Home > 季節 | | 水稲 > 消えゆく雨

消えゆく雨

今が一年で一番雨がほしい時期。すべての田んぼは水が溜められる状態にし、あとは水が流れてくるのを待つのみ。

そしてベストタイミングで雨の予報がでた。それも1週間前の週間天気予報からだ。

その雨はこの一週の間、あまり変わらずに1日、1日と近づいていた。そしてその晩が来た。

雨は降った。しかし、潤ったのは表層3cmにすぎなかった。まったくの拍子抜け。

それだけにとどまらず、今日の晩にも雨の予報がでていたが夕方になりyahooの天気予報、そして気象庁の天気予報からも雨のマークは・・・

「消えたーーーーー!!!!」

今日は雨が降ることを前提としていたので溜まっていた事務仕事、部屋の片づけをしていたが雨が降るどころか日が差してきたときには何とも言えない・・・

ん~語彙力のなさにまた脱力。

前回の日記で関をしかけたと報告したが、雨が降らなければそれほど多くの水は流れてはこない。雨が降るか、溜池を抜くかしなければ。

今年はぎりぎりまで区の役員会議があり、いつのタイミングで溜池を抜くかが話し合われていたようだ。

昨年の溜池が抜かれたのは13日。昨年は週間天気予報でも雨が降る気配は一向になかったので、第三日曜に田植えができる時期としてこの日になっていた。

しかし、今年はちょうどよく雨の予報が出ている。雨が降ったタイミングで溜池の水を出せば、潤っている田に水がサーっと入り、すぐに溜まる。

それを見越して今年は雨が降れば溜池を抜くということになったそうだ。

今晩に十分な雨が降れば水が流れてくるはず。降らなければ、最低でも17日に溜池は抜かれるそうだが、このときでは19日、20日に田植えの手伝いを要請している家族には田んぼの準備が万全にはできないだろう。

なるべく早く、田に水がいきわたることを願うばかり。

Home > 季節 | | 水稲 > 消えゆく雨

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る