Home > 消防団 Archive

消防団 Archive

消防団小隊訓練

e6b688e998b2e59ba3e5b08fe99a8ae8a893e7b7b4いっちにー いっちにー くみぐみひだりへーすすめ!

11月21日から始まった消防団の訓練が2日おきに、夜7時から9時まで行われている。

小隊訓練とは・・と書こうとしたが、実際訓練を受けている私でさえこの意味・目的をはっきりとは理解していない。

ただ、火事場や災害現場で連携ある活動を行うための訓練、だろうということしかわかっていない。

このような訓練が1月10日まで合計21回も行われている。youtubeで小隊訓練と検索すれば動画がでてくるので見て頂ければどの様な訓練かわかる。

はっきり言ってこれほど時間を奪うから若者が消防団に入りたがらないのだ。と周りの大人たちは言っている。

自分も思わないことはない。最近は夜遅くまでいろいろとパソコンに向かう日々が続いている。

もちろん仕事でだが、訓練がなければもっと仕事がはかどり、昼の仕事に余裕ができる。

そうなればもっと野菜などにも手がさける・・・

みなそうだ。家族の時間や仕事、自分の時間をさいて出てきている。

未だ、答えは出てこない。

消防団 全団員訓練

sn3k00219月13日の日曜日、午後から年に1回の全団員訓練が宗像ユリックスのサッカーグランドにて行われた。

よくテレビで消防団の消化訓練をしているが、スピードは違えどもまさにそれだった。

自分は初めての参加でホースの延長と伝令を受け持った。

消防車に乗り込み準備完了。笛の合図とともにホースを担いで全速力で3本目になるであろう位置でホース延長。

元から繋がってきたらホースを結合し、ホース先で待機。

放水が完了すると同時にダッシュ!消防車まできて右手を横にして「第一線放水停止!第二線延長!」

と、叫ぶはずが、「ほ、放水停止!・・・・・え、え、延長!」

50mほどを全速力で走った後で、その時は走ることに夢中になっていたせいか、言う言葉を忘れてしまい頭が真っ白になっていた。

訓練は宗像市内にある13分団で所定の内容をどれだけ正確に、短時間で行えるかを競う。

ビリ2までは訓練後の片付けがまっているので、先輩方は入賞せずとも片付けから逃れられればよいと慰めてくれた。

消防団機関員訓練

pap_00021

先日木曜日7時から消防署で消防団の機関員訓練があった。

新入団員訓練とは違い、皆仕事あがりのため気を使ってくれているのか、とても丁寧な対応での訓練だった。

自分が所属するのは宗像市第7分団。

訓練は1時間。給水管を池に投入し、真空ポンプを作動、圧力を調節しながら放水。

一連の作業を通したが、いざ現場になるとはじめのうちは何をして良いのかわからなくなるだろう。

人命救助という任務の重圧や、そのための団体行動に普段ではない緊張感や教官の凛々しさに消防という仕事のすばらしさを垣間見た。

Home > 消防団 Archive

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る