Home > 水 Archive

水 Archive

消えゆく雨

今が一年で一番雨がほしい時期。すべての田んぼは水が溜められる状態にし、あとは水が流れてくるのを待つのみ。

そしてベストタイミングで雨の予報がでた。それも1週間前の週間天気予報からだ。

その雨はこの一週の間、あまり変わらずに1日、1日と近づいていた。そしてその晩が来た。

雨は降った。しかし、潤ったのは表層3cmにすぎなかった。まったくの拍子抜け。

それだけにとどまらず、今日の晩にも雨の予報がでていたが夕方になりyahooの天気予報、そして気象庁の天気予報からも雨のマークは・・・

「消えたーーーーー!!!!」

今日は雨が降ることを前提としていたので溜まっていた事務仕事、部屋の片づけをしていたが雨が降るどころか日が差してきたときには何とも言えない・・・

ん~語彙力のなさにまた脱力。

前回の日記で関をしかけたと報告したが、雨が降らなければそれほど多くの水は流れてはこない。雨が降るか、溜池を抜くかしなければ。

今年はぎりぎりまで区の役員会議があり、いつのタイミングで溜池を抜くかが話し合われていたようだ。

昨年の溜池が抜かれたのは13日。昨年は週間天気予報でも雨が降る気配は一向になかったので、第三日曜に田植えができる時期としてこの日になっていた。

しかし、今年はちょうどよく雨の予報が出ている。雨が降ったタイミングで溜池の水を出せば、潤っている田に水がサーっと入り、すぐに溜まる。

それを見越して今年は雨が降れば溜池を抜くということになったそうだ。

今晩に十分な雨が降れば水が流れてくるはず。降らなければ、最低でも17日に溜池は抜かれるそうだが、このときでは19日、20日に田植えの手伝いを要請している家族には田んぼの準備が万全にはできないだろう。

なるべく早く、田に水がいきわたることを願うばかり。

12日ぶりの雨

昨日、10日は12日ぶりの雨となった。この雨が降るまでは畑の土はカラカラに乾いていて、大根やニンジンがちょうど成長期なので待ちかねていた雨となった。

植物の成長は日々少しづつだが、毎日その顔は刻々と変化している。

このような雨が降った時は新葉の葉色が鮮やかな黄緑色に近い、淡いみどりになっているのが歴然としてわかる。

それとは逆に竹林の葉色は秋のような色になることをご存じだろうか。

すでに孟宗竹の筍の時期は過ぎたが、竹は筍が生えてくる時期は葉色が落ちる、つまり茶色に近いような色になる。

これはたぶん竹は地下茎ですべてつながっており、筍が勢いよく生長しているために親竹の養分が奪われて葉色が落ちるのではないかと思う。

自分はこのような葉色の変化を最近知ったが、ずっと回りの草木を観察している人はちょっとした環境の変化(気温や湿度)で敏感に変化するのを感じ取っているそうだ。

今年のはじめに掲げた抱負、「もっと観察する」だがすでに忙しさにかまけて怠っている自分がある。

石の上にも3年。

  • 2009-12-14 (月)

水は生き物にとって重要な元素だが一概に水といってもいろいろな水があるようだ。

世間にはアルカリイオン水だの海洋深層水だの派導水だの電子水だの井戸水だの湧き水だの雨水だの上水だの清水だの・・・

いろいろな敬称で呼ばれているこれらの水。

いったい何が違うのか。

農業の分野においても普通とは違う水を使って育てることで作物が全く違ったものに育つと謳うものがある。

正直いってなにが本当なのか全くわからない。否定をするつもりはさらさらないが、違和感を覚えて仕方が無い。

うん十万円もする装置。いったいなにが違うのか。

水という分野は結構研究がされているのか、その手の商品の多さだけを見ると進んでいるように見えるが、実際中身のないものが少なくないように感じる。

水が違うことで生き物が違ってくることは確かだろう。それは食べものが変わると人体も変わることと同じように、一番多く摂取するものが水であることで、むしろ一番変化が現れやすいものであることには察しがつく。

「ありがとう」と声をかけた水と、「バカやろう」と声をかけた水の結晶は全く違うという結果もあるようだ。

面白すぎて笑うしかないが江原さんが人のオーラが見えるのと同じで、この世には神秘的としか言い表しようのないこともある。

とりあえず水とはまだ人知の及ぶものではないようだ、ということにしておこう。

300回目の投稿は現在の私において一番つかみにくい事象について記しておく。

水だけに。

Home > 水 Archive

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る