Home > 動物 Archive

動物 Archive

菊池現地見学会

9月のブログ更新が今回で3回目、これは今までで一番更新頻度が少ない月になってしまいそうだ。

これは今までで一番忙しかったのではなく、今までで一番気が抜けていた証拠。

その抜けた気を締まらせてくれたのが今回の勉強会。特に70後半と思われる肥育牛農家、Iさんの探究心。

e4bd90e38085e69ca8e8beb2e59c92

写真は勉強会の様子だが雨が降ってきたのと寒いのと昼下がりで眠くなってしまったのであまりお話しを聞くことができなかった佐々木農園さんで。

葡萄(ピオーネ・巨峰など)を栽培されている。

ここで話しに登ったのが、葡萄を大きく、また種無しにするジベレリンというホルモン剤がある。

園主の佐々木さん、食べてもらう人目線なのでその安全性に疑問をもち、薬品会社に問い合わせたそうだ。

「ジベレリンというのは安全なんですか?」

すると薬品会社の人から

「農家の方からそのような質問を受けたのは初めてです。」と言われたそう。

結論としては、ジベレリンというのは植物ホルモンの中の1種であり、自然界の植物にはみんな含まれているものだそう。

だから安全であるとされているとのこと。

自然栽培的には種の無い植物はダメだとする説はあるが、安全でおいしい作物を心がけておられる佐々木さんの熱意はひしひしと感じた。

ちなみに、ピオーネを数粒たべさせていただいたがぱっちぱちに粒が張っていた。

ピオーネというと甘くておいしいイメージだが佐々木さんのピオーネはあっさりした味。

肥料を与えすぎず、健康な果実を目指すと味はむしろあっさりしたものになる。なるほど。

佐々木農園さん

http://www.sasakinouen.jp/index.html

やまあい村の走る豚

それと、やまあい村の走る豚を見てきた。

電気作で囲ってあったが入ってもいいというのでお邪魔させていただいた。

今では検疫の関係で豚や牛、鶏などの圃場には入れさせてもらえないのが常識になっているのではないか。

まぁそれは囲いの中でほとんど動かずにすごしている家畜の場合だが。

本当にこうして走らせて豚を飼うところなど少ないだろう。いやぁ豚も飼いたくなってきた!

明日は台風が通り過ぎて、明後日からくらいが刈り取り始めかな。また一つがんばるべや!

つばめ

e381a4e381b0e38281

春から巣作りしていたつばめが雛をかえし、昨日あたりから一斉に飛び立った。

納屋の前ではつばめが乱舞していた。

今日は苗の写真を上げるつもりだったが忘れていたのでこの写真。

よく雨がふり田んぼには一気に水が入った。

今日に引き続き、明日も荒代かきだ。

カメムシ米

e382abe383a1e383a0e382b7e7b1b3毎回精米するたびに出るカメムシに吸汁され黒くなった米粒。

もうそろそろぼかし肥料の仕込みを行わなければならず、その原料になるのだがほかに使い道はないかと思っているとちょっとしたアイデアが浮かんだ。

このお米、ただカメムシに食べられ黒ずんでいるだけで食べれないことはない、いや食べれる。

まぁ食べれるからと人は贅沢なものでこのようなものは食べないのだが、ペットのえさにはいいのではないかと思った。

ハムスターや小鳥を飼っている人は今では随分少なくなっただろうが、もし飼っている人がいれば配達のついでにお分けすることもできる。

我が家では鶏がいるが、祖父のペットになっている。

また、鶏は米を食べさせすぎると卵を産まなくなるらしく、祖父に米を渡しても毎度、少量づつしか餌付けしない。

e382abe383a1e383a0e382b7e7b1b3efbc92400gの様子。

ハムスターなどは米のやりすぎなどあるのだろうか・・・

鳥の巣

img_5301

田んぼの中を草取りに入っていると鳥の巣を発見!

卵が白と黒のまだら模様なのでウズラの巣なのかとわからないなりに思ってみたが、家主が見当たらなかった。

横の稲の葉を巣の上にくるように折り曲げ上空から巣が見えないようにしてある。

img_5299

花鳥

img_24261こんなときにはカメラをもっと知りたいと思う(画質の悪さ、ご容赦下さい)。なかなか畑に一眼レフを持っていくわけにも行かないのだが、むしろそこまで持っていくくらいの執念があるとかっこいい。

今朝、野菜を収穫しに畑まで行った帰り、梅の花をつつく「うぐいす」らしき鳥を発見。そのときはてっきりうぐいすだと思い込み、今調べてみるとどうも違う。うぐいすは目の上に白い線が入っているようだが、この写真を見る限りでは見当たらない。

というより、現在の宗像は宅地化が進み、うぐいすがいるような環境ではないことを考えると、それだと思うほうが阿呆であったかほーほけきょ。

Home > 動物 Archive

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る