Home > Archives > 2009-06

2009-06

年に1回の農機具② 中耕除草機

img_32302機目となるのは中耕除草機。ちなみに新車である。

除草剤がなかったその昔、田の草押し機械などと祖母は言っているが、手で押して稲の間を耕していく機械があった。それに今でも手押しの除草機はある。

しかし、「エンジン式の物は壊れたら修理ができない、今までに4台買い換えたが、もう今年からは手押しで頑張る。」という知り合いもいた。よほど1年1年を酷使しておられたのだろう。

この機械は、近くの大手農機具販売会社から購入した。

農家と農機具販売会社との付き合い方だが、農機具販売のほうからすれば、農家は農機具を買っていただけるお客様であるが、農家にとっての販売店は特殊だ。

農家はすこしでも安く農機具を買いたいと思う。これは一般的にどんな商品でも同じであろうが、農機具というのは車と同じく修理などのアフターサービスがどうしても必要になってくる。

しかし、農機具が車と違うところは、メーカーが販売した農機具の修理は同じメーカーでなければ修理ができないという点だ。

車の場合、修理工場はいっぱいあり、どこの店でも部品を取り寄せて交換・修理したりできる。

しかし、農機具の修理は構造の違いや、部品の取り寄せについても同じメーカーでなければ修理できない。

先日、近くの農家さんがとても良いことを言っておられた。

農機具を買う際は、なるべく値切らないこと。営業マンの言うとおりの値段で納得すること。そうすることで、次に機械が故障したときなどのアフターサービスでも快く引き受けてくれるだろう。

農家と農機販売、お互いがお互いを助け合いながら存続していることをきちんと理解しているかということだ。

コガネムシの幼虫

img_3189先日、祖母がブルーベリー畑の草を抜いていると、「カブトムシの幼虫みたいなののちっちゃいのがいっぱい」と言ったのでまさかと疑いながらもやはりきたか、という心境になった。

ブルーベリーのマルチに大量のバークチップを入れているが、このバークチップにコガネムシの幼虫が大量発生する。

コガネムシの幼虫は、ブルーベリーの根を食べてしまう。それが、チップのなかに大量にいると、ブルーベリーの根はいつの間にか食べられてしまい、地上部がなんだか生育が悪いな、と思っていると枯れてしまう。

そんなコガネムシの幼虫がいつのまにか潜み、大量発生していた。ブルーベリーの先生や先輩らは、殺虫剤で殺してしまわないといけないといっていたが、化学農薬は一切使わないのが自分の信条だ。

はて、コガネムシ大量発生をどう乗り切ればよいのやら。。。

蘇陽にてサザンハイブッシュ食味

急遽、蘇陽の大先生のブルーベリーの味見に行ってきた。

img_3222車で熊本市内から俵山を通り、高森峠を越え蘇陽町へ。峠を登る前から急に風が冷たくなった。

やはり蘇陽は寒い。よって、果実の成熟時期も宗像よりだいぶ遅い。

それでも、地球温暖化の影響がまじまじと感じられるようだ。数年前までは、今日の日付が収穫初日だったという。すでに1週間は早いようだ。

普段、巷では地球温暖化でエコだ、エコだと騒いでいるが、大都市では温暖化をどういう場面で感じているのだろうか。

たしかに、38℃もなる日は10年ほど前はなかったのかもしれない。しかし、クーラーの部屋に入ってしまえばわからないだろう。

温暖化をどこで感じるかで、その意味や重みはかわってくるように思う。栽培者の歪む顔を見て思った。

今年のブルーベリーは空梅雨のおかげでここ数年にくらべまだましなほうだといっていた。

チェーン除草

img_3209この田圃では田植えを終えてからすでに6日目だ。すでに草の芽が少しづつ伸びだしていた。

そこで、田圃の初期除草をした。

チェーンを4mの角材に縛り、引っ張ることで表面に芽を出した草を水面に浮かせたりすることができる。すこしでも草の根が伸びて活着してしまえばなんの効果もない。

一度土の表面を水面から出して、少し乾いてしまっていても土が固くなり、草の根も抜けにくくなる。

食物の栽培をよく、草との戦いと称するがまさに知恵比べだ。

しかし、戦ってはいけないように思う。というより、草と戦うと疲れる。草を締め出そうとすればするほど、草は強く抵抗するかのようにはえてくるもの。

昔、小学校の校長先生が「雑草という名の草はありません。野草といいなさい。」と言っていた。どんな草にも名前があり、それぞれの特徴がある。

畑に生える草の種類で、その畑の地力がわかる。さらにその草の葉の色で肥料分がどれほどかもわかる。夏場の下草が地表面を覆うことで、裸地よりも乾燥や高温になることを防ぐ。

さらには、なずな農園の赤峰さん曰く、草はその土に足らない養分を補う草が生えると。

たとえばスギナであるが、スギナにはカルシウムが豊富に含まれているらしい。そのスギナはカルシウムが欠乏した地に生えるそうだ。地中の深く根を下ろしたスギナは下層の土壌よりカルシウムを吸い上げる、とてもありがたい草であるという。

そんなとてもありがたい野草を対戦相手にしてはいけない。

敵を知り、己を知れば百戦危うからず。

水周り

水田とは他の作物にはないとても特殊な栽培方法だ。

いったい誰が考え出したのか、というより自然の状態である湿地帯において野生として生育していたものを栽培化したのか、イネの起源について大学で勉強したことだが頭に入っていない。だから自分は作物学の研究室から漏れたのかもしれないな。

その水田だが、数センチの水の水位をそう簡単に維持できるものではない。

田圃によっては水持ちが良い田と、悪い田がある。一枚一枚性格が違う。広さも違えば水路に流れてくる水の量も違うから、田によって水を入れている時間や間隔がまちまちだ。

その微調節をして周るのが、水周りだ。田植えをしてから中干しまで、1日に3回は回るようにしている。4回周るることもしばしば。

最近ではジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)がイネを食害するので、タニシが動け周らないように水位を下げていたが、今日から数日は晴れが続くというので、タニシに食べられることを覚悟して水を入れている。

年に1回の農機具 代掻き専用ロータリー

img_3168

農業をゼロからはじめるのは難しいといわれる所以の一つは専用機械の多さではなかろうか。年に1度しか使わないなのに数十万円はする機械はざらだ。

写真は通称なのか、ハローという。代掻き専用のロータリー。通常のロータリーより横幅が広く、爪が短いのが特徴。厳密に言えば荒代掻きと植え代掻きの2回というのか。

たまにしか使わないことを想定して、着脱式の車輪を付けれるようになっている。

今年の仕事も無事終え、また来年まで倉庫の一番奥に入れられてしまう。

前々から思っていたことだが、我が家にある年に1回の機械を1つずつ紹介していけばそれなりのシリーズになって面白いなぁっと。

第一、これだけの機械があるのかと、知っていただけるだけでも意味がある。

農家の家は大きくてなんぼとは、ほとんどがそれらの収納だけで済んでいる。

使い終った機械をメンテナンスし、次に使用する機械と入れ替えるが倉庫の中ではパズルだ。

また、使えそうで使わない道具類はとりあえず取っておくのが、もったいない精神なのだろうが、度が過ぎるとただのゴミになってしまう。収納スペースを無駄に必要とするので、祖父が取っておいたものをずいぶん片付けた。

かといって何でもかんでも古いからと捨てるには惜しいものも多々ある。骨董品的価値すら出てくる道具たちは、きちんと保存していきたい。

あくまで農民的納屋にあこがれてはいるのだろう。

田植え完了

img_3164なんとか植え終わりました。

苗のみずやりから解放された祖母ですが、田圃に移植されれば今度はそちらでの管理が出てきます。

昨年も被害を受けたタニシの対策です。今年は新しくタニシ用の殺虫剤が新開発されたようで、田植え後に薬剤を散布する風景がちらほら見られました。まさに薬漬けの稲です。

当園では、タニシが動けないように溝きりをして水を落として対応します。水がなければタニシは動けず摂食行動はおこせません。今日の夕方からタニシの被害が大きい田に溝をきりました。

来年は、田植え機会に取り付ければ簡単だなぁっと思っている最中です。

田植え、初日。

img_3156

毎年、田植えの日というのは集落できまっていて、20日に一番近い日曜日という決まりになっている。

しかし、前述の通り水が少ないために田植えをしてもよいということになった。昨日、全ての田の植え代を掻いてしまった。

そして今日、ぼちぼちで田植えがスタートした。

やはり、自分で考えて苗を作っただけあり、今年は特に思い入れが強い。傍目からみて、どんなに黄色くて弱そうな苗でも、自分なりに勉強し、思い描く苗姿になっている。

img_3152これは、あることをするとこれだけ根の量がかわるという試験結果である。

もちろん左の苗が手を加えず、右が手を加えた結果だ。右は土が見えないほど、底面に根がびっしり。

さて、なにをするとこうなったでしょう?

正解した方には、余りの苗を差し上げます。ご自宅の庭で、発泡スチロール水田を作ってみませんか?

生ゴミ2日経過

img_3157

生ゴミは2日経過しました。前回の写真は混ぜていなかったため、混ぜてしまうとパウダーでコーティングされてしまい、見た目にはわからなくなってしまいます。

ですので、2日経過したからといって、この写真で分解されているとは、なんともいえません。

しかし、確実に発酵しています。温度計は48℃を指していました。

空梅雨でも

溜池の水がどんどん減っていく。水を抜き始めてからすでに6日目。

昨日、急遽集会があった。昨日の時点でまだ水が入っていない田が3枚、光岡にはあった。しかし、溜池の水はグングン減っている。

底が見えないため、見た目ではあとどの程度の水が溜池にあるのかということは、案外わからないようだ。

この数日は雨が降らないために、水の出方を少なくしていたらしい。しかし、水の出が悪いと、なかなか水が溜まらず、溜池から遠い田圃では仕事がはかどらないという事態になってくる。

集会では、とりあえず後の3枚が一様に入ってしまうまでは、溜池の水の出方を強くしよう、という結論になった。半ばそう決まっていた。つまり、この後も雨が降らない場合は溜池さえもなくなりますよという、お知らせのための集会だったということか。

この雨の降らないときでも、この地で水田ができるということは、このため池があるおかげである。そして、みなが喧嘩せずに、水を分け合える環境があるからだ。

img_3145

この田は、水が一様に入り、トラクターで1度耕運した状態。この水が入って一度目の耕運を荒代掻き、2度目の耕運を植え代掻きという。

1度目のときは田圃に対して横に移動しながら代掻きを行う。このときに隙間を少しずつ残すことで、横しま模様になる。

そして、最後の代掻きでは縦に行くのだが、この縞模様を徐々に消しつつ、代を掻いていく。

写真で見てもらいたいのは、水が入ったことでわかる、田圃の高低差。左奥では水面鏡になり、縞模様も消えるほどに地面が低いことがわかる。

その手前では縞模様以上に地面が水面からでているのがわかる。このときに、高低差を記録しておかなければ、この秋にこれを均す(ならす)ことはできない。

この微妙な高低差は10cm近くはあるだろう。この差がのちのち、厄介なことになる。

生ゴミ堆肥 始動

img_3136今朝、米のとぎ汁を加え、十分な水分が確保できました。むしろ、不要かもしれませんが。

そこに、昨日の分の生ゴミ(約2kg)を加えました。

明日は、もう一つの箱に入れます。できれば明日も写真だけはアップしようと思っています。

今日、配達に伺ったお宅でもピートモスで生ゴミ堆肥を作られていて、この竹パウダーの話をするととても喜んでいただけた。

この方にもモニターになってもらい、竹パウダーで生ゴミが消えました!という声が、7月のニュースレターに間に合うようにしたいものだ。

ジャガイモ(メークイン)収穫

img_3141メークインを収穫しました。まだ全てではないですが、配達時に1袋は持参いたします。

ご入用の際は、注文時に個数(1袋・600g・150円)をもうしつけ下さい。

数に限りがございますので、ご注文はお早めに!

竹パウダーで生ゴミ堆肥

現在、多くの家庭で出る生ゴミのほとんどは焼却処分されている。

この生ゴミをどうにか畑に返すことができないものかと以前から頭の片隅で思案していた。

しかし、各家庭で出る生ゴミを収集するだけでも大きなコストになる。そのため、行政や民間でもあまり生ゴミのリサイクルは行われていない。

一部では、収集し堆肥化されている場合も聞くができた堆肥を販売するとしても、なかなか損益は見合わないだろう。

先日配達にうかがったお宅で、生ゴミをピートモスと籾殻くん炭で堆肥にしていた。

ピートモスはホームセンターなどで買うととても高い。籾殻くん炭もしかり。それだけのお金を掛けて、生ゴミを堆肥にしていた。

そこで、以前ブルーベリーの畑に必要だった木材チップを頂いた業者が、竹のみを細かく粉砕した竹パウダーなるもので、生ゴミ堆肥ができるというパンフレットを頂いていたことを思い出した。

image03

この竹パウダーであれば、安価で済むし、最近ではピートモスの過剰採取による環境破壊も指摘されていると聞くため、一石二鳥である。

しかし、この竹パウダーを扱う業者までは個々人でとりに行くには少々遠い。

さらに、自分は以前から家庭で出る生ゴミが市の燃えるゴミとして焼却処分されていることをしっており、どうにか利用する手はないかと思っていた。

そこでひらめいたのだが、我が農園で竹パウダーをフレコン(500Lほどの布袋)で購入し、家庭で生ゴミ堆肥を作りたいという方を募る。

そして、竹パウダーで各家庭で生ゴミを堆肥にしてもらう。できた堆肥を当園がもらいうけ、変わりにできた野菜を差し上げるという、循環システムである。

このシステムの最大の特徴は、生ゴミの状態では大きくかさばる運搬費用が少なくて済むし、配達のついでであればなお省力化されること。

さらに、堆肥にするまでの労力も、個人個人が行うために特別な施設や機械は必要ない。各家庭が、循環の環に入ることができるのである。

問題点としては、堆肥にするまでの過程でハエがわくなどの不衛生状態にならないようにするなどの作り方の指導をすること、など。

現段階では一つのアイデアだ。これから、我が家でも竹パウダーで生ゴミ堆肥を作ってみることと、ピートモスで堆肥を作られていたお客さんにモニターとして試してもらおうと思う。

もし、このブログをお読みになり、ご家庭で生ゴミ堆肥を作ってみたい、農業福島園の循環の環に入ってみたいと思われる方がおられたら是非ご一報下さい。

玉ねぎ収穫

img_3124少量ながら収穫できました。ご入用の際はお米の配達時に数量を言っていただければついでに配達いたします。

大・中・小と分けてあります。重さ、もしくは個数を申し付け下さい。

入れ堰

img_3121田植えまであと10日。もうすぐ田圃に水が入るころだ。

我が集落の田圃には川から水を入れる田圃と、ため池から水を入れる田圃とある。写真はその川で、見ての通りせっきりをして水を側溝に流す。写真の中央に側溝に抜けるパイプがある。

川の堰をあげることを入れ堰といって、集落で田圃をしている農家が集まって作業する。

「この川に降りるところにはしごをつけてもらわな」と自分以外は60歳代以上のご年配方が言う。

Home > Archives > 2009-06

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る