Home > 農機具 Archive

農機具 Archive

新米の刈り取りが始まった

 

 

8月下旬から稲刈り前にやっておかなければいけない仕事をなんとか間に合わせ、その忙しさのまま稲刈りが始まった。

9月23日から27日まで4日間続けて稲刈りで、昨日も雨で刈取ができなかったが籾摺りをした。

そして、今日。10月1日。宗像大社ではみあれ祭が行われ、フェイスブックのタイムラインにはあの人もこの人も祭のことが上がっている。

自分は稲刈りが忙しいこの時期は、夜にテレビのニュースで知る程度。

いつかは見てみたいものだ。

 

さて、今年の籾摺りには新しい機械を導入した。

色彩選別機と選別機。

色彩選別機はカメムシの食害による黒い粒を取り除くためだが、選別機は2台目。

img_0053

 

img_0052

写真の左端に見えるのが籾摺り機で、この前に粗選機がある。

粗選機から籾摺り機、石取機を通り、1回目の選別機。この選別機は網目1.75mmでお米の厚みを選別する。

この1.75mm以下のお米は特に小さくほとんど青く薄っぺらいのが見て取れる。

この選別機の後に色彩選別機に入り、カメムシや籾を除去。

さらに2台目の計量選別機に入る。この選別機は網目1.80mmもしくは1.85mmで選別している。

先に1.75mmで選別してあるので篩いに落ちるのは中米(ちゅうまい)と呼ばれる1.75mm~1.80mmの間のお米。

全体的には青い米が多いがまだ十分食べられる見た目の米が多い。

お米の買い取り業者には、農家に1.85mmで選別させて、小米を安く買い取り、自分で中米を抜き取り精玄米に混ぜて販売している場合もあるらしい。

しかし、この若干厚みのうすい米も問題なく食べられる。

いままで1kg50円程度で買い取ってもらっていたがもったいないので自分で販売していこうと思う。

なぜここまでしようと思ったかというと、米ぬかの販売を始めてから思い知ったことがある。

それは無農薬の米ぬかを探しているという人が意外と多いこと。

今まで米ぬかは聞かれたらありますよ、程度で答えていた。しかし、きちんと脱酸素材を入れて販売を始めたところ、実に多くの注文をいただくようになった。

以前、東京で研修を受けたときに聞いた言葉に「売れない理由は売っていない」というものがある。

物はある、サービスはあるのにきちんとした形にして、きちんとした値段をつけていないだけで売れないのだ。

小米もしかり。

厚みの薄い米自体があるということが一般的に知られていない。

知られていないから売れないだけで、きちんと説明して、きちんと販売できれば売れるはずである。

中米という厚みの薄い米ができるのは稲の性質だからそれをきちんと伝える必要がある。

今度はその理由を書いていこうと思う。いつになるやら・・・

草刈機 破損

DSC_0371

久しぶりのブログ更新に書くことは山のようにあるのだが、どの事象も起きたその時が旬で時間が経つにつれてブログで書くには億劫になってしまう。

写真は田の土手を草刈する道具、商品名ウイングモア。

2枚の羽がついており、片方は斜めに折れ曲がる。

土手を往復すると台形の土手をきれいに草刈できることでとても重宝される機械。

だが、毎度酷使した後でメンテナンスしないので蝶番のところが錆付き曲がらなくなり、しまいにはつけねから割れてきている。

定期的に稼動部には油を差してきたつもりだったが、この部分は全く意識していなかった。

 

DSC_0372

 

購入して6年。もう少し活躍して欲しいのでこの後応急処置を思案中。

とりあえず身近なところから久しぶりの更新。

この後、少しずつ空白の3ヶ月をじっくり振り返っていこうと思う。

製粉機 修理

e8a3bde7b289e6a99f

納屋の中をあっちにやったり、こっちにやったりと場所を取っていた製粉機。

中古を安値で買ってきたはいいものの、使ってみたらなかなか製粉が進まない。

分解してみるとこの刃のような部分を擦り合わせて粉砕しているのがわかるが、接触する部分の金属が磨耗しているのがわかった。

しかし、これはもう交換するしかないものだと思っていた。

思っていたがしかし交換すると数万円になると聞かされていたのでメーカーに問い合わせることもなく、そのまま保存されていた。

今日、籾摺りをするために倉庫を片付けようとしたところ、この製粉機が邪魔で思い切って鉄くずに出そうかと思ったとき、だめもとでもいいからやるだけやってみるかと思ってやってみた。

グラインダーの刃をやすりに替えて、磨耗しているところを尖るように削ってみた。

試しにくず米を製粉してみると、以外にも今までに無いスピードできれいに製粉されて出てくる。

金属加工なんてあまりやったことがないからわからないが、原理や道具、その使い方などがわかっていれば案外難しくないのかも・・・

もともと中学のころは工業系の方面に進みたいとも思っていた自分。専門学校にでも行ってみようかな。

播種まであと2日

今日、箱に底土を入れた。

我が家の播種機は土を入れる装置は一つで、一度箱に土を入れてからもう一度機械を通すことになる。

今では箱を自動で送り込む装置や出てきた箱を自動で積む装置のついている播種機がある。

今のところ22年前に購入したという播種機で問題なく使用できているので新しくする必要性はないにしろ、箱を一度通過させるだけで播種が済んでしまうのは魅力的だ。

しかし、今年の播種を前にしてベルトを交換したり、ガタついていた間接部を補修してあげるとよりスムーズに動くようになり、愛着も沸いた。

人手を家族に求めることが出来るうちはこの播種機が頼りになりそうだ。

今年の稲作もすでに始まっているが、小事が万事、万事が小事の心意気で終始気を使い仕事をしていると、とても充実した日々がすごせているが、それなりに疲れるものだ。

まだまだ、農繁期は続く・・・

床土 粉砕

e5ba8ae59c9fe7b289e7a095e5898d田んぼから取ってきて軒先を長い間占拠していた土。

からからに乾き、塊は足で少々踏んづけても砕けないほどに固まっている。

e5ba8ae59c9fe7b289e7a095e6a99fこれをこの粉砕機で粉々にする。

田んぼから取ってきた土といえど、たまにはゴルフボール大の石も混ざっていて、これを粉砕機に入れようものなら粉砕機が跳ね上がるほどガラガラ言わせながら出てくる。

粉砕された土は網目を通り下の箱に落ちる。

e5ba8ae59c9fe7b289e7a095e5be8c粉砕後はこのくらい。

一度、網を通っているからと昨年はこのまま籾殻燻炭を混ぜて播種したが、やはりたまに土の塊が混ざっていた。

ちょっとした塊でも播種機の中で突っかかり、箱の中にきれいに落ちてくれないので今年はこれをもう一度篩いにかける予定。

買って来る土は高いがこのような心配はいらないわけだ。

ここまでくればもうおおよそ播種の準備は済んだようなもの。

今年の播種は1週間遅くし、6月2日を予定している。

田植えは6月23日で21日苗。今までより1週間苗が早いがこれがどう作用するか、今年はまた一つチャレンジだ。

トラクター買いました

e696b0e8bb8a

大きな買い物です。

正直に申しまして、これは福島家の財産を貸していただいて、購入する事が出来ました。

まだまだ、農業福島園の資本金で買う事は出来ません。

農家は機械ばっかり。このトラクターでさ、仕事をさせようと思えば現在の耕作面積の10倍は耕す力を持っている。

そこまで大きなものが必要なのか。

何度も自問したつもりだったが、本来ならもっと計算しなければいけないところではあったように思う。

しかし、現状においては仕方のない事とも思っている。

先日、このトラクターで暮れ返しという、耕起を終えた。(暮れ返しとは年明けから最初に耕起することを指すのだと思う。)

実に快適。しかし、やはりトラクターに乗っているだけでも相当疲れる。

e383ace383b3e382b2e7a8ae1

これはレンゲの種が結実し、熟れている様子。

黒っぽいのが豆の莢で、中にはレンゲの種が入っている。

この状態でトラクターを耕したので今年の秋には少しはレンゲが生えてきそうだ。

2年目のもっこもち

e38282e381a3e38193e38282e381a12010

すでに11月も下旬。できれば11月上旬にこのしごとを終わらせておきたかった。

なぜかというと、これをしなければ田んぼを耕起できず、耕起できなければレンゲの種をまくことができないからだ。

レンゲの種まきが遅れると春先のレンゲの生育・開花が遅れてしまう。

がしかし、これまでにしておかなければいけないその時の仕事を終わらせているとこのしごとは次から次に追い抜かされていく。

もっこもちは去年だったか、ブログにも書いたが田んぼの土を高いところから低いところへ土を移動させるための道具。

動画にして紹介できればどのように土をダンプのなかに入れるのか面白いようにわかるのだが。。。

それはまた明日・・・

有難いことに発送の注文が多くよせられうれしい悲鳴を上げています。

それに加え、ツイッターのダイレクトメッセージが毎晩数件よせられ、返事を書くこともままならない状態です。

もう少し、手が空くようになればまとめて返信したいともいます。

今日は、明日の仕事がありますのでこの辺で失礼します。。。

糯 脱穀終了

昨日、最後まで残っていた掛け干しもち米の脱穀を終えた。

昼に博多でTPPの反対デモ行進があったのでカメラを持って行ってきた。

しかし、JAの会館を出発して天神方面に向かうということだけを聞いていたところ、15分ほど現場に到着するのが遅れてしまい、行進はどこへやら。

帰ってテレビを見ていた祖母が自分がデモ行進に参加しに行ったものと勘違いしており、テレビに映らないか食いいって見ていたそうだ。

自分はあくまで今の日本の農業の現状で何が起きているのかこの目で見るために行った。

デモ行進には反対でも賛成でもない。アシタカではないが、曇りなき眼で見定める。

そんなことをして帰ってきて昼食、脱穀を始めたのが2:30。870㎡の田んぼなのでそれほど時間はかからないだろうとたかをくくっていた。

しかし、誤算だったのが日没の早さ。

3時のお茶をして気がつくと夕日になっていた。

日は沈んでしまったがまだ薄明るい内に家路につくことができた。

今年の糯米は少ない。全部でおおよそ6俵、約360kg。ご注文はお早めに。

e89781e59b9ee58f8e掛け干ししておいた藁が乾燥したので回収した。倉庫横に屋根を作ってもらったので来夏まで保管。

この時に藁を確保しておかなければ夏野菜に藁を使えない。麦わらでもいいのだが、やはり自分とこの稲藁が気分的に良い。

リヤカーは籾殻を入れる大きな箱だったが解体した土台だ。

軽トラが田んぼに入るとぬかるむ場所があるのではまってしまうかもしれない。トラクターは最強のオフローダーだ。

緑米脱穀

img_6526

冬のような空気。季節の空気を味わえる事に喜びを感じた今日。

数日雨が続いたため、緑米だけ水分が抜けずにかけ干されたままだった。

まだ水分は18%と高いのだが、となりのモチを刈り取って干す竿がないため脱穀した。

明日以降、莚で干さなければならない。祖母が小さいころはすべてそうして乾燥していたそうだから次のブログには昔の乾燥方法としてアップできるだろう。

img_6527緑米だけは多めに作付した。緑米はモチ性なので餅つきの時に緑米でモチを搗くととてもおいしいらしい・・・とこの話は以前書いたかな・・・

日頃の疲れがなかなか取れないせいか記憶もあいまいに・・・

赤米と黒米は写真の袋二つ。

一袋300gずつで販売予定なので2袋でも結構な量になる。

緑米はこれだけ完売できるか・・・

米で売れないならば餅にして冷凍で・・・

なんにせよ緑米の餅、早く食べてみたいなぁ

年に1回の農機具④ 自走式脱穀機

img_5772今年の作付には緑米や黒米、赤米など極少量の作付した品種があるため、これらの収穫に必要だったためヤフーオークションを介して購入した。

脱穀という作業は今ではコンバインがしているが、我が家にあるコンバインは3条刈りでタンクなどすべてが大きい。極少量ずつ収穫する場合には品種が混ざらないように各部位を掃除しなければならず、コンバインではどうしても混ざってしまう。

少量の稲を脱穀する、ただそれだけのためにこの機械を買った。

1年でたった数日動くためだけに年中この大きな機械を保管していなければならない。

昨日も通りかかった人と話をしていて、我が家には大きな納屋があるがあれだけでは物が入りきらないというと唖然としていた。

農家とはそういうもの…なのだろうか。もう少し地域で機械を共有する仕組みがあればと思う、がしかし、季節的なことは周りと同じだからどうしてもかぶってしまうのだ。

畔草刈り機

img_5213夏の仕事開始は日の出とともに。

といいたいところだが前日に床についた時間が遅く今日は6時40分開始。

やはり快晴の朝は気持ちいい。梅雨の雨が続いていたおかげで晴れの日がとてもありがたく思う。

上の写真は土手などの斜面を刈るための機械。

傾斜角は50度まで大丈夫とのことだが傾斜がきつくなると後輪が若干滑りながら走行するようになる。

それにしてもこの機械があると刈払機でする1時間の作業が15分程度で終わってしまううえに疲れないためとても助かっている。

img_5218

軽トラの後ろに畔草刈り機がのっている。太陽の光と青い空にくっきりとした軽トラのシルエットがはえる。

農業写真家としての一歩・・・

農家のこせがれネットワーク 宮治勇輔さん

ヤンマーから時たま送られてくる雑誌、Wonder Field。

今回の特集記事の題名「農業は、多次元産業へ。」

一次産業である農業を新しい産業という意味で六次産業と名付けたりしている昨今(命名の出所は知らないが)、

新しい農業のかたちをわざわざ六次などと一番最後と言わずに、一次であることに誇りを持て!というような内容だっと思うが、以前の青年クラブのリーダー研修会での公演でお会いしている宮治氏。

あれからというもの、いろいろなメディアでちょくちょく目にする。

六次産業の6とは(1×2×3)だそうだ。つまり生産、加工、流通・販売までを担う新しいビジネスモデル。

今思ったのだが、現にこれをすべて行っているところもある。しかし、この場合は(×)ではなく(+)なのではないか。

同じ6でもただ単にそれぞれをひとつにしただけでは膨れ上がり、身動きが取れないのではないか、と。

もし、これを(×)にするのであれば、もっと大きな、地域ぐるみで行う相乗効果を伴うかたちでやれるともっと効果があるのかなと、、、(余談)

結局言いたいことは簡単で、これからの農業はあり方が変わる。

今日、田んぼの畦草刈りをしていて思いついたことがある。

20万円する畦草刈り機、使っているのは自分の畔だけ。隣の田んぼも、もうそろそろ刈り時期でこっちの田んぼの耕作者は70歳後半。

この機会があれば草刈りも楽なんだろうけどなぁと思った。

そこで畔草刈り機を共同で使用するか、もしくはレンタルにすればこの1台で多くの人が使用でき、機械の利用率が上がる。

しかし、もちろんいろいろな問題もあり、利用料や修理など皆が平等に使えるにはそれ相応の仕組みが必要になる。

全国でも、どこかで農耕用機械の共同利用で成功している地区もあると思う。

そういった機械の共同利用による仕組みを導入できればと・・・

なければモデルとなるような新しい取り組みになり、全国にその手法が生きればなと思う。

これはあくまで身近なものを例にとったものだが、そんな今までにない農業の、地域の在り方が必要なのではないかと思う。

年に1回の農機具③ ドライブハロー

img_4366春に2回の耕起をし、水が入った田んぼをドライブローという代掻き専用のトラクターアタッチメントで代掻きをする。

ドライブハローは高速で回転させることで土の塊を撹拌し、まっ平らにする。(普通のロータリーでもできないことはないのだが、農業機械は何につけても専用の機械を発明する)

光岡区ではほとんどの田んぼに水が行きわたり、今日はすでに田植えを始めた人もいた。

当園では19日からの予定。

脱穀機

img_3906

我が家にも昔はあったらしい脱穀機。これはお隣の農家さんから借りてきたもの。

以前は足踏み式だったらしいがモーターをつけて電動にした。とはいえ構造はいたって簡単。扱ぎ胴にベルトをかけただけだ。

これで今まで収穫してきた夢つくしを脱穀した。

今日は午前中に通り雨がふったため、あと1枚の田圃だけになった稲刈りも明日に延期だった。

時期をずらして収穫したサンプルが8サンプルになる。4日置きに収穫したため、一番早いものと遅いものとの差は32日になる。4日ごとの差はわからなくても8日、もしくは12日くらいの差があれば味はかわるのではないだろうか。

まだ最後に収穫した稲は水分が高かったため、すべてを脱穀仕切れなかった。

中干し

img_3522田植えからおよそ1ヶ月経ったら、水をすべて抜き、地表面を乾かす「中干し」という過程がある。

日本全国ではどのように栽培指導されているかしらないが、ここ宗像ではほとんどの田圃が中干しをする。

中干しの意味とは、土に酸素を供給することや、水を抜くことで根が張るため、また未分解の有機物が分解されるときに出すガスを抜くため、などといわれているようだ。

しかし、全国の無農薬で栽培されている人には、普通作の人に比べて中干しをしない人が多い。

これらの人たちにも、一人ひとり意見が違う。つまり、自分のやり方を見つけなければいけないということか。

中干しをしない理由はというと、干さなくても根は十分に張ることができる。水を一度抜くと生態系ががらりと変化してしまう、などなど。

どちらかというと、自分も中干しは必要ないのではないかと思うようになっているのだが、今年は実験的に中干しをした田としなかった田に分けて栽培している。

写真は、中干しをした田圃で、土に溝をつけ水の流れをよくしてあるところの条間である。Vの字のように土が掘れている。

このための機械が溝堀機だが、後日写真をアップします。

Home > 農機具 Archive

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る