Home > その他の仕事 Archive

その他の仕事 Archive

新年

1年の計は元旦にあり、というのは脈々と続く日々にどこかで区切りをつけないと気がすまないからなのだろうか。

冬から春になるときが1年のはじまりという感覚は、人類が狩猟をしていた時から、つまり太陽暦などが産まれる前からなんとなく作られてきたのだろうと思う。

有難いことに稲作は春が来てからがスタートなので、正月を迎えるとまた今年一年という気持ちになる。

苺農家は12月から収穫があり、5月か6月上旬ごろまでが1年の作になるので区切りといえば初夏ごろになるのだろうか、などと思ったこともあった。

本当の正月はやはり旧暦で祝うほうが日本人の心には合っているのではないかとも思う。

年賀状にも「新春」などと書くが、やはり梅が咲く頃にぴったりな言葉だと思う。

 

なにはともあれ、1年の振り返りと今年の展望を記しておきたい。

2016年は新しい出会いが本当に多かった年だった。それぞれまったく別のところで知り合ったはずなのに、あっちの人とこっちの人は知り合いだったりした。

またその多くが今後に大きく係ることを予感させるものだった。

その上で、今年の展望として、目標として記しておきたいのは、一番は酒造りであること。

農協から山田錦の種籾が20kgほど購入することが出来、カメノオ酒造さんで私の酒米だけで仕込んでもらえることになっている。

これを環境保全と絡めて地域や行政と一緒に一つの銘柄を作って行きたいと思う。

また、通常のお米に関してもハッピーヒルと呼ばれる自然栽培提唱者、福岡正信さんが改良したお米が加わり5品種になる予定だし、ササニシキも量は少ないながらも栽培する予定であることは、これまでの流れからいれば大きく変わる点。

栽培面積は全ての田で稲を作る上、今のところ2枚の田が増える予定なのでおおよそ10町になるだろうと思われる。

3年前は10町になることが予測もつかなかったが、腹が据われば話は早いもので、やればできるの精神で進んでいる。

祖父母の母屋の一室を加工場にして、餅屋を始めることも考えられるし、鶏を飼う野望もある。

今年もとても楽しみな年になりそうだが、一番は米作りであるので、その基盤整備が一番である。

1月から3月の農閑期にどこまで稲作以外のことが手につけられるかは未知数なので、楽しみながら全力で農閑期を過ごしたいと思う。

運命

Scan10001 (1024x792)

 

私は大学生の時、大分のなずな農園の百姓、赤峰勝人さんと出会った。

そこで、2泊の百姓塾に参加し、サインをもらった時にこの言葉をもらった。

この言葉の意味を探求しようとしても、すぐに堂々巡りに陥る感覚がある。

それはそうだ。循環なんだから、と。

全てとは何か。

循環の中に、何があるのか。など。

ただ、この人に出会い、この言葉をもらったことから始まったのは確かなようだ。

確か、といいつつ不確かな「ようだ」をつけるところに循環している思考が見て取れる。

そして、この字に出会った。

これは妻の大学時代の友人に書作家さんがいて頼んで書いてもらった。

もともとは、お米の袋がなくなり、住所も新しくなったため、版を刷りなおして印刷する必要があったため、どうせ版を作るならいい人いないかなぁと思っているところに妻からこの人を紹介してもらった。

Scan1 (1024x792)

 

だからもともとはこの屋号を書いてもらうためだった。

以前、農業福島園も次のステップに来たと思い、屋号を新しくしたいなどと考えていたが、特に思い浮かばずにいたため、変わらずにこの名前で書いてもらった。

こんなすばらしい字を書いてもらったのだからもう当分屋号を変えることは無くなった。

これが運命と言わずして何と言う。

 

ずいぶんとブログの更新をおろそかにしてしまったがその重要性を再認識した。

久しぶりに会った森林組合できこりをしている兄さんとの話で、こんな人間がおると紹介がてらこのブログを見せたそうだ。

去年?までは熱心に更新していたブログなので内容を見てもらい、自分という人間を認識してもらったようだ。

といっても過剰に評価してもらっても困るところだが、日頃考えていることをこうして記すことは対外的にも内面の整理としても重要である。

はてさて、久しぶりのブログだが日頃感じていることはここ数週間、非常に内容の濃い日常を送っているので書きたいことはいっぱいある。

上棟式

 

3月17日に無事に上棟式を執り行えた。

家の構想は1年半以上前から始まっており、最初の段階では去年の夏には完成するだろうと思われていたこともあった。

しかし、なぜかいろいろなことが重なり、私の空亡を避けるように上棟となった。

当日は自動餅つき機を持っている知人の農家で餅を搗いて、夕方には餅まきができた。

なぜ上棟の時に餅を播くのか。

その理由を3月1日にたまたま知った。

この日には宗像ユリックスで行われた美輪明宏の講演会に行ってきたのだが、いろいろな話をしていただいた中に正負の法則というものがあった。

この世には良いと思えることも悪いと思えることも両方起こるという法則。

餅まきのことをこの正負の法則で解釈すると、家を建てるという良い事があるときには餅をばらまくことで「負」を負い、周りに得をしてもらう。

そうすることで、家が完成した暁には得として後々の繁栄が返ってくるということ。

理屈はそういうことでこれを感情面でいうなれば、もし隣が豪邸を建てたとき、挨拶も無く威張っていると周りとは疎くなってくる。

周りに嫌われてはその後の繁栄はないだろうということ。

こんな話を数日後に上棟する自分が聞いたのだからこれはもうばらまかねば!と思うよね。

この日は意外にいろいろな準備があり、怒涛のように過ぎていったがおかげさまで餅を拾いに来てくれた方には喜んでいただけたようだった。

これからは稲の準備作業がいろいろとまっているのでなるべく更新していきたいところ。

祭りの直接販売は難しいけど面白い

e8beb2e69e97e6b0b4e794a3e381bee381a4e3828a2

青年農業者クラブ(4Hクラブ)として農林水産まつりで1店舗を出店しており、11月17日に参加してきた。

当日の朝は冷たい雨が降っていたが、準備が整い、お客さんが見える時間帯になった頃には上がっていた。

e8beb2e69e97e6b0b4e794a3e381bee381a4e3828a

e8beb2e69e97e6b0b4e794a3e381bee381a4e3828a3

1つのテントで半分が農産物の販売、残りの半分は農産物を買ってくれた人に豚汁と芋ご飯のサービスというスタイルだった。

私は平会員なので、なぜ豚汁をするようになったのか全く知らないが、農産物の直売はある程度賑わいを見せたようだ。

青年農業者クラブとしてなにを訴えたいのか、ただ野菜の直売をしただけでは伝わらないし、実際に販売しているメンバーもそのことをどれほど意識しているのか私にも分からない。

そんなことはさておき、この日は販売ということの難しさと面白さを学んだ。

私は普段は配達と発送という販売形態をとっているが、今はほとんど常連さん相手に販売をしている。

しかし、この日はもちろん全く知らない人たち相手に販売をすることになった。

この日は普通のお米はなく、古代米や米粉、玄米餅を持って来ていた。

もちろんのこと、これらの商品はいっぱい売れるというものではなく、レタスやほうれん草、梨やみかんなどが売れていくのを横目に整然と並んだままだった。

時たま、玄米粉という聞きなれない商品名に止るお客さんに、無農薬であることやお米も販売しているセールストークをした。

面白いと思ったのはこういった出店の販売ではどれだけお客さんの目を引くことができるかで売れ行きが変わるか。

目を引くのはまずは商品の置き方。山盛りにされているものに目がいく。

陳列棚に一種類ずつ並べているのに、机の下のコンテナにいっぱい入ったストックから商品を引っ張り出すお客が多いこと。

目を引くのは物だけではなく、人だかりも目を引く一つのポイントになるようだ。

おばちゃん数人の一行が店に止ったときには相乗効果で周囲のおばちゃんたちを引き寄せ、一定時間に限り飛ぶように売れる。

しかし、この時のお客さんはだいたい安いものをお買い上げし、2玉500円の梨は試食が完売した。

私が前日に何とか間に合わせた緑米の玄米餅は4つ売れるに留まったが、十分に良い勉強をさせてもらった。

昨年は博多駅前で直売をしたが、この時はトースターを持って来て、餅を小さく切って焼いたものを試食させたところ、割合的に多くのお客さんが買ってくれた。

この日は試食もなく、見たこともない色の餅を買おうという人はほとんどいなかった。

これは古代米にも言える。古代米を入れて炊いたおにぎりでも用意すれば売れ行きは違うだろう。

どのみち、このような直売会は今後もあるだろうから、次回はもっと面白いことをやれたらいいなと思う1日でした。

稲刈り前日

e3839fe383abe382ade383bce7a982明日からミルキークイーンの刈り取り初日。

種蒔きから4ヶ月、田植えから3ヶ月。いやぁ早い!

数日前、田んぼの見回りをしていたらはっとしてしまった。

気が付いたら、もうすぐ稲刈りじゃん!

昨日までにおおよその草刈を終え、今日は稲刈りの準備。

乾燥機を使用前の掃除をして、軽トラに籾運搬コンテナを載せて、籾貯蔵庫を掃除・・・

そんな中、知人の植木屋さんが祖父の庭の剪定にやってきてくれた。

e5baade69ca8e589aae5ae9a去年まで祖父が自分で剪定していた松も、今年はもうできなくなっていた。

庭師が松をみると数年前までは立派な松だったことが枝を見て分かるそうだ。

それも、ここ数年は1年に1回の手抜き剪定になってきている。

祖父も1年に2回も選定できないようになってきていたのだと改めて知った。

庭がきれいになってくるにつれて、やっぱり農家の庭はきれいにしとかんといかんと思うようになった。

前回、庭の選定をしたのは2年前。

これからは庭もきれいにしておこうと思う。これもいい親・・・爺孝行だ。

製粉機 修理

e8a3bde7b289e6a99f

納屋の中をあっちにやったり、こっちにやったりと場所を取っていた製粉機。

中古を安値で買ってきたはいいものの、使ってみたらなかなか製粉が進まない。

分解してみるとこの刃のような部分を擦り合わせて粉砕しているのがわかるが、接触する部分の金属が磨耗しているのがわかった。

しかし、これはもう交換するしかないものだと思っていた。

思っていたがしかし交換すると数万円になると聞かされていたのでメーカーに問い合わせることもなく、そのまま保存されていた。

今日、籾摺りをするために倉庫を片付けようとしたところ、この製粉機が邪魔で思い切って鉄くずに出そうかと思ったとき、だめもとでもいいからやるだけやってみるかと思ってやってみた。

グラインダーの刃をやすりに替えて、磨耗しているところを尖るように削ってみた。

試しにくず米を製粉してみると、以外にも今までに無いスピードできれいに製粉されて出てくる。

金属加工なんてあまりやったことがないからわからないが、原理や道具、その使い方などがわかっていれば案外難しくないのかも・・・

もともと中学のころは工業系の方面に進みたいとも思っていた自分。専門学校にでも行ってみようかな。

もちつき

年が明けてもう8日も過ぎてしまった。いつものように長い間ブログもご無沙汰。

昨年末はやはり毎年のようにバタバタと過ぎ去ってしまい、年始にはその反動のせいか日頃の記録作業などおろそかになっている部分があった。

e38282e381a1e381a4e3818defbc92

さて、12月30日に企画した初めてお客さんを呼んでのもちつきだが、来て頂いた方には楽しんでいただけたと思う。

こういったイベントは場数を踏まないとわからないことが多く、改善すべき点がいくつかあった。

今年の年末にはまたすこし趣向を変えて、お客さんとの交流をする場を作りたいと考えている。

例えば一家族、一臼制。

一臼分のもちつきが体験できて、ついたお餅の食べ方や丸め方が自由にできるというもの。(一臼のお餅は約3.5kgになる)

昨年同様、大根おろしやきなこなどはこちらが用意しておく。

一臼分を一家族で分けても、友達を呼んで2,3家族で分けてもOK、なんて感じに考えている。

この日に自分たちでお鏡餅を作って帰れば立派なお正月が迎えられるではないか!

いまどき自分で鏡餅を作ることなんてできないからこの方法はすごい楽しいんじゃないかとワクワクする。

今年の新米のDMを発行するときにはもちつきの案内もできるようにしたいと思う。

さて、今年で6年目の百姓、6回目の稲作だが今年の稲作はもっと勉強して臨みたいと思う。

今日は田んぼの土壌分析をするために土を採取した。

乾燥させた後、農協の土壌分析室に分析を依頼する。

分析の結果をもとに、苗床の土を採取する田んぼを決定し、不足している養分を有機的な方法で整えるということをしてみる予定。

分析が出るまでにまた勉強だ。

久しぶりに立った田んぼではレンゲが寒さに耐えながら少しずつ大きくなってきていた。

土のいい香りを嗅いだ。

冬の仕事のはずが春になりました

e382b3e383b3e382afe383aae68993e381a1去年まで倉庫横の土手に草が生えて仕方が無かった。

草刈機で刈ろうにも塀があるわ石がごろごろするわパイプは横切ってるわで難儀していた。

今年の冬の間にはコンクリートを打とうと父と話してはいたが自分もいろいろな仕事がありなかなか予定が立たなかった。

というか、寒くて外の仕事がはかどらなかっただけなのかもしれない。

防草シートという手もあったが数年で張り替えないといけないことを考えると、初期投資と手間はかかるがコンクリートを打てば足場もしっかりするし、物置として使えることを考えるとこの方がいいかと。

幸い、コンクリートを打つ段取りは父が取ってくれたし、祖父が左官業をしていたのでミキサーを持っていたから出来た。

いくら百姓といえど、この量のコンクリートを自前で練ることは珍しいのではないか。

もちろんミキサー車を頼むことも考えたが、写真を撮っている側は未舗装の農道で重量のあるミキサー車では車道が凹んでしまうために乗り入れないという。

今日は若干風邪気味だったががんばった。

風に舞ったセメントが唇についたのかヒリヒリする。

あと5分の2、木曜日の予定。

成年農業者会議

1月26日に青年農業者会議というものがあった。

私はこの会議においてプロジェクト発表を行うことになっていた。

これに向けて去年の秋からパワーポイント作りをはじめ、数回の発表練習を行ってきた。

この発表のためにかけた時間はいったい何十時間なのだろうか・・・もし、この時間が他の仕事に向かうことができたらどれだけ仕事がはかどったのだろうか、などと思ってしまうがこれも仕事の内といったところ。

発表の内容は自分の無農薬・無化学肥料の稲作りについて、題名は「稲に農薬・化学肥料はいらない」である。

私の稲の作り方とそれにおける経営についてまとめて発表した。

お陰で今まで忙しいからと理由付けし、後回しにしていた経費の計算や売上の動向、自分の労働費などをごく簡単にではあるがまとめ、把握することが出来た。

もし、このタイミングで発表を引き受けていなければ今年も忙しいからと経営について見返すことは無かっただろう。

しかし、実際に秋のうちにしておかなければいけなかった農作業は今でも遅れを取っているのだが・・・

発表の結果はというと、9人のプロジェクト発表のうち、3番目の点数だった。

上位2人は九州大会に勝ち進むのだが、これが7月になり自分としては仕事を優先したいのでできるものなら行きたくはない、しかしやると決めたからには中途半端な発表にはしたくないという思いがあった。

結果は3位入賞という形で図書カードと賞状をいただき、自分の経営を見直すことができ、さらにはこれ以上の時間を奪う仕事が増えなくて良かったなどとほくそ笑み、「思考は現実化する」の言葉を思い出さずにはいられなかった。

e799bae8a1a81

久しぶりのブルーベリー園

bbe88d89e58888e3828ae381bee38197e3819f最近音沙汰のなかったブルーベリー。

ことしもほとんど手が回らなかった、いや回さなかった。

昨年までいろいろしてみたが、どうにもいかない。

定植してから2年ほどはきちんと水の管理が必要なのだとつくづく感じた。

今年、なるべく安価で散水できるようにと8m幅で飛ぶ潅水チューブを購入・設置するも、なかなかうまくは水がかからない。

出した答えが放置。

草をはやして土を肥やす。

夏中草を伸ばしっぱなしにしていたので、もうブルーベリーの栽培はあきらめたと思われていた。

年配の方には特に草を伸ばすことで土が肥えるという意味が分からないようだ。

しかしながら、草がブルーベリーを覆いかぶさるといけないわけで・・・

じいさんが見かねて鎌で草を刈り取ってくれていた。

来年はまた少しは伸びてくれるかな・・・

知ることから始まる・・・

正直、私はそのほとんどを知らない。

http://d.hatena.ne.jp/megaka-chann/

お米を買ってくれている方つながりで知り合った方に、福島に安全なお米を届ける活動を始めた方がいる。

そのお米に当園のお米を送りたいと言われた。

そのころはもう少しで新米が収穫・販売できるころで、22年産のヒノヒカリが残ってしまいそうだった。

そこで、余裕をみて残りそうなお米、20袋(600kg)を無償で提供することにした。

このお米、無償とはいえその配送先のピックアップだけでも簡単にはいかない。

すでに510kgを福島に送っているが、現状を身で感じていない自分がいることを感じる。

黒米刈り取り

久しぶりのブログ更新。

新米の販売開始をしてからというもの、夜は精米と配達・発送の準備やらで忙しく手が回らなかった。

ブログだけでなく、稲刈り前の状況を見て回ったり、草を刈ったりしないといけないなど、農作業を後回しにしていた。

田植えをしてから1週間置きに撮ってきた写真も最初の稲刈りだったミルキークイーンまでで、それから夢つくしやヒノヒカリを適時に撮り忘れてしまった。

これではいけなとは思うけど、今は一人しかいないのでまぁ仕方ないと諦めた。

これ以上がんばったら機械に指つめたり、事故を起しかねない。

それでもじゅんぐり仕事が回っている。ありがたい。

さて、最近ブログをかけなかったのでネタはいろいろと溜まっているが、まずは新しくなったホームページのことを。

よく作ってあるねーとお褒めの言葉をいただくが、これを作っているのは私の兄。

今回は歴とした仕事として頼んだ。兄はそれを仕事としているので。

あぁ請求が来ていたな。振り込まないと・・・

一番変わったところというのは会員登録して注文ができること。そしてクレジットカードでの支払いが出来るようになったこと。

コンビニ決済もできるようになったが、後払いではなく、基本的には先払い。

ただ、メールアドレスと支払いをするコンビニの種類を教えていただければこちらで会員登録を入力し、コンビニの支払い画面を印刷、お米に同封して発送することで、コンビニで後払いも可能。

きょうの仕事は、古代米の黒米をバインダーで刈り取った。

e9bb92e7b1b3e7b582e4ba86

去年はこのバインダーがなかなかうまい具合に動いてくれなかった。

バインダーは刈り取りと紐で結束するまでをしてくれる機械だが、相当なスピードで結束するので細かいところまですべてうまく作動していないと、すぐに不具合を起してしまう。

これまでに何度となくやり直しと調整をしてようやく仕組みを理解し、扱い方が慣れてきた。

中古で買ったのでもちろん説明書もないし、特別教えてくれる人もいなかった。操作しながら少しずつ覚えてきた。

そこで思ったのがバインダーの指南書があればいいなぁと思った。

使う側の視点から書かれた取り扱い説明書みたいな・・・

明日、竿を作って掛ける。

あと、簡単に看板も作ったので掲げようと思う。

ヒノヒカリ8.16

img_0075

草が多くてよく見えませんが、順調に育っています。

株元は膨らんできているので、もう穂が上がってきているのが分かる。

ミルキークイーン・夢つくしより2週間ほど出穂(しゅっすい)が遅い。

img_00611これはミルキークイーン。

タニシ除草がうまくいくとこの状態にできるのだが。

img_0063

数日前に穂が出てきました。夢つくしより2,3日早いようです。

稲刈りはやはりミルキークイーンからですね。

順調に育っています。

稲はほんとにありがたい作物。

img_8063先日、大学時代にお世話になった熊本のぶどう農家さん(グレープビレッジ第一寿園)に1日、農業体験に行って来た。

お盆の一番忙しい時期にお邪魔してきた。

葡萄など果樹は収穫できる期間は短く、また手間もかかる。

痛みやすく繊細。傷物をお客さんに売るわけにはいかないので気を使う。

農家にもきめ細かい作業を要求される作物と、そうでない大雑把にする作業が多い作物があるが、葡萄やイチゴは繊細な作業を要求される。

対象に稲や麦、大豆など機械でする作業がほとんどなのでぶどうほど繊細になることはない。

ただ、最終的にお客さんに手渡す前の作業というのは繊細になる。米でも精米して袋詰めするときは少なからず気をつかう。

いろいろ

いろいろ仕事してます。

夜もなかなかブログ書けないのでいろいろ溜まってます。いつものように。

まず、ブルーベリーに潅水を始めました。しかしなかなかうまくいきません。

そうこうしていると先日バケツをひっくり返しまくったような雨が降りました。実にふり過ぎでした。

天気が良くないと気分も萎えますね。

そして稲の苗を作るための土がようやくほぼ出来上がりました。

田んぼから取ってきた土を乾かし、粉砕し、ふるいにかけ、もみがら薫炭を混ぜます。薫炭は数日前に焼きました。

苗箱も足りなかったので誰か余ってないかと思っていたら、2人から頂くことが出来、どうにか種まきが出来そうです。

そして今日、残っていたヒノヒカリの籾をすべて籾すりしました。

家族総出の5人がかり。

これらでようやく倉庫が少しは物が少なくなりました。

そして明日はアグリスクールの初日です。

掲示板のリンクを追加しました。

まだ投稿が私しかないのでさみしい限りです。

明日は一日出事。そして明後日はいよいよ種もみを水につけ、発芽させます。

もうバタバタです。

仕事を優先させているので片づけが後手になり納屋がごちゃごちゃになってきました。

近々、時間をとって片づけたいと思います。

以上、近況報告でした。

引越ししました

引越しといっても自分の部屋を出ていままで祖父が寝ていた部屋に移っただけ。

自分の部屋というのは高校生の時に増築した部屋で、広くて明るく、断熱がよいので暖かい部屋になっている。

その上トイレが近く、毎晩2回トイレに起きていた祖母も一緒に移ったので二人にとっては快適になったはず。

それまで祖父が寝ていた部屋には祖母の嫁入り道具のたんすがあり、部屋を移動すると同時に片付けができたのでとても良かった。

自分にとっても普段仕事をしている納屋の前から近い部屋に移ったので事務的にもとても便利。

本当は冬の仕事だが4月上旬まで百姓仕事があり、最近になりようやくこのような仕事ができるようになっている。

田んぼが忙しくなるまではもう少しゆっくりと仕事ができそうだ。

Home > その他の仕事 Archive

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る