Home > 農協青年部 Archive

農協青年部 Archive

TPP 勉強会

先日の17日、JAむなかた青年部にて勉強会が行われた。

講師にJA福岡中央会の総務局農業対策部の方がこられて農協という組織がどういったものなのかや、TPPに関する事を説明してくれた。

TPPとは・・・

Trans-Pacific Partnership:環太平洋連携協定

であるわけだが、簡単にいうと物品貿易に関する全品の関税撤廃。さらにサービス貿易、政府調達、競争、知的財産、人の移動等をも自由に行うことができるという取り決め。

関税の撤廃はわかりやすいが、さらに以降の分がぴんとこないかもしれない。

説明であったのは競争でいうと、公共事業の入札に外国籍の企業が参入できるということ。

つまり、橋を建設するのに、人件費の安い外国人を使った他国籍の企業が参入すれば、安価で入札してしまう、かもしれない。

こうなると日本の雇用が奪われかねないとも言っていた。がこれはあくまで一例かな。

今回の勉強会で感じたことは3つ。

農協が農家をどう思っているのかということ。

TPPに関して多くの人が無関心であろうということ。

そして、農家は弱者であり、守ってもらわなければいけないものということ。

農協は農家をどう思っているのか、これはあくまで今回の勉強会の講師の話を聞いただけなので、いってみれば一般的なというところかな。

それは農協は農家のためにあるということ。

現在、農協は3つの危機に陥っているらしい。それは「信頼性」「経営」「思想」とのこと。

一番重要なのは思想である。

組合員である農家が農協というもののとらえ方が変わってきたのだ。

今までは農産物は農協に出荷したり、肥料や農薬は農協から買うことが当然であった。

しかし、いまでは出荷先は多方面化し、資材も一般企業から買う方が安い場合がほとんどとなった。

農家はJAを選択肢の一つと見るようになった。しかし農協側は組合員は農家あってのものという教育がされている。

実際に農協の成り立ちからいえばそうなのだが、今となってはこの意識のずれが大きいためいろいろな問題がでてきている。

はて、TPPに関してだがいったいこの国の農業はいったいどうなるのかと思う。

ここまで硬い話を書いても実際に見てくれる人はすでにそのことに関する持論をお持ちなのではなかろうか。

現在の日本の中ではわかりやすく賛否両論、真っ二つにわかれているのではないか。

農業はほとんどが反対なのだが、なかには日本の農産物が他国の富裕層向けに販売ができると賛成のところもあるらしい。(東北の米の産地などが例に挙げられた)

講師の方はTPPに参加することで起こる打撃を挙げていただいた。

そして、賛成論者の理由を一つ一つ否定しておられた。

私が聞きたかったのは、もし貿易自由化したとしてもつぶれない日本の農業を作るには今なにをしなければいけないのか、という先のこと。

これは時代のうねり。流れ。

逆らうより、身を任せ、先に何があるのか注視することが重要ではなかろうか。

変えるより、変わる。

明日食べる米の値段が気になる消費者を変えようとするより、自分が来年も農業をつづけるにはどうするかを考えるほうが楽だろう。

農協青年部、農協理事との意見交換会

img_6520急に冬がやって来たような寒さのなか台風が接近中というなんとも首をかしげてしまう今日この頃。

農業の情勢も5年、10年先がいったいどうなっているのだろうかと不安にならない時はない。

農協とは農家が運営していくもの、と農協側の方はたびたびおっしゃられる。しかし、農家側からよく聞くのは「農協のアホが・・・」と、何かにつけて不満のようだ。

今回の意見交換会は現むなかた農協青年部の部長さんが提案して実現した。

むなかた農協青年部には宗像支部と福津支部にわかれており、1時間の意見交換会の中で各支部2人づつ質問を投げかけた。

それに丁寧にお答え下さった理事の方々。しかし、私には抽象的すぎてわからなかった。

それもそうだと思う。質問の内容は農業者の高齢化と担い手不足。10年後に残る農業者の少なさと10年間で新しく入ってくる者はそれほど多くは見込めないこと。

どう考えても地域の農業を支えていけない状況になるのは明白だ。

それはもちろん理事だってわかっている。わかっているがなにをどうすれば確実に担い手が増えるのかなど、日本中どこを探しても確たる手段はないだろう。

1時間の意見交換会で話のネタがつきて白けてしまうことが一番悪いと想像していた部長さんだったが、理事からも積極的な発言が相次いだため時間は全く足らないような状況となった。

会の後、会議室から出ていかれる理事の一人が「頼もしいなぁ」っと漏らしていた。

青年部は将来の理事を育てるための組織でもあるようなもの、なのかもしれない。

将来は頼もしいかもしれないが、重要なのは今現在であろう。

と、自分もいつの間にか組合員側の意見になっている。

青年部OB会

久し振りの飲み事だった。

農協の青年部に所属して1年になるがほとんど活動に出ていなかったが、そもそも光岡地区の青年部の活動は下火になっているという。

実際にあるとすれば11月の農業祭にポン菓子を作ることがあったりしたが、その他は特別覚えていない。

OB会だったのだが5分の4がOBや農協関係者、現在農業をしている青年メンバーは一握りだ。

本当に日本の農業はどうなるのだろうかと、つくづく思う。

まぁビールコップ1杯で睡魔に襲われていては先輩との話もできないわけなのだが。

農業まつり

img_0220ぴーーーーー・・・どんっ! の、どんっの瞬間↑

今日はJA宗像の農業まつり。

青年部では毎年恒例のポン菓子を販売している。

昔、私も小さい頃に一度つれてきてもらったことがあったと思うが、その時にこの笛とポン菓子があったのを記憶のどこかにあるような気がする。

今年も青年部ではなく、ブルーベリー研究会として参加した。

去年は初めての参加でいろいろと改善点があったのだが、今回は前日の夕方から準備を始めたせいで、なにが必要だったかなど熟考する暇も無かった。

第一に祭り前にあった研究会の会議をすっぽかしているのだから・・・。

それでもちゃっかりブルーベリー苗とピートモス、お米とサツマイモをブルーベリー研究会のブースで販売していた。

そうすると、去年もこの農業まつりで僕のブルーベリーを買っていただいた方がいらして、剪定の仕方を教えてほしいという。

そしてわざわざご自宅に戻られて、去年買った苗を持ってきてくださった。鉢には僕が書いたラベルが刺さっていたので驚いた。

しかし、あまり生育が芳しくなかった。

やはり鉢植えの場合は肥料のやり方が一番の肝のようだ。なにが一番わからないかといえばそこだろうと思った。

来年こそはもう少し準備して祭りに参加できるようにしたい。

Home > 農協青年部 Archive

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る