Home > 生活 > 部分日食

部分日食

  • 2009-07-24 (金) 21:49
  • 生活

img_3386太陽の周りを地球が回っていて、地球の周りを月が回っている。

その位置関係を改めて考える出来事だった。

テレビのインタビューで皆既日食がこの世で一番美しいものだという人がいた。そこまで魅了される何かがある。

それは、ふだん東から日が昇って、西に日が沈むという日常のなかで、非日常的なことであるから一番美しいのだろう。

1週間に1度、日食が起こるとするなら、それはそこまで美しいと感じるだろうか。

また、もし1年に1度しか雨が降らなかったら、その雨をどれだけ有り難く、神秘的なことだと思えるだろうか。夏場の1ヶ月日照り続きの後の雨があれだけ有り難く感じるのに、1年に1度だとしたら・・・

人は日常のことを当たり前のこととし過ぎているからなのか。地球に住むことを当たり前のこととし過ぎていた、とガンダムは言っていた。

明日の朝、東の空から太陽が昇るだろう。そんな日常も同じように一番美しいのだと、感じれる日常でありたい。

Comments (Close):1

リュウ 09-07-26 (日) 7:16

おっす
PCつぶれてるから、ケータイからやで

日食神秘やったなぁ、新潟の友達から写メが送られてきたんやけど、半世紀に一度やから余計に感じるものがちゃうよな

Home > 生活 > 部分日食

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る