Home > ニュースレター Archive

ニュースレター Archive

大豆について

昨年の12月に発行した百姓三昧だよりに入れた大豆のこと。

せっかく書いた文章なのでこちらでも紹介しておく。

***************

~今、福島光志がひそかにワクワクしている大豆について~

DSC_0513

大豆は良質な植物性たんぱく質を摂取できる作物です。炭水化物のお米とは違う栄養素であり、同じたんぱく質でも脂質の多いお肉とも体への影響は違ってきます。

日本食にはお米と並び味噌や醤油の原料となる必要不可欠な食材です。しかし、現在日本で消費されている大豆の多くは外国産なんです。(※注:サラダ油などの油糧用を除く食用大豆の自給率は25%)

お米は778%もの関税で守られていますが、大豆には関税は掛けられていません。国産大豆は栽培費用が輸入物に比べ高額にかかり、販売価格より生産費用のほうが高いのが現状です。

それを可能にしているのが国からの補助金です。

原価割れしている国産大豆ですが、これを使用した商品は「国産大豆使用」と銘うち、一般的な商品より割高で販売されています。これが食品としての国産大豆の姿といいましょうか。

さて、次に大豆の農業生産上の姿を挙げますと、私個人の感想ですが、日本の農家は大豆栽培に対するイメージはあまり良いものではなく、国からの補助金を受けるために栽培しているのが現状です。

田んぼで水稲を作付けしない代わりに大豆を栽培すれば上乗せで補助金が支給される仕組みになっていたのです。

これを減反政策といい、国が長年取り組んできた政策です。この減反政策ですが、昨年政府は2018年までに段階的に廃止することを決定しました。

しかし、大豆への補助金が無くなる訳ではなく、今後どのように国産大豆の栽培が変化していくのかは不透明なままです。

大豆の生産には国の政策が大きく関与しているため、年度別に大豆の生産量を見てみると気象とは関係なく乱高下しているのです。

しかし、そんな大豆ですが私には面白くて、おいしい作物として見えました。その理由の一つが、肥料が要らないことです。

大豆の根には根粒菌という微生物が共生しており、空気中の窒素を取り込み、大豆が育つための栄養にしてくれるのです。

現在の栽培指導では収量を上げるために化学肥料を使用していることが多いのですが、根粒菌のおかげで無肥料でもある程度収穫することができるようです。

また、作物栽培につきものなのが、雑草対策です。水稲は当園ではジャンボタニシのおかげで除草することができていますが、一般的な大豆栽培では播種と同時に除草剤を散布します。

しかし、この除草も、芽が出た後に条間を機械で耕すことである程度雑草の繁殖を抑えることができます。

もちろん、除草剤を使うより一手間必要になりますが、雑草対策は除草剤を使わなくても十分可能である、というのがこの2年間大豆を栽培してみての感想です。

肥料と除草の問題さえ解決できれば、と考えていましたが、現実はそう甘くは無かったようです。昨年は無事に大豆を収穫することが出来ましたが、今年はどうやら品質の良い大豆を収穫することはできないかもしれません。

といいますのも、害虫であるカメムシの被害と思われる青立ちという症状がでています。11月21日現在ではまだ収穫しておらず、どの程度の被害かがわからない状態です。

しかし、虫や病気の被害には原因があります。その問題を突き詰めて改善していきたいと思います。

長々と大豆のことについて書きましたが、私はこの大豆栽培の可能性を見て、最終的には自然栽培の大豆100%でできたほんものの味噌や醤油を作りたいと考えています。

最近では味噌を手作りする方が増えてきているようです。そういった方達にも大豆への希望に添える栽培をしていきたいと思います。

あまり知られていませんが福岡県は全国4位の大豆栽培県であり、宗像は特に大豆の産地としても認知されているのです。

このようなことを枝豆狩り体験の時に皆様にご説明できたらよかったなと振り返って思います。
※平成24年度、農林水産省ウェブサイトより

百姓三昧だよりNO.22

いやぁやっと書き上げた「百姓三昧だより」。

ページ数6ページ。今回の百姓三昧だよりもいつもの通り、けっこうな時間をかけた。

2日前に徹夜して作った内容を親に見せたところ「今回のはばたばた作った感じが伝わってくるな」と言われ、がんばってやったのにどこがじゃー!っと思って見返してみるとなんともお粗末。

やはり徹夜なんてものでできる代物ではなかった。

改めて思うけど、これは「お便り」なんだな、と。

大切な人に読んでもらうお便りが徹夜だったなんて、そりゃ読んでも面白く無いだろう。

ちなみに、ページの関係上省いたコラムをせっかくなのでここで。

e5a4a7e99baa1もう12月も12日。

明日から正月の準備なんてできそうもないがゆっくり、ぼちぼちやっていきたい。

今年の年末はもちつきで忙しそうだ。

二十四節季 雨水

百姓三昧だよりゆったり作成中。

季節の記事としてなにを入れようかと悩んでいると、先日配達先で立春など節季について教えてもらった。

もとより日本のそういった季節に関する事象について勉強したいとは思っていた。

今回のニュースレターで書くとすれば、二十四節季中第2にあたる【雨水】

雪が融けて水になるさまからきているそうだ。

転じて農耕を始める準備をする季節でもあるとされている。

はてさて、春の作付けに向けて準備をしなければいけないというとだろう。

阿蘇でトマトを作っているときはちょうどこのころが5月に定植するために種を播く時期だったな。

温室があってこその時期だということを思うと、本来の時期より2ヶ月は早いのではないかな。

「百姓三昧だより」もう少し遅れます

今日は水曜日、宗像市と福津市の配達日。

おかげさまで安定したご注文いただいており、ただただ感謝。

ウェブサイトでもお知らせをしたとおり、ミルキークイーンが残しわずかとなりました。

夢つくしもあと3週間ともたず、完売する見込みなのでヒノヒカリに変わる予定。

これらのお知らせを兼ねてたよりを出そうと思いました。

とはいっても肝心の内容を作ることも簡単ではなく・・・

なにより一番難しいのはいつも自分の気持ち、ポテンシャルを維持すること。

毎晩パソコンに向かい、百姓三昧だよりに意識を向けるのだがどうしても今度のお知らせを出すには緊迫感が無いために集中が続かない。。。

百姓三昧だよりNo.15完成

おおよそ完成しましたNo.15。

ここ数日、日照りのよい日が続いていますがたよりの作成にもんもんとした日が続きました。

やっぱり外で汗をかいて仕事ができるのはいいことですねw

でも毎回思うことだが時間をかけて、念を入れるといい文章が書けるものです。

ふと読んだだけでは分からないですが、すんなり気持ちが伝わる、のではないかと思います。

19日には熊本にセミナーに参加する予定なので、新しい便りを持っていけます、が・・・

台風が接近中でどうなることか。。。

雨につき

散髪に行って来ました。

軸丸くんの友達で同級生が東郷の美容室で働いている。

日頃よりお米を買っていただいているお得意さんでもある。

髪を切ってもらっているときに「百姓三昧だより」の話しになった。

5月に作ったこのお知らせをまじまじと読んで本当にこだわっているということが伝わってきたという。

そういっていただけるとがんばって作った甲斐があったと涙ちょちょぎれる。

しかし、毎度思うことが自分で書いておきながら何を書いたのかすぐに忘れてしまう私。

なんで忘れるのかと思っていると、今ふと思ったのは特別にひねり出して書いているわけではないからではないか。

普段からなんとなくぼんやり思っていることを読みやすい文章に起すことで気持ちが伝わっているのだろうか。

ん~まぁどうでもいいことか。

今年の田植えは25日から。

雨が降っている今はつかの間の休息か。この期に7月号の便りを書いておこうかな・・・

ニュースレター鋭意作成中

奇数の月はニュースレターの月。早くも9月が近づいてきている。

9月の話題はなんといってもこの暑さ。気象庁のデータを見ていると宗像は21日に最高気温の記録を更新していた。ちなみに37.2℃。

NHKのニュースでは、各地の気温を上げ連ねて連日猛暑を報道している。その中に入ってもいい数字だ。

しかしこれだけ暑いと気も違えそうだが、そんななかでも汗だくになって帰って来た時の仕事をしたという満足感、そして井戸水を頭からかかるときの爽快感はたまらない。

熨斗目穀蛾(ノシメコクガ、別名ノシメマダラメイガ)

梅雨本番を迎え雨が降る降る降る。

最近気になることが二つ。

ひとつは米の劣化。もうひとつはタニシに食べられた稲の量。

後者はあきらめがつくが、前者は相手がいることなのでとても気を使う。

先日、1か月前に玄米を5kg買ってくれたお客様から虫がでたという知らせをもらった。

この時期になるとどうしても発生する虫だが、もし自分の包装の時点で原因があったとしたらそれは弁償すべきだと思った。

まずはいつもお世話になっている有機無農薬でお米作りをされている天草の先輩農家さんに電話で相談した。

すると、米の虫は自然発生するのでどうやっても防ぐことはできない。現在大手スーパーなどで流通しているお米は薬剤によりくん蒸されているために虫の発生がないのだそうだ。

だから虫が出た場合は、薬剤を使用していない証拠であり、虫を取り除いて食べてください、もし食べても無害ですので安心してください。と言っているそうだ。

ということで、今回虫がでたというお客さんの玄米は了解をいただいた。

先日このお客さんへ配達に行ったさいに、虫がでたお米を引き取ったのだが、虫は熨斗目穀蛾と穀象虫(コクゾウムシ)という2種類だと思う。

熨斗目穀蛾は芋虫のようで、米どうしを糸で引っ付けて繭をつくり、産卵するようだ。

この時期になると自然とどこからやってきたのか発生する。

現在、7月号の「百姓三昧だより」を作成中なのでわかりやすく害虫、カビの発生についての注意書きを入れようと思う。

ニュースレター作成中につき模索中

5月のニュースレターを作成中なのだが友達の結婚式などが入り作成が遅れている。

ニュースレターの内容も、ただ自分が言いたい ことだけを言っていてはだめだ。

お客さんが聞きたいことをニュースレターに書き込まなければ自己満足に終わってしまう。

しか し、最近はお客さんがなにを感じているのか、どんなことを望んでいるのかがわからなくなってきた。

特に今悩んでいることがお米の値段に関し てである。

今度から福津市まで配達圏を拡大し、お客さんの獲得にせいを出している。しかし、それでもすべてのお米を販売しきれないだろう。

そ れに、新米でもなくなり、さらには夢つくしからヒノヒカリになった。

ではもうそろそろ値段を下げていい時ではないのか、という意見がある。 それは自分でもよくよく考えることだ。

いつも買っていただいているお客さんへの感謝の気持ちとしてもなるべくなら少しでも値段を下げて食べ てもらえたらと思う。

しかし、自分の気持ちの中に湧いて出てくるなにかがある。

それは今までそのように市場の原理主義の流れ の中でもみくちゃにされてきた農家の実態を見聞きし、できるだけその原理主義には左右されないようになりたい、ならなければいけないという意識があるので はないかと思う。

農業は違う。

それはある種の甘えでもあるのかもしれない。政策でも農家の個別所得補償制度でなぜ農家だけが 特別扱いをされないといけないのかという意見もあるだろう。

しかし、実際にその現場で働いてみて感じるのが、農業は市場原理主義だけでは機 能しない部分があるということ。

そもそも農業は生活の一部として存在してきた。

すこし話がずれたように感じられるかもしれな いが、つまりは米の値段を下げたくないのはこの原理は当てはまらないからだ、ということを言いたい。

そしてもとに戻ると、やはり自分の言いたいことを言っているにすぎないのか、と。

お客さんの立場に立つとどう思うだろうか。それは自分でも思うのは「少しでも安いほうがありがたい」。それはそうだ。

しかし、下げない(個人的には下げられないと思っている)理由がある。その理由をどうすると分かってもらえるのだろうか。

ニュースレターNo.8作成中

前回のブログから約1週間が過ぎていた。

結局ハードディスクを新しくしたパソコンも同じようにフリーズしてしまうようになり、まったく新しいものを購入することになった。

急遽、大手家電量販店のアウトレット店で一つ型落ちしたものを購入した。

今となってはパソコンがないと仕事にならない時が多々ある。その一つがニュースレターを書くこと。

現在No.8のニュースレターを作成中。早め早めと思いつつもいつの間にか月末が迫ってくる。

今回のニュースレターには私がお世話になっている農家さんを紹介するコーナーを新しく設けようと思っている。

というのも、お世話になっている農家さんへのお礼でもあり、これからは農家どうしが手を取り合っていかなければならないと思うため、

その先駆けとして自分の出しているこのニュースレターで紹介しようと思った。

このコーナーは以前から構想していたが、その農家さんの主力商品が収穫できる前のニュースレターに載せようと思っていても、後手後手になっていて時期が遅れてしまうということがままあった。

今の自分の仕事でさえ若干遅れていることもあるのにこういったことはやってみたいと思うと実行してしまう。

初回の農家さんは自分のブルーベリーを指導してくれているブルーベリー農家さんを紹介予定。

年末の空気も

ここ数日、新年号のニュースレターを書いている、がなかなか文章とは難しい。

そのせいか、「あけましておめでとうございます」と新年になったつもりで考えにふけっていると、年末の空気を感じる。

餅取り粉を買いに行った夕方のスーパーも、外の寒さや慌しさがそれを助長する。

一年が終わる。

地球は太陽の周りを回っているが、ここから先が新年だ!などと地球は思っていないはず。

人は区切りを付け、次に行く。そして、その区切りの多さに時間が流れたことを感じるのだろう。

ニュースレター完成

今日、おかげさまで無事No.3のニュースレターが完成した。

明日、ほぼ1日がかりで宗像市内の配達圏内を手配りする。遠方には簡易のビニールで発送する。

このニュースレター、結構な手間をかけて作っているので、どうせ作ったのならなるべく多くの人に見てもらいたい。

そう思うと、いままでお世話になったいろいろな人の顔が浮かんでくる。

これまたどうせ送るなら簡単でもいいから手紙をつけて送ろうとよなよな書いていたが最近は8時まで仕事ができて、机に付くのも9時を過ぎた後だ。

眠くて眠くてなかなかはかどらない。少しずつでも書いて送ろうと思う。

このニュースレターを読んでみたい、もしくは友人・知人にこのニュースレターを送りたい、という場合はご一報ください。

すこしでも、人の繋がりの環が広がればと思っています。

Home > ニュースレター Archive

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る