ごみを入れてみるとどうなるだろう・・・

緑米掛け干し

 

 

 

 

DSC_0633

DSC_0634

 

11月5日、最後の稲である緑米の掛け干しを終えた。

後は乾燥を待って脱穀、籾摺り、選別で出来上がり。

最近は農協青年部などの出事をキャンセルしながら仕事に性を出していた。

いろいろな事を後回しにしながら、何とか今やらなければいけない仕事を片付けてきたといった感じ。

11月8日、9日にはヤンマーのイベント、プレミアムマルシェがマリノアシティで開催され、当園も一つのブースを借りて出展する。

ありがたいことに出店費用などは一切かからない。

近所の川上農園さんも出店するようだ。

前日の7日には出品するお米などの袋詰め作業がまだ残っている。

がんばって今週を乗り越えます。

ミルキークイーン販売開始

今年も新米の季節がやってきた。

といってもまだミルキークイーンしか刈り取りしていないのだが。

稲刈り前にまた一つ機械の更新があった。

DSC_0580これは通称「バネコン」といい、バネを利用したコンベヤー。

筒の中にバネが通っており、回転することで粒態の物を搬送する道具。

祖父の代から使っていたものは20年以上は経っているもので、まだ使用することは出来たが搬送量が少なく、最新の籾摺り機には足りなかった。

また、バネコンは通常内部のバネが切れて寿命を迎えるが、作業中にこれが起こると籾を手でかきださなくてはいけなくなる。

年数からしていつバネが切れてもおかしくなかったこともあり、この度廃棄することになった。

やっぱり、新品の道具とは使いやすくていいなぁ
DSC_0579

さて、今年のミルキークイーンは見た目にはいつものような白濁したような感じがなく、精米した時点で夢つくしと間違えたかと思ってしまった

しかし、ご飯を炊いてみたところ、いつものような粘り気があり、それまでの疑惑は一瞬で振り払われて。

明日、10月3日にはほとんどのミルキークイーンも籾摺りをしてしまい、その後には元気つくしの刈り取り準備が待っている。

 

 

出穂《しゅっすい》

DSC_0478

 

写真は8月28日。ミルキークイーン。

今年は面白い年になった。というのも、普段では日照が少なく病気がでそうで心配だとか言っているが、本心では半分は面白がっている面もある。

作物というのは、あくまで自論だが作ろうとすればするほど作りにくくなる気がする。

なんの証拠もない感覚論なのだが、収量を多くとろうとか考えていると今年のような年には悲惨な目にあいやすい。

だが、テキトーにしているとそれなりになるのは当然で、この写真の後、ミルキークイーンは早くも倒れだしてしまった。

原因は、中干しをせずにぬかるむままの田んぼに、普段でも茎が弱く丈の長いミルキークイーンが今年の日照不足でさらに軟弱に育った。

そのため、茎元から倒れるように傾きだした。

倒れているのは田面が低く、水が溜まり易いところからだが、収穫が9月21日ごろからなのに、今の時点で倒れだすと、この後前面が倒れてもおかしくはないかもしれない。

中干しをしない理由だが、逆に中干しをする理由が稲が元気よく成長し、株が増えすぎるのを防ぎ、無効分げつ(穂の出ない茎)を少なくするためだとすれば、ただでさえ茎数がすくないミルキークイーンは中干しをする理由がないと思っていた。

今回、この中干しをしない理由を見直す必要があると思ったのだが、茎数が少ないのは変わらないので、どうやって茎数が減るのを防ぎ、地を固めて倒れにくくするのかということか。

そもそも軽くでも中干しをすることでどの程度分げつが減るのかが分かっていない。

このような状況を毎年少しずつ経験していくことで上達していくのかもしれないが、1年に1回しか経験できないのでは一生かかって60回の稲作だ。

これでは満足できるのは晩年になってからか、それよりも先に情熱のほうが冷めてしまいそうだ。

もっと勉強が必要だ。

草刈機 破損

DSC_0371

久しぶりのブログ更新に書くことは山のようにあるのだが、どの事象も起きたその時が旬で時間が経つにつれてブログで書くには億劫になってしまう。

写真は田の土手を草刈する道具、商品名ウイングモア。

2枚の羽がついており、片方は斜めに折れ曲がる。

土手を往復すると台形の土手をきれいに草刈できることでとても重宝される機械。

だが、毎度酷使した後でメンテナンスしないので蝶番のところが錆付き曲がらなくなり、しまいにはつけねから割れてきている。

定期的に稼動部には油を差してきたつもりだったが、この部分は全く意識していなかった。

 

DSC_0372

 

購入して6年。もう少し活躍して欲しいのでこの後応急処置を思案中。

とりあえず身近なところから久しぶりの更新。

この後、少しずつ空白の3ヶ月をじっくり振り返っていこうと思う。

田植えを終えて早12日

古代米生育調査7.4

今日でようやく田植えの片付けが全て終わった。最後まで残っていた苗箱を洗い上げた。

この間に何をしていたかというと、タニシとにらめっこ。と、ちょっとした休息。

長男が産まれて2ヶ月がたったが田植えが終わるまでなかなか子供の面倒を見てやれていなかったので今では少しは一緒にいてやれている、と思う。

今年の苗は最初は順調に行っていたようだったが、結果的にはぼかし肥料が効きすぎて徒長苗になってしまった。

田植えを終えてから気付いたことが植え深さが深すぎたこと。

昨年、田植え機を洗車したときにいじったままだったのかもしれない。

写真は緑米。

3株の両端に竹串を刺して目印にして成長具合を観察する。

本当は田植えを終えてすぐに1枚目の写真を撮らなければいけないのに今になってしまった。

田植えを終えたばかりの稲は根をちぎられて植えられているので苗のときより元気がなくなる。これを植え痛みという。

元気な苗は根をちぎられて植えられてもすぐに根を張り出し成長を始める。

しかし、徒長していて元気のない苗はなかなか起き上がってこない。

そんなもんだから植えてすぐの苗を写真に収める勇気がない。正直に言うと。

ようやく葉色も緑が濃くなってきて見れるようになってきたので写真と生育調査を始めた。

なんともはや。

古代米前景7.4

 

育苗中

DSC_0283

 

無事に種を播き終え、発芽も良好に揃ったようだ。

一般的な水稲栽培においては、播種行程における資材はほとんど用意されていて、それらを買い揃えれば後は播くだけというのが現状だ。

しかし、当園では頑として自家採取、自家調整の田んぼの土にこだわっている。

その理由は簡単。

自分のところで調達できるならそれがいいじゃないか。

しかし、この考え、感覚が実は有機農業では大切なのかもしれない。

自らの手で作った土は毎年変わり、その変化に応じて苗も顔を変える。

毎年同じ苗はできないかもしれないが、毎年違う顔を見るおかげで、どういう土だとどうなるのかが少しずつ分かってくる。

まさにその経験、感覚が病気にならない作物栽培の基礎になるのではないか。

自家採取、田んぼの土で苗をつくって6回目。

ようやくそれらしい顔を見せるようになってきたが、まだまだ水稲の力を100%出し切れていないのは見ていて分かるもの。

母のガーデニングの先生に、水やり3年という方がいるそうだ。

3年間、毎日水やりをすることでようやくその感覚がつかめるようになるということだろうが、水稲の苗の場合は1年のうち1ヶ月程度なのでどうも36年かかりそうだ。

それくらい水やりだけでも難しい。

Home > 水稲 Archive

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る