Home > 環境 Archive

環境 Archive

1か月

img_5295田植えから1カ月が過ぎた。ようやくここまで成長してタニシに食べられる心配がなくなった。

つい数日前までは大きくなったと思っていてもちょっと水が入りすぎると茎をつたい登って葉を食べていた。

今年は全体的に梅雨の長雨の影響で徒長ぎみと茎数不足ぎみの生育となっているようだ。

写真はヒノヒカリ。

化学肥料を入れない肥えた土で稲が元気にのびのびと成長する場合、稲の姿は開帳形になるようだ。

そもそも移植した苗の1株当たりの本数が少ないと開帳形になりやすいようだ。(通常1株に5本から多いもので10数本。今年の当園ではおおむね3~4本)

それは苗作りの段階で播種量がとても少ない1箱あたり80g~90g播きになったため、1株あたりの本数が少なくなった。

また、播種量が少なかったから開帳形になったのだろうが、化学肥料を入れなくなった2年目だから土が変わってきた証拠か・・・などとほくそ笑んでしまう。

なんにせよ田植え時の小さい苗がタニシに食べられなくなって一安心。

水面がいっぱい見えていた田んぼが緑に覆われるようになって一安心。

今年は夏ウンカ(背白ウンカ)の飛来が多いようで、このままの偏西風の吹き方だと秋ウンカ(鳶色ウンカ)が多くなりかねない、と近所の農家さんが言っていた。

っとここで秋ウンカが鳶色ウンカだったことを確認するためにまたもとりだした田んぼの生き物ガイド。

そこに書いてあったことは農家さんが言っていた秋ウンカについて全く違ったことが書いてあった。

秋ウンカはその名の通り秋に大繁殖する場合があり、収穫を目前にクレーターのように稲を枯れあげるほどの害虫だ。

しかし、秋ウンカは秋に飛来するのではなく、夏ウンカと同時期に飛来し、第1世代、第2世代、そして第3世代で爆発的に繁殖し、被害をもたらすそうだ。

長年稲を作ってこられた農家さんでも害虫の生態をよく理解していない場合があるということ。

農協は年に3回ほど、稲作情報としてその年の害虫の傾向を農業改良普及センターと検討し、農家に配布している。

しかし、これに書かれていることは「現在セジロウンカの被害株が一部見受けられますが、防除時期の目安は幼虫1株あたり30頭以上です。圃場を確認して発生が多くなった場合は下記薬剤を散布してください。」

とのこと。もちろんすべての農家が勉強しなければならないとは言わない。

しかし、農協も普及センターも教えてくれることは害虫の種類、時期、発生量に対してどの農薬を使うかということだけ。

なぜ発生するのか。また薬剤の他に対処する方法が全くない。聞いてもおおよそ知らないのが現状。

有機農業をしない農家にとっても有機農業の世界を知ることは図らずも現在の刊行農法にも大きな知恵を授けてくれることは間違いない。

農業の世界にとって有機農業への偏見がなくなるとどれだけ有益なことかと思う・・・

田んぼの生き物

ブログをアップしなかったここ数日、撮りためたいくつかの写真で振り返って更新する。

img_44251晴れた日の夕暮時。排水路に立ち上るユスリカの群れ。

あまりの多さに耳や口に入ってくる。

img_4436田んぼの水尻に設置した排水パイプ。

このパイプの角度を下に下げることで田んぼの水位を簡単に調節できる。

「これは快適。」

ユスリカやカエルは繁殖しやすい。

しかし、耕地整理で灌漑水がはっきり分けられるようになることで田んぼで生存できなくなった生き物は多い。

生物多様性が良いとか悪いとかは正直わからない。

だけど、ただ言えるのはいろんな生き物がいたほうが楽しい。今はそれだけにとどめておこうかと思う。

12日ぶりの雨

昨日、10日は12日ぶりの雨となった。この雨が降るまでは畑の土はカラカラに乾いていて、大根やニンジンがちょうど成長期なので待ちかねていた雨となった。

植物の成長は日々少しづつだが、毎日その顔は刻々と変化している。

このような雨が降った時は新葉の葉色が鮮やかな黄緑色に近い、淡いみどりになっているのが歴然としてわかる。

それとは逆に竹林の葉色は秋のような色になることをご存じだろうか。

すでに孟宗竹の筍の時期は過ぎたが、竹は筍が生えてくる時期は葉色が落ちる、つまり茶色に近いような色になる。

これはたぶん竹は地下茎ですべてつながっており、筍が勢いよく生長しているために親竹の養分が奪われて葉色が落ちるのではないかと思う。

自分はこのような葉色の変化を最近知ったが、ずっと回りの草木を観察している人はちょっとした環境の変化(気温や湿度)で敏感に変化するのを感じ取っているそうだ。

今年のはじめに掲げた抱負、「もっと観察する」だがすでに忙しさにかまけて怠っている自分がある。

石の上にも3年。

1Hz

img_3556先日の光合成最近に続き、同じような微生物資材をもう一つ。

光合成細菌の場合はどのような菌なのか調べればある程度はわかる。しかし、この1Hzという商品の中身はほぼ秘密。

好気性細菌・嫌気性細菌・?とだけ書いてあるが中身は無職、無味、無臭のまるで水だ。

販売元はNPO法人で水田や畑の生き物の環境をよくしようというコンセプトらしく、関東方面で使用者が多いようだ。

近くの農家さんが精力的に紹介してくれたので、試してみようと思った。

水稲の場合、年に2回アンケートに答えるのだが、全国のアンケート結果では水田環境はよくなったと感じた人は82%だったらしい。

この82%はすごいことだと思う。たしかに科学的に立証された数字には納得できるものもあるが、この場合対象が“環境”という良くなっているのか、悪くなっているのか測りにくいものだけに、個々人の感覚のほうがものをいうと思う。

だから自分の感覚で確かめてみようと思い、1枚の田圃で実験的に使用した。

竹パウダーで生ゴミ堆肥

現在、多くの家庭で出る生ゴミのほとんどは焼却処分されている。

この生ゴミをどうにか畑に返すことができないものかと以前から頭の片隅で思案していた。

しかし、各家庭で出る生ゴミを収集するだけでも大きなコストになる。そのため、行政や民間でもあまり生ゴミのリサイクルは行われていない。

一部では、収集し堆肥化されている場合も聞くができた堆肥を販売するとしても、なかなか損益は見合わないだろう。

先日配達にうかがったお宅で、生ゴミをピートモスと籾殻くん炭で堆肥にしていた。

ピートモスはホームセンターなどで買うととても高い。籾殻くん炭もしかり。それだけのお金を掛けて、生ゴミを堆肥にしていた。

そこで、以前ブルーベリーの畑に必要だった木材チップを頂いた業者が、竹のみを細かく粉砕した竹パウダーなるもので、生ゴミ堆肥ができるというパンフレットを頂いていたことを思い出した。

image03

この竹パウダーであれば、安価で済むし、最近ではピートモスの過剰採取による環境破壊も指摘されていると聞くため、一石二鳥である。

しかし、この竹パウダーを扱う業者までは個々人でとりに行くには少々遠い。

さらに、自分は以前から家庭で出る生ゴミが市の燃えるゴミとして焼却処分されていることをしっており、どうにか利用する手はないかと思っていた。

そこでひらめいたのだが、我が農園で竹パウダーをフレコン(500Lほどの布袋)で購入し、家庭で生ゴミ堆肥を作りたいという方を募る。

そして、竹パウダーで各家庭で生ゴミを堆肥にしてもらう。できた堆肥を当園がもらいうけ、変わりにできた野菜を差し上げるという、循環システムである。

このシステムの最大の特徴は、生ゴミの状態では大きくかさばる運搬費用が少なくて済むし、配達のついでであればなお省力化されること。

さらに、堆肥にするまでの労力も、個人個人が行うために特別な施設や機械は必要ない。各家庭が、循環の環に入ることができるのである。

問題点としては、堆肥にするまでの過程でハエがわくなどの不衛生状態にならないようにするなどの作り方の指導をすること、など。

現段階では一つのアイデアだ。これから、我が家でも竹パウダーで生ゴミ堆肥を作ってみることと、ピートモスで堆肥を作られていたお客さんにモニターとして試してもらおうと思う。

もし、このブログをお読みになり、ご家庭で生ゴミ堆肥を作ってみたい、農業福島園の循環の環に入ってみたいと思われる方がおられたら是非ご一報下さい。

日本人の心

img_2529日本人の心、といえばなんとなく外国人が思い浮かべそうな謙虚、誠実といった心を思い浮かべる。

最近の日本人はとても信仰心が薄いといわれる。がしかし、その心のおくには神道や仏教などの信仰心は少なからずあるのではないだろうか。

信仰心というより、単に神仏に対する畏敬の念は捨てきってはいないのであろう。写真は見ての通り鳥居なのだが、その奥に竹やぶがある。

この構図を思い描いただけで日本人であれば、その竹やぶには何かしらの神様が祭ってあると、反射的に想像するだろう。

この写真の鳥居の奥には特別な社があるわけではない。ではなんのための鳥居なのか。

それは、神がそこにおられるのではないかと、想像させることにあるのだ。そう想像すると、自然とその神の前にゴミを捨ててゆくなど到底できない。そのことが、目的なのである。

以前はゴミ袋が数袋できるほどのゴミが勝手に捨てられてきた。しかし、この鳥居を設置してから、ゴミはほとんど捨てられていない。この鳥居が見える範囲は。

右奥の坂の上から竹やぶにむかって大量に捨てられている。鳥居は見えない。

坂の上は墓地なのだが、先祖におまいりに来ておいて、その墓の前でゴミを捨てる。

花鳥

img_24261こんなときにはカメラをもっと知りたいと思う(画質の悪さ、ご容赦下さい)。なかなか畑に一眼レフを持っていくわけにも行かないのだが、むしろそこまで持っていくくらいの執念があるとかっこいい。

今朝、野菜を収穫しに畑まで行った帰り、梅の花をつつく「うぐいす」らしき鳥を発見。そのときはてっきりうぐいすだと思い込み、今調べてみるとどうも違う。うぐいすは目の上に白い線が入っているようだが、この写真を見る限りでは見当たらない。

というより、現在の宗像は宅地化が進み、うぐいすがいるような環境ではないことを考えると、それだと思うほうが阿呆であったかほーほけきょ。

積雪

img_2274

1月25日、寒波襲来。宗像でも数年ぶりの積雪量ではなかっただろうか、と祖父母も話す。

地球温暖化という言葉がいつ頃言われだしたのかは知らないが、テレビでも環境番組等でその影響が報道されている。

自分が生きた23年間、実質はっきりとした記憶にあるのは10年も無いのだが、自分が生きている時の流れの中で、地球規模で変動していることが漠然としているのは当然のこと。理解するというより、感じるの世界。

温暖化を防ぐためにエコに協賛する、とは理解した上での行為なのか、感じたための行為なのか。

農業によって環境を破壊してきた現場をいくらか目にしてきた。そのためか、なるべく環境を破壊しない形で農業をしたいと思う自分の気持ちは、理解したためか、感じたためか。自分自身でも定かではない。

ただ、『自然は美しい』このことは確かで、残したいと思う気持ちは感じたためであろう。

ブルーベリーにも地球温暖化の影響

IMG_1574.JPG

地球温暖化の影響は部屋の中にいても分かりづらい。その点農業はその影響が如実に現れているため身近だ。

先日、熊本県山都町(旧蘇陽町)のブルーベリー栽培農家へ行ってきた。この農家は大学時代にアルバイトとして雇ってくれたことが知り合ったきっかけだった。大学で果樹を専攻する以前から知り合っていた農家だが、まさか自分がブルーベリーを研究することになるとも、さらには栽培することになるとも思っていなかった。

ここのブルーベリーはここ3,4年はハイブッシュブルーベリーの熟期が梅雨と全くかさなり、曇天のなか日照の不足や多湿により、ブルーベリーは以前とは比べ物にならないほど味、生産量が落ちているという。言うのは容易いが当人はこのような状態ではブルーベリーを作る気にならないとまで・・・。どうにかならないかと対策を考えている。

Home > 環境 Archive

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る