Home > 遊び Archive

遊び Archive

もちつき

年が明けてもう8日も過ぎてしまった。いつものように長い間ブログもご無沙汰。

昨年末はやはり毎年のようにバタバタと過ぎ去ってしまい、年始にはその反動のせいか日頃の記録作業などおろそかになっている部分があった。

e38282e381a1e381a4e3818defbc92

さて、12月30日に企画した初めてお客さんを呼んでのもちつきだが、来て頂いた方には楽しんでいただけたと思う。

こういったイベントは場数を踏まないとわからないことが多く、改善すべき点がいくつかあった。

今年の年末にはまたすこし趣向を変えて、お客さんとの交流をする場を作りたいと考えている。

例えば一家族、一臼制。

一臼分のもちつきが体験できて、ついたお餅の食べ方や丸め方が自由にできるというもの。(一臼のお餅は約3.5kgになる)

昨年同様、大根おろしやきなこなどはこちらが用意しておく。

一臼分を一家族で分けても、友達を呼んで2,3家族で分けてもOK、なんて感じに考えている。

この日に自分たちでお鏡餅を作って帰れば立派なお正月が迎えられるではないか!

いまどき自分で鏡餅を作ることなんてできないからこの方法はすごい楽しいんじゃないかとワクワクする。

今年の新米のDMを発行するときにはもちつきの案内もできるようにしたいと思う。

さて、今年で6年目の百姓、6回目の稲作だが今年の稲作はもっと勉強して臨みたいと思う。

今日は田んぼの土壌分析をするために土を採取した。

乾燥させた後、農協の土壌分析室に分析を依頼する。

分析の結果をもとに、苗床の土を採取する田んぼを決定し、不足している養分を有機的な方法で整えるということをしてみる予定。

分析が出るまでにまた勉強だ。

久しぶりに立った田んぼではレンゲが寒さに耐えながら少しずつ大きくなってきていた。

土のいい香りを嗅いだ。

スズメバチ

img_3889先日、熊本の農家さんがわざわざ福岡まで来た。最近ハマっているスズメバチ取りの遠征のためだ。

いわゆるスズメバチハンターだ!

写真は枝先につけた餌のこおろぎを巣に持ち帰ろうと丸めているスズメバチにこよりと呼ばれる目印をお尻と胴の間につけているところ。

コオロギに夢中になっているスズメバチは少々触れてもなにも反応しない。

初めてみる人にとってはとてもびっくりすることだろう。

こよりをつけた蜂はコオロギを巣に持ち帰るため一直線に巣を目指して飛ぶ。上空を飛んでいた蜂を双眼鏡で追いながら見ていると、巣の上空までくると急に下降していく。

下降していったところが蜂の巣があるところだ。

とても危険な昆虫なだけあってスリルがあって面白い。

炭焼きは天下のたのしみ

4月3日のブログに籾殻燻炭を作ったことをあげた。以前から現代農業に「炭焼きは天下の楽しみ」というコーナーがあり、籾殻くん炭の簡単な焼き方を紹介していたことは見た記憶はあったのだが、どの巻のどのページだったのか記憶になかった。

そこで、以前から登録しようとしながらも、その値段に踏ん切りがつかなかったルーラル電子図書館なるものに思い切って登録した。

ルーラル電子図書館とは、農山漁村文化協会が刊行している書物をインターネット上で有料で閲覧できる、いわばネット図書館である。

早速、籾殻くん炭の焼き方の方法を検索してみると、まるで本を読んでいるかのように図や写真つきで閲覧できた。通常、本として現代農業を読もうとすると300ページからなるため、自分に必要な情報を探すのに苦労する。

しかし、この電子図書館はキーワードで検索するだけで、とても貴重な情報を簡単に入手できる。これこそ、まさに情報化社会だ。

農業の技術とは、今までは人のやり方を見て学ぶ、が当たり前だったし、これに間違いはない。しかし、この情報入手の手軽さは、この1年間農業をしてみて、やり方、仕方を知っているかどうかの重要性を身をもって知った自分にとっては、ある意味ショッキングといってもよい。

もっと早く登録しておけばよかった。

本題に戻すと、以前写真であげた炭焼きの方法は、焼いている時間中ずっと手が空かない。しかし、ドラム缶を使った簡単な焼き方が紹介されていた。

どうやらこの方法なら火をつけて、数時間は離れていても大丈夫な様だ。おまけに竹炭も簡単に焼くことができる。竹酢入りもみ酢も取れる、そう考えただけでもすごい発明だ。

構想しているだけで、ワクワクしてきた。

やっと天下の楽しみというわけがわかった気がした。

3回目の五ヶ瀬ハイランド

今日の五ヶ瀬はスタッフの人が言っていたが今期一番の雪の日だったらしい。ゴーグルなしの裸眼で滑っていると吹雪で前が見えず雪面の凹凸も見えなければスピードもどれだけでているか分からないくらいだった。

スキー場に行くまでの通常1時間30分の道が2時間30分かかった。途中峠で雪がつもってチェーンをつけずにはあがれない状況だったのは3台のうち1台の2輪駆動イプサム。ストラーダはやはり強かった。スキー場手前の完璧に真っ白で急な上り坂をぐいぐい登っていく。しかもノーマルタイヤでチェーンなし。4輪駆動のハイとローのギヤ交換があるがローにいれることで低速でもシフトチェンジがしやすい。まさかこの仕組みを使用するとは思わなかった。

問題がスキーやスノーボードというスポーツの意味が良く分からなくなってしまったこと。山に登って、滑って降り、またあがって、降りる。これの繰り返し。バイクのツーリングとは違う。景色が変わって同じ道を2度と通ることはないのに対してスノボは毎回同じ景色。まぁ今回は視界が悪いしリフトに乗っている長い時間にふぶきにさらされ顔面が寒かったからいやになったともいえるのだが。

 

スノーボード。

初めてスキー場に行ってきた。この手のスポーツというのは本当に経験の数でうまくなっていく。はじめは立つことすらできなかったが昼過ぎにはまがりなりにもブレーキと軽いターンくらいはできるようになった。

今朝、ベッドから起きようとしたら全身が筋肉痛。おきるというよりなだれ落ちる感じ。

首が回らない、腕が上がらない、足が踏ん張れない、座るとケツが痛い・・・

Home > 遊び Archive

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る