Home > Archives > 2008-01

2008-01

feeling

風呂に入りながらとてつもない感覚を覚えた。

「なんという奇跡か!」

俺は今プロパンガスで暖められた水の中に入り体を温めている。化学的なイメージでいうと水のエネルギーが体に入る以外の熱はロスであり、プロパンガスが燃えるにもロスがあり、プロパンガスをアパートまでもってくるにもエネルギーが使われている。としたら俺の体は今どれだけのエネルギーを使って温まっているのか。

こんな世界。奇跡に近い、いや奇跡だ。

よく人にはそれぞれの器があるという。その器を大きくするべきなのか、深くするべきなのか、ただ器というものはあるだけでどうしようもないのか。。。ただ一般的には大きくすること=成長という観念が定着しているようだ。たしかに歳を重ねるにしたがって人は成長するものだ。しかしだからといって器をおおきくすることを個人に望んではいけないのではなかろうか。

人は成長するときはするし、しないときは成長するための準備をしているようなもので成長することを短期間に強要しては個人のアイデンティティーの限界を超え、自分を見失ってしまう。

だからといってただ見ていればいいとも言えない。信頼するしかないのか・・・。

自分自身の器とはどういう付き合いをするのが良いか・・・。器に合わせて生きるか、器を広げようと生きるか。

今日は自然とその器を広げてみたが糸が切れた凧になってしまった感がある。

風呂はいって寝よう。。。

やりたくないものをやる

やりたくないものをやれという社会。あたりまえ。常識。

やってあたりまえ、してあたりまえ。

そういえるのは自分にだけ。

sustainability

持続可能性。ちょっとおかしな感じだが今の農業(農政)の主課題である。

分かりやすくいうと持ちこたえる力。現代の農業生産方法ではこれにかけるのである。

有機農業が安全・安心であるという一面が強調されがちだが本当の有機農業の強みとはその持続性にある。

 

農地・水・環境保全向上対策という政策が実施されているがまさに農水省が考える現在の農業の方針である「持続性」。

に対して大きな違和感を覚える弁当屋さんの在庫弁当の大量処分。ほとんどの食材が輸入されており、多量の防腐剤、殺菌剤を駆使して作られた腐らないお弁当がゴミ袋に大量に捨てられるところを見た。

 

この二つの出来事に対し、自分は何であるのか、明確にしたいがしかし、今の時点では何もいえない。現にその弁当屋のおかげで夜食にありつけているのだから。豊かさにかまける、考え物だ。

トイレ掃除と臨時収入

トイレ掃除をすると臨時収入がある。

これ、本当。

実に驚き。

体感してしまった。

認めざるおえない現実がおきた。

数日前に本でトイレ掃除をすると臨時収入が入ると書いてあった。8割方信じてはいなかった。だが素直に実践してみた。学校の大の便器にこべり着いた×××。やってみないと否定もできない。無心で拭いた。しまいには便器には汚れ一つついていない状態になった。掃除をした便器は自分の部屋と学校の大便器2つ。

そして今日、今まで売れなかった古いパソコンを農家のおっちゃんが修理した部品代分で買ってくれた。本とうはタダで知り合いにあげるつもりだったパソコン。いらないようになって俺のへやでどうしようもなくおいてあったものが売れた。まさに臨時収入。

明日もトイレを掃除しよう。

否定などできない

人の意見を否定などできない。

人それぞれに思うことがあり、その核は人それぞれである。

それが個々のアイデンティティーを認めるということで、だれも他人を否定などできないのではないだろうか。

違う、とそのこと自体が違う。

「それは違う」とよく言う言葉だが安易には使いたくないと思った。

アメリカ旅行記2日目(2)

  • 2008-01-26 (土)

img_1088

USA一人旅 2日目(2) 2006年2月2日

朝一の散歩を終え、初日の観光が始まったとでもいおうか。まず超有名所「エンパイアステートビル」に登った。さすが、世界一の高さは値段もそれなりにたしか1500円だったか・・。最初にここに登ればニューヨークの全体像を把握できると思ったからで、思惑通り日本語解説してくれる音声案内が録音されている、形はトランシーバーのようなもので180度それぞれの景色で見えるものの説明を聞くことができた。

今回のたびではUSAがどんな国なのか、特に人に焦点を当てて観察したいという思いがあった。そこで旅をする要所でこういった何気ない人を写真に収めるように意識した。服装や習慣など、いろいろなUSAの影響を受けているが本国ではどうなのかを知りたいと思ったからである。この写真ではあまり分からないが・・・

 

アメリカ旅行2日目

  • 2008-01-24 (木)

img_1065

USA一人旅。2日目 2006/2/2

 

ここは最初にとまったホテルの近くのマディソンスクエアパーク。誰の銅像か、何をした人なのかはまったく知らないがニューヨークにはいたるところに銅像がある。

ここの公園で朝ごはんをたべた。近くのパン屋に入り、朝食用のサンドイッチとドーナツをかってこの公園でゆっくりと食べた。外の空気は気持ちよく、朝から寒いというのにベンチで本を読んでいる人、散歩の人、会社員でせかせか歩いていく人、いろいろいた。まさしくUSAチックな朝だった。

ニューヨークではこの横断のたびを計画した当初、二人で横断するつもりだったがもう一人の友達が学校の関係で1ヶ月の旅ができなくなった。そこではじめの4日間を一緒に旅をすることになったのだが、いざ現地についてみると相方はたった4日間しかないため、せかせかといろんなところを見て回りたい。一方俺は1ヶ月あるのでゆっくりして街の雰囲気を味わいたかった。この感覚の違いで結局一時は別行動をとることになり、このときは一緒ではなかった。

朝のぶらり散歩を終えて、いったんホテルにもどり相方と合流、10時前にホテルをチェックアウトした。

アメリカ旅行1日目(4)

  • 2008-01-22 (火)

<img_1069

USA一人旅 1日目(4) 2006年2月1日

 

タクシーでホテル前まで道すじを考えることなく到着。外見はとてもおしゃれなHOTEL。が、しかし一歩中にはいってみるとロビー、オフィスがまるでテレビシリーズででてくるんじゃなかろうかという安宿そのもの。ソファーや壁はしみ汚れている。逆にそれが味というものなのだろうか。日本でもよく見るがへんなところだけヨーロッパちっくというのか、たとえば階段の手すりがそれらしかったりする。しかし部屋は改装されていてとてもきれいだった。一歩廊下に出ると度素人がペンキを塗ったくった内装。部屋もそれなりにきれいとは言えど手抜き工事が随所に見られる。

こんなホテルがニューヨーカーらしくていいじゃないか。

チェックインは日本で航空券とセットで買ったので予約の紙があり、それを渡すだけであとは本人確認のためにパスポートをみせるだけだった。まさに無愛想。そんな旅相応の接客にうれしかった。

人が死ぬとき

人はいつ死ぬと思う?
心臓をピストルで打ち抜かれたとき。違う!
不治の病に冒されたとき。違う!
猛毒キノコスープを飲んだとき。違う!
人に・・・忘れられたときさ

 by Dr.ヒルルク

 

でも、人ってすぐに忘れる生き物なんだよね。だから、孫くらいがじいちゃんはすごかったらしいと思われるくらいの人になれたらいいな。

 

自分のやりたい仕事があるってのはうらやましい、といわれた。俺は自分のやりたい仕事があるっていうのがすばらしいと教えられた。そして、自分のやりたい仕事を他人が決めてくれたことに感謝したい。

思い通りにならないこの世の中

怒り、悲しみ、嫉妬・・・これらの感情は自分の思い通りにならないときにおきる。逆に幸せ、喜びは自分の思いと事が一致したときに生まれる(様に今思った)。この違いはなにか。「事」はいつでも同じである。怒られようが罵倒されようが人が死のうが、また尊敬されようが褒められようが物が手にはいろうがそれらはただの「事」(出来事)である。違うのはいつも思いのほうである。思いしか変わらない。思いを変えて一致させることが全てにおいてできるようになればいわゆる人格者ということか。

小林正観さんの考え方に一部アレンジしてみた。

スノーボード。

初めてスキー場に行ってきた。この手のスポーツというのは本当に経験の数でうまくなっていく。はじめは立つことすらできなかったが昼過ぎにはまがりなりにもブレーキと軽いターンくらいはできるようになった。

今朝、ベッドから起きようとしたら全身が筋肉痛。おきるというよりなだれ落ちる感じ。

首が回らない、腕が上がらない、足が踏ん張れない、座るとケツが痛い・・・

アメリカ旅行1日目(3)

  • 2008-01-20 (日)

img_1064

USA一人旅 1日目(3) 2006/2/1

ニューヨーク国際空港に到着。無事入国審査を通過し重苦しい扉を通りUSA入国。本当ならこの旅は貧乏旅行であるため空港からホテルまで電車、バスをつかっていくところだがさすがに始めての海外、英語もままならないためタクシーを使うことにした。空港からハイウェイに入りトンネルをくぐってニューヨークの町並みにでた。写真の通り季節は冬、ニューヨークの冬はいつもこんな感じらしい。まさにどんより。トンネルをくぐる前と後では町並みが全然違った。ニューヨークがUSAの中でも特殊な町だときいたことがあるが今になってわかる。普通ではないでかさ、というか異様さがそういわせるのだろうか。

ホテルにつくまでのタクシーでアメリカの運転を味わうことができた。熊本は交通マナーが悪いと評判だがなんのその。熊本のタクシー割り込みなんぞかわいいくらいだ。黒人の運転手がばりばりクラクションを鳴らしながら「Shit!!」。まさに映画の世界。車間や車線なんぞあってないもの。くるまは血管の中を通る血小板や赤血球などとおなじように右に行ったり左に行ったりしながらものすごいスピードで流れている。

写真はトンネルをくぐる前の、たぶんニューヨーク州にはまだ入っていないときのハイウェイからとったもの。右隅に見える町並みがニューヨークではない。

アメリカ旅行1日目(2)

  • 2008-01-17 (木)

img_1043

アメリカ一人旅1日目(2) 2006年2月1日

この写真は見てのとおり機内食。確か飛行機では2食とおやつに似たヌードルがでた。この写真がいつのときかは忘れたがご飯をフライトアテンダントが機内前方から配っていて、ずっと「chicken or fish?」と聞いてきていたのでどっちにしようか考えていた。2分ほど考えたあげく、よしここは日本人らしく「fishでっ」っと答えようと決めた。そしていざ自分のところまでやってきてまさしくふフィッシュ!っと言おうとしたとき、アテンダントは何も聞かずにプレートをこころなしかエコノミーちっくにテーブルに置いた。しかもチキンだし!他のアテンダントの説明を聞いてみるとどうやら人数分しか用意されておらず、最後のほうはどちらか余ったほうになるらしい。

この写真を見る限り機内は夜だろう。ということは搭乗後、最初の飯かな。コーヒーにUNITEDの字が見えるように行きはユナイテッド航空だった。

アメリカ旅行1日目

  • 2008-01-16 (水)

img_1047

アメリカ一人旅行1日目 2006年2月1日

 

朝7時くらいに北九州市を出発。福岡空港へ。10時くらいの飛行機で成田にとび、2時間ほどの待ち時間後、ニューヨークへ。成田空港でアメリカで使えるレンタル携帯電話を借りた。おやじが心配だからと持つように言われていた。

写真は成田からニューヨークへ飛んでいる飛行機の中、座席裏に組み込まれたモニターに映し出された現在地。飛行時間はたしか12時間ほどだったのでこの時点で4,5時間ほど経っているはず。いちど眠りに落ちて目が覚めたら「まだここかぁ」と思い写真をとった。

デジカメは4メガピクセルで512メガバイトのメモリーカードを入れていった。長旅ではデータをPCに落とすわけにはいかないので最初のうちは旅の最後のほうで写真を消すはめにならないようにどうでもよい写真はピクセルを落として撮影していた。このときはまだ意気揚々として旅に不安と希望とでもいうか・・・そんな気持ちでいた。

日本からアメリカへ飛ぶ場合、日付変更線を超えるため、日は東から西に一度沈み、そしてまた東から太陽は昇るが同じ日付の太陽になる。飛行機は時間を早送りですすむ方向に飛んでいるため日の昇り方がとても早い。太平洋からアメリカ大陸上空に達するちょっと前に日が昇ったがニューヨークに着くまではおよそ3か4時間だがニューヨークについてみるとすでに3時頃だった。

Home > Archives > 2008-01

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る