Home > ブルーベリー | 体験農業 > ブルーベリー苗剪定

ブルーベリー苗剪定

昨年、地に定植していた苗木を生育不良につき鉢上げしていた。

ところが鉢に植えて1年で地に植えていたときに比べ数倍の生育を見せた。

もう1月も終わるがようやくブルーベリーの仕事に手がかかれるようになってきた。

e88b97e589aae5ae9a

右は剪定前の苗。左が剪定後。

2年生の苗を定植したのが2009年2月。鉢に戻したのが2010年春。

年数的には4年生だが1年間ほとんど成長がなかったことを考えても4年生とそん色ないように思う。

この強剪定は定植のために行う。もし、このまま鉢で置いておくのなら花芽を残していらない枝を落とすのでここまでさっぱりはさせない。

これは地に植えていたものを一時的に鉢にあげたもの。これらは自分で剪定してもう一度定植する。

その他に、大小合わせて100鉢程度あるブルーベリーの苗木だが、今年はまねき猫さんに手伝いにきている農業体験の方々に来ていただく事にした。

これは、福島園としては手伝ってもらう代わりに農業体験として知識を教えるという相互扶助の関係を築くものである。

2月中旬を予定しているが、それまでにプラ鉢、ピートモス、ボラ土の準備など一気にやってしまうためぬかりなく準備しなければならない。

この鉢上げの作業だが、自分一人でもできない仕事ではない。

こうして人にしてもらうこと(仕事を人に任せること)で自分の時間を作ることを覚えるということも兼ねている、つもりだ。

Home > ブルーベリー | 体験農業 > ブルーベリー苗剪定

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る