Home > 未分類 | 水稲 > 苗踏みローラー

苗踏みローラー

img_3102麦踏みという言葉があるが、同じように稲にも苗踏みがある。とはいっても祖父は稲を踏むなんて考えたこともないそうだ。

写真はまさに踏んでいるところだが、150mmの塩ビパイプを加工して、中に水を入れている。

なぜ苗を踏むのかというと、稲の箱苗というのは通常の生育状況よりはるかに密植である。そのため、1ヶ月の育苗期間では苗どうしが重なり合い徒長してしまうからだ。

そこで、上からの力が苗にかかることで、植物体内でエチレンというホルモンが生成される。エチレンは植物体を太く、がっちりにさせる効果があるため、軟弱に伸びすぎない、強い稲になるというわけ。

Home > 未分類 | 水稲 > 苗踏みローラー

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る