Home > 風の子保育園 Archive

風の子保育園 Archive

目覚め

img_0897写真は圃場のメディット。すでに花芽が動き出している。家の梅ももういくつかも花が咲いていた。

1本だけ無剪定のまま花芽が着いたままにして、他と成長がどのよに変わってくるかを見てみる。

この一本はシュート(勢いの良い枝)がほとんど出ておらず、写真のような細い枝が無数に出ていて、そのほとんどに花芽がいっぱい着いている。

常識から考えてこのまま花を咲かせ、実をつけさせたら樹は実に栄養を取られ、成長がとても遅くなるだろうと思われる。

そこを、この一本だけ灌水と肥料を足すことで、どの程度補うことができるかを試してみたいのだ。

img_0899そんなすでに休眠から覚めだしているブルーベリー。去年からしたかったことが、知人の繋がりで玄海の風の子保育園と縁ができ、ブルーベリーを植えてあげることを約束していた。

去年のうちから苗木を2本、紅葉が美しかったので持って来ていたのにたして、もう2本とサッカー(地を這って出てきた枝)を植えた。

植えた場所は花壇だったがあまり手入れがされておらず、ミントが這いつくばっていた。

スコップで土を起していると、子供がわんさか集まってきて、手伝ってくれているような、邪魔しにきているような感じになったり。

なかにはプラスチックのスコップを持ってきて、自分も手伝う!っというような顔つきで一緒になって掘っている子がいたり、久しぶりに子供と触れて楽しかった。

やはり、実のなる樹は誰しも育つのが楽しみだ。

風の子まつり

e9a2a8e381aee5ad90e381bee381a4e3828aニュースレターを送っている友達つながりで風の子保育園の方と知り合いになり、今年の夏に一度保育園を訪れた。

それからいろいろと忙しくてなかなかいけなかったが先日、保育園のお祭りの会議に出席してきた。

もう祭り本番前の詰めの会議にいきなり参加してきたのだが、里山の会さんなど聞きなれた名前があった。

私は特別なにか出店するわけでもないのだが、祭りのテーマの通りで、自分にも関係があるというわけで、参加を勧められた。

自分自身も、そういった子供と接する機会があれば農というものを伝える役割もしてみたいと思っていただけに、「思考は現実化する」という言葉を思い知らされているところ。

この保育園はいろいろなところから視察に来るほどで、園児は運動場を自由にのびのびと駆け回っていた

ここの子供をみていると、大人になるにつれて忘れていたものを思い出させてくれる。

自分の思うことを、思うままに行動する。

それが良いとか悪いとか言う以前の話。

「子供は常に人間の規範から外れてきた。~」とはとあるアニメのセリフ。

Home > 風の子保育園 Archive

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る