Home > 気象 Archive

気象 Archive

今年4月からの4ヶ月間に起こったこと

夕焼け8.14

 

まず簡単に列挙してみると、子供が産まれたことが一番。家が建ったことが2番。さらに田んぼが増えたこと、消防団でポンプ車操法の選手になり3ヶ月間の訓練に耐えたことなど、春から7月いっぱいまでは今までで一番忙しかった。

言い訳にはなるが「百姓三昧だより」も2月末に発行してから手付かずになっている。お知らせしなければいけない内容もあったし、なにより忙しい分充実していたとも言えるわけで、伝えたいことはいっぱいあった。

しかし、過ぎてみて思うのは良かったと思える結果が多い。

子供も無事に産まれてきてくれたし、稲も順調に生育しているといえる。欲を言えば少しタニシに食べられたところがあったり草が生えたところも手が回っていれば除草もできたのだが、まぁこれだけ忙しかったのだから水管理もうまくいっているほうだろうと自分を誉めることもたまには、必要か。

 

夕焼け8.14(2)

 

 

さて、8月に入ってから農家さんや配達先で話す内容は「最近は天気が悪くて日が照りませんねぇ」ということが多い。

それもそのはず、気象庁のデータによれば7月21日に梅雨明けしてから晴れが続いた7月31日までの平均日照時間は9時間。

それに比べて曇天が続きだした8月は1日から13日までは2.3時間。

稲はこの時期には分蘖(ぶんげつ)とよばれる茎が増える生長を終え、稲穂を出すための栄養を蓄える時期にある。

稲の茎にもでんぷんを溜めることができるため、茎を切ってヨウ素液をつけると紫色に変化するが、この時期の曇天続きできっと蓄えられるでんぷんが少ないだろうと予測される。

一般的な栽培では8月上旬に化学肥料を散布する追肥が行われるが、これは稲穂が細胞分裂するころであり、重要な時期であるともいえる。

しかし、自然農法ではなにも肥料を入れたりしないのだが、これが逆に根を張ることに繋がり、ましては少ない太陽の光をでんぷんに変える力の強い稲になる。(と考えている)

そのためか、毎年慣行農法の稲より葉の色が濃い。

まだこの先1週間の天気予報でも雨や曇り続きだ。この影響がどれほど収穫量に繋がるのか、こんな天候の年を経験したことがないので興味深いところ。

大豆8.14(2)

 

また、7月29日に種蒔きをした大豆はごらんの通り。

昨日、8月14日に1回目の中耕をした。

大豆8.14

 

こちらも曇天続きがどのように影響するかわからないが、今年も旨い枝豆を食べさせてくれることを祈るばかり。

今年は百姓三昧だよりでも枝豆狩り体験をお知らせする予定で、10月1週目か2週目の日曜日、5日もしくは12日になる。

現地検討会

先日、宗像市有機農業研究会の会員の田圃を見て周る現地検討会があった。

宗像市役所に集合し、マイクロバスで一つ一つの田を見て周る。

感想を一言でいうと、人が違えば稲も違う。もっと言えば毎年違う。

ということは、答えはないということなのか。

皆、それぞれ試行錯誤して、何十年と稲作をしてきているが、毎年稲の出来具合いは違う。

特に今年は梅雨明けが遅く、稲の一番生長する時期に曇天がずっと続き、日光が足らない、気温が足らないという悪天候に悩まされる年となった。はかなくも、自分の無農薬・無化学肥料の稲作り初年度にして。

いや、はかなくはない。むしろ、望むところだ。

このような天候の年のほうが、人によって作り方の違う田において、はっきりと生育差が出やすく、収量・味覚に大きなさを生む。

今からの時期は追肥の時期であり、人によっては病気や虫の防除の季節だ。

これらの選択は農家一人ひとりにかかっていて、一人ひとりすることが違う。このような年こそ、稲作りの上手い下手がわかるのかもしれない。

初めての自分においては、いろいろな方法における栽培実験をしたい。

それは、第一に中干し実施の有無。微生物資材やにがり、竹酢液等の葉面散布。いろいろ試して、このような年、このような稲には何が良いのかを1年に1回しかない稲作で、幾つもの経験を積むには幾つもの栽培実験をすべきだ。

稲作を60年しようとも、すべて同じように栽培した稲作だと60回しか稲を作らない。それに対して、毎年3つの試験をしてみるだけで、180回の稲作りをすることになる。これでどれだけの経験の差が生まれるのかということは明白だ。

1年で3年分の経験が詰める。しかし、言うのは容易い。だけど、言わないと始まらない。

img_3488写真は当研究会の会員でアイガモ農法を実践しておられる方のアイガモ。

すでにアイガモで稲作をしている人は4人いる。

ちょうど去年のこの検討会で初めて有機農業研究会に参加して、アイガモを見たが、その時は来年はアイガモをやってみたいと思ったが、いかんせんまだ1年目。ちょっと早すぎた。

ということは、来年はするのかというと、まだわからない。してみたいとは思っているのだが。

サザンハイブッシュブルーベリー苗木夏季限定販売☆

最近ブログの更新を怠ってました。スミマセン。

すでに7月が終わろうとしている。田圃では日に日に稲が生長しており、それに伴い草も成長している。

畑の作業もほとんどできず、時間があるときは田圃の仕事をしている。

数日前の大雨でお客さんなどから「大丈夫だった?」と心配してくれる声をたくさん頂きました。ありがとうございます。

我が地区では何も問題はなかった。しかし、大雨の翌日に玄海のほうに行くと、翌日にも関わらず畦が若干隠れるほどに水が溜まっていた。土地が低い田では水につかってしまうところもあったようだ。

祖母の話しでは、田圃の近くを流れる朝町川は、整備される以前は半分くらいの小さな川で、よく決壊していたらしい。決壊すると、稲は倒され田圃に土砂や石が流れ込む惨事だったそうだ。

もうすぐ梅雨も明けると思われるころ。去年、大学から帰ってきて一番最初の仕事だったブルーベリーの挿し木苗が、今年絶好調の生育を見せている。

小さい鉢の土に大きな葉を茂らせているため、すぐに水切れとなり、日が指す日は2回の灌水が必要になってくる。

すでに灌水をわすれ、新芽が枯れてしまった苗も結構あるのだが、これから雨が降らない時期になると、灌水の仕事が増えてしまう。

そこで、秋を待たずに少量ではあるが、一部の苗木を販売してしまうことにした。

詳しくは後日HPの販売で紹介予定。

img_3447

Home > 気象 Archive

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る