Home > お客さんの声 | 米販売 > 12月に入って

12月に入って

今年も残すところあと4週間を切った。

ほとんど更新しなくなっていたブログ。いろいろと感じていることはあるのだが、子供との時間を大切にしようと夜はなるべく仕事モードにしないようにしている。

自営業の両親のもとに育てられた私は、潜在意識の中に「自営業とは休み関係なく働くものだ」と刷り込まれているようだ。

 

それを最近は打ち破ろうと、なるべく家族の時間を大切に考えるようになった。

自分が小さい頃、もっと遊んで欲しいとなんとなく思っていた気持ちを、同じように息子に与えたくないものだ。

最近はそういうわけで、出来る仕事ととりあえず後回しにしておく仕事、もう出来ないからあきらめた仕事で気持ちを割り振っている。

出来る仕事、それは今現在のところ販売である。

今年、さらに広がった田んぼで増えた収穫量。せっかく同じように気持ちを込めて収穫したお米を余らしてはもったいないし、このお米の販売ができてこそ次のステップに進める。

販売とはつまり、多くの人に知ってもらい、応援してもらうこと。

応援してもらえる農業だと自信を持っておきたいものだ。

そして、とりあえず後回しにしておく仕事は、稲刈り後の片付け。

米の乾燥・調整の機械の整備が手付かずだが、気温が15度を下回れば虫の発生はほぼないので、とりあえず新米の季節は販売に注力するために後回しにしているのが現状。

とはいっても販売だけではなく、もち米や古代米の調整なども先にすべき仕事として入ってくるのでこちらも後回しにはできない。

年末には餅つきが待っているのでこれまでには調整作業と道具の片付け・整備を終わらせておきたい。

そうでないと機械がきれいにらなないまま年を越すことになってしまいかねない。

潜在意識が自分の現状を作り上げていることを実感する毎日だ。

DSC_0679

 

先日頂いた定期配達のお客様から。

この一言が本当に嬉しい。

Home > お客さんの声 | 米販売 > 12月に入って

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る