Home > 農政 Archive

農政 Archive

人・農地プラン

3日夜7時から市役所で補助金を含めた説明会があった。

誰の政権時に策定されたのかはわからないが農林水産省主導で「人・農地プラン」なるものが進められている。

これは地域ごとに農地を活用できる、現在又はこれから活躍が期待される人の営農計画を出し、農地の集積を図ることで日本の農業を発展させていこうとするもの。

これを進める上で新規就農者には当面の生活費(就農5年目まで)を補助する。(1人につき年間150万円)

また、農地の貸し借りを促進するために、プランに上げられている活躍が期待される人への農地の借用に協力金という形で補助がでる、というもの。

いつのときも行政が出来ることはお金を出すこと。

新規就農者の5年目までということで、私はちょうど5年目に当る。

なので来年の3月までの6ヶ月分の補助が受けられる模様。(満額もらえるとすると夫婦で111万円)

しかし、そのためには地域で策定する「人・農地プラン」に地域の中心となる経営体として認識してもらう必要がある。

その点はたぶん問題ないとは思うのだが、このプランを地域としてまとめるには相応の手間が必要になるため、私がいる部落の役員にお願いするのは無理である。

書類の作成だけでもなかなか手間がかかりそうだ。

果たして、自分で書類の作成を引き受けてまで補助金をもらうべきか・・・

その手間の分仕事をしたほうが有益な気もしなくもない。。。

ただ、この「人・農地プラン」を策定していくのであれば、大きく作っている数軒の農家の実情が聞けて、今後の光岡区の展望が把握できるだろう。

規模拡大は農作物への気持ちの入り方が希薄になりがちなため、単純な規模拡大はしない。

しかし、地域の実情や販売面から考えてもある程度の規模拡大をせざるを得ない状況になってくるのではないか、2時間超の説明会を終えて思う。

明日からようやくタニシに食べられた稲の捕植ができる。雨が降らなければ。

相手の立場が分からない

今日もTTPのお話です。

まずもって初めに名言しておくが私は反対でも賛成でもない。

JAむなかた主催の地域フォーラムと題して教授がTPP参加反対の理由を述べられた。

アメリカの戦略により日本はすでに食料の面でも十分に操作されている状況にあることが分かった。

畜産の飼料のほとんどが外国産であることは知っていたし、それがアメリカの戦略であることは知っていた。それがもう少し踏み込んで勉強になった。

私の思うところはなぜこうも反対論者と賛成論者(もしくは反対論者を揶揄する批評家)は水と油なのだろうか。

悲しい。

今日の講演で外国はどれだけ食糧が大事なカードだと認識しているかを知れたし、日本がどれだ食料を存外に思っているかを知った。

しかし、反対論者を幼稚であるとする声はよくよく耳にする。

私は生産者だ。

すくなからず生産者の立場としてその現場を分かっているつもりでいる。

だからこそ反対といいたくなることもおおよそ分かる。

そして私は経営者である。少なからずその意識は持っている。

だからこそ単純に反対を唱えるつもりはない。

しかし反対論者の意見が幼稚だといわれるのはなぜだ!

こうも日本という一つの国の中で真っ二つに意見が割れるのか。

相手が相手をまったくもって理解できないようなこの状況はどこに原因があるのか。

お互いが自分の主張を裏付ける試算をし、お互いが相手の試算を非難する。

私が正しいのだ、と。

こうすればこうなるなど先の読めない現代において確信することは難しい。

お互いの意見をもう少し聞きましょうなどこの後に及んでという気もする。

結局はお互いの立場が違うために見ているものが違う。

意見がすれ違うのは当然といえば当然か。

結局結論が出せない私はただの生産者である。

TPP 勉強会

先日の17日、JAむなかた青年部にて勉強会が行われた。

講師にJA福岡中央会の総務局農業対策部の方がこられて農協という組織がどういったものなのかや、TPPに関する事を説明してくれた。

TPPとは・・・

Trans-Pacific Partnership:環太平洋連携協定

であるわけだが、簡単にいうと物品貿易に関する全品の関税撤廃。さらにサービス貿易、政府調達、競争、知的財産、人の移動等をも自由に行うことができるという取り決め。

関税の撤廃はわかりやすいが、さらに以降の分がぴんとこないかもしれない。

説明であったのは競争でいうと、公共事業の入札に外国籍の企業が参入できるということ。

つまり、橋を建設するのに、人件費の安い外国人を使った他国籍の企業が参入すれば、安価で入札してしまう、かもしれない。

こうなると日本の雇用が奪われかねないとも言っていた。がこれはあくまで一例かな。

今回の勉強会で感じたことは3つ。

農協が農家をどう思っているのかということ。

TPPに関して多くの人が無関心であろうということ。

そして、農家は弱者であり、守ってもらわなければいけないものということ。

農協は農家をどう思っているのか、これはあくまで今回の勉強会の講師の話を聞いただけなので、いってみれば一般的なというところかな。

それは農協は農家のためにあるということ。

現在、農協は3つの危機に陥っているらしい。それは「信頼性」「経営」「思想」とのこと。

一番重要なのは思想である。

組合員である農家が農協というもののとらえ方が変わってきたのだ。

今までは農産物は農協に出荷したり、肥料や農薬は農協から買うことが当然であった。

しかし、いまでは出荷先は多方面化し、資材も一般企業から買う方が安い場合がほとんどとなった。

農家はJAを選択肢の一つと見るようになった。しかし農協側は組合員は農家あってのものという教育がされている。

実際に農協の成り立ちからいえばそうなのだが、今となってはこの意識のずれが大きいためいろいろな問題がでてきている。

はて、TPPに関してだがいったいこの国の農業はいったいどうなるのかと思う。

ここまで硬い話を書いても実際に見てくれる人はすでにそのことに関する持論をお持ちなのではなかろうか。

現在の日本の中ではわかりやすく賛否両論、真っ二つにわかれているのではないか。

農業はほとんどが反対なのだが、なかには日本の農産物が他国の富裕層向けに販売ができると賛成のところもあるらしい。(東北の米の産地などが例に挙げられた)

講師の方はTPPに参加することで起こる打撃を挙げていただいた。

そして、賛成論者の理由を一つ一つ否定しておられた。

私が聞きたかったのは、もし貿易自由化したとしてもつぶれない日本の農業を作るには今なにをしなければいけないのか、という先のこと。

これは時代のうねり。流れ。

逆らうより、身を任せ、先に何があるのか注視することが重要ではなかろうか。

変えるより、変わる。

明日食べる米の値段が気になる消費者を変えようとするより、自分が来年も農業をつづけるにはどうするかを考えるほうが楽だろう。

糯 脱穀終了

昨日、最後まで残っていた掛け干しもち米の脱穀を終えた。

昼に博多でTPPの反対デモ行進があったのでカメラを持って行ってきた。

しかし、JAの会館を出発して天神方面に向かうということだけを聞いていたところ、15分ほど現場に到着するのが遅れてしまい、行進はどこへやら。

帰ってテレビを見ていた祖母が自分がデモ行進に参加しに行ったものと勘違いしており、テレビに映らないか食いいって見ていたそうだ。

自分はあくまで今の日本の農業の現状で何が起きているのかこの目で見るために行った。

デモ行進には反対でも賛成でもない。アシタカではないが、曇りなき眼で見定める。

そんなことをして帰ってきて昼食、脱穀を始めたのが2:30。870㎡の田んぼなのでそれほど時間はかからないだろうとたかをくくっていた。

しかし、誤算だったのが日没の早さ。

3時のお茶をして気がつくと夕日になっていた。

日は沈んでしまったがまだ薄明るい内に家路につくことができた。

今年の糯米は少ない。全部でおおよそ6俵、約360kg。ご注文はお早めに。

e89781e59b9ee58f8e掛け干ししておいた藁が乾燥したので回収した。倉庫横に屋根を作ってもらったので来夏まで保管。

この時に藁を確保しておかなければ夏野菜に藁を使えない。麦わらでもいいのだが、やはり自分とこの稲藁が気分的に良い。

リヤカーは籾殻を入れる大きな箱だったが解体した土台だ。

軽トラが田んぼに入るとぬかるむ場所があるのではまってしまうかもしれない。トラクターは最強のオフローダーだ。

米戸別所得保障制度と水田利活用自給率向上事業

政権が民主党に変わりいろいろなことが変わってくる中、農政も大きな転換期となった。

自分は政治には疎くあまり考えたくない。しかし、今回ばかりは考えないわけにはいかない。

農業新聞もこの制度の解説特集号を出していた。先日の農協の水稲作付け誘導方針の説明会の時に頂いた。

見出しには「すべての稲作販売農家を対象に」の文字。

しかし、依然として主食用米は生産過剰が続いている。ということは生産目標数量(減反)を達成しない農家まで一律に支払われるわけはない。

もちろんすべてではなく、減反を守った農家である。今までは減反を守っただけでは補助金はなかった。

ちなみに我が家の減反率(生産目標数量)は48.5%(2009年度)だった。つまり、半分は水稲を作付けてはいけないというわけだ。

しかし、昨年の水稲作付け面積の割合はほぼ9割。ほとんど減反していない。

なぜかというと減反すると生活できないからだ。もちろん自分が米を多くつくることで全国で米あまりが起き、米価格が下落し、さらに稲作農家が窮地に立たされることになるのはわかる。

きれいごとを言うつもりはない。仕方が無いとしか言いようがないこの状況。

話しを政策に戻すと、当園は昨年同様の作付けをすると、この戸別所得保障制度の対象にはならないのである。

もし、昨年同様の減反率で減反をし、この制度の対象になる様に作付けを行った場合の単純な計算をしてみた。

我が園の田んぼの面積は今年度は37反。これに48.5%の減反の面積は17.945反。

1反につき15000円の助成なので全部で269175円。

もし、この17.945反に水稲を植え、農協出荷した場合はどうなるかというと

1反あたり8俵×12500円×17.945反=1794500円

当園の場合は特別な栽培方法に加え戸別販売なので単価は相当額になり、差額はもっと大きくなる。

仮に他の作物、大豆を転作し大豆の収穫高+補助金を計算しても面積が少ないため経費がかかりすぎてしまうだろう。

もし減反したとしても水稲の機械は同じだけ必要なわけで、経費はほとんど変わらない。

これが減反が簡単に出来ない大きな理由だ。

さらに水田利活用自給率向上事業は今までの転作による補助金と同じ性質になろうとおもうのだが、光岡区には転作をしている農家はいない。

大豆の刈り取り用の機械などは普通、周辺の農家が共同で購入したりするが、光岡に転作をしようとする農家がいないため一個人で転作をするには機械の費用対効果の上でも導入は不可能に近い。

結局のところ、今回の農政事業でも我が農園は蚊帳の外、ということになりそうだ。

正直に言って今日本の農業の方針に背く作付けしか出来ないことにもどかしい思いでいる。

これから先、自分から光岡の農業を変えていきたい。

それはただ単に農政の行う補助金制度に則った農業ではない、やってて面白い農業に。(転作農家、通称米麦大豆の農家は上司がいない、気が楽というだけで収入は大卒並みで決して面白いとは思えない)

そのためには今はまだ米を無農薬で安定して生産すること、それが第一だと考える。

ランドラッシュ

NHKで今夜放送がった番組。

世界中で農地の奪い合いが起きている。すでに食料危機は起きた。しかし、今の時点では一時的な問題だった。

ウクライナで農地の獲得に奮闘する日本の農家。(農家というより農業起業家?)

国の4分の1の食料を海外の農場で生産するため国を挙げて後押しする韓国。

世界でもっとも貧しいといわれるアフリカの国の農地でさえ奪おうとする世界の企業。

そこまでが番組で写った農場争奪戦の最先端。

しかし、田舎道を走れば随所に見られる耕作放棄された農地。

跡継ぎのいない日本の農業、進出する企業。

相反する状況に嫌悪感を抱かざるを得ない。

自分は企業でも行政でもない。一人の農業者としてこれからどうなっていくのか、とても興味がある。

「ゆれる現代社会を『農』から立て直す道筋を考える」

先日、福岡市天神で行われた九州農文協主催のシンポジウムに参加してきた。

改めてシンポジウムの題を読み直し、シンポジウムを思い出してみると、実際のところ現代社会を立て直す以前に、現代の「農」自体の諸問題が山積み、というふうに思い出される。

シンポジウムの最後に行われたディスカッションでは農の問題の話しがほとんどだった。半ば口喧嘩のようになっていた減反政策や後継者問題についての論争も、西日本新聞社の記者の方がうまくまとめて(話しをそらして?)くれた。

前半に行われた基調講演、熊本大学文学部 徳野貞雄教授の話しでは現代の農業の根底を支えてくれている人が兼業農家であり、一番農業者が多いのは役所であるという現在の状態を提起。

棚田を守る取り組みを例に、現代の農の問題の取り組み方が昔のままであるという。棚田を守るということは良いのだが、これを文化的価値が高いからと、補助金によって街から人手をよび管理作業を続ける。これにより棚田は守られたのだが、根本的問題の解決にはなっていない。

それは、限界集落の存続である。棚田は守れた、しかし集落はつぶれた、という結果。農地はそこで農業を営む人がいてこそ本当に維持されるというのではないか、というのが徳野教授の問題の捉え方だったのだと解釈した。

我が集落もある意味限界集落の道をたどっている。宗像も都市近郊でありベッドタウンとして人口も増えていることだろうが、農業者は高齢化するばかり。地域の農業者の集会では限界集落とそれほど顔ぶれは変わらないであろう。

今回のシンポジウムでもこれからの農について素晴らしい話をしているのに、参加している農業者で自分のような人はまずいない。

“ごはん”の値段はどのくらいなのか、ご存知だろうか。

茶碗1杯が約60gらしい。我が園のお米の60gの値段は25.2円(いつも買っていただいているお客さんの値段)。これに水代・電気代・炊飯ジゃー代を足すと、約29円

ポッキーに換算すると・・・6本。ポテチだと8枚半?

ごはんって、安い。

このような話し以外にも小学校で始まった弁当の日などの食育に関する話しも聞けた。

このシンポジウムは昔は農業生産力や収益性などの農業の話しが主だったらしいが、時代の流れに早くから乗っているらしく、すでに食育など多岐にわたっていた。

このような会に参加しなければ絶対に聞けない話しが盛りだくさんだった。

自給率向上へ二毛作

今日の農業新聞の1面にこれからの農政の方針を国内食料自給率50%越えを目標とするという記事があった。その重要施策に米の裏作による小麦、転換作による大豆の生産拡大を検討しているらしい。

いままでも、農政の方針として裏作や転換作に奨励金が出ていたが強化していくということだろうか。

一農家としてこれらの方針には賛成なのだが、自ら丹精込めて作った作物で、小麦や大豆ですら消費者の顔が見てみたいという気持ちがある。農協に一括出荷ではどこに行って誰が食べているのか分からない。農業の面白みの中には、生産した食べ物をほかの人に食べてもらうという喜びは大きいと思う。もっというなら人に食べてもらえるから農業をしているとも言える。

農政と現実

はっきり言って農政には詳しくない。どんなことが行われているのか、詳しくはしらない。が、その影響はよく耳にする。耳にするだけで、無視することも少なくない。

それは減反である。国が地方自治に水稲の作付面積の上限を決め、各地の役所がそれぞれの農家に同じ%で水稲を植えないように要請する。しかし、この減反という制度に強制力がないために圃場の100%を水稲を作付けするところも少なくない。ところがこの減反をした場合、単純に収入が減るわけで、場合によっては100%水稲を作付けしても赤字の小面積しかもたない農家にとってはタダで収入を減らすということにもなる。

制度の強制力がない(強制できない)こととちゃんと減反している人によって米の価格の暴落(すでに十分安い)がある程度くいとどまっているというなんとも微妙なバランスで推移しているのだろうか。

Home > 農政 Archive

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る