Home > 水稲 | 農業 > 青空キャビン付きトラクター

青空キャビン付きトラクター

img_27312年ほど前の自分が大学を卒業するちょっと前に、祖父が新古車のトラクターでキャビン付きでお手ごろのがあると、言っていたことがあった。つまり、息子が帰ってくるときには新しいトラクターに乗せてあげようとするありがたい親心だった。

しかし、自分は電話で聞いた瞬間にNO!っと叫んだ。

1台数百万円もするトラクター、一度買ったら10年、15年以上はもつ。自分が農業を始めて、どの程度のクラスがよいのかなど、いろいろ自分で決めたかったためだ。

実家に帰ってきた去年からも、メーカーの販売員の方がいろいろと案件を持ってきていた。「1度でいいから試乗だけでもしてくれないか」と。

どんなに進められても買う必要がない。だって、まだしっかり働いてくれるのだから。

この時期のさわやかな風がとても幸せな気持ちにしてくれる。風向きによっては排気ガスや砂埃をかぶるが、それもご愛嬌。

写真、トラクターの先端についているのは肥料ふり機械。今日、やっと田圃にぼかしの散布が始められた。

Home > 水稲 | 農業 > 青空キャビン付きトラクター

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る