Home > 農産物加工 Archive

農産物加工 Archive

新年

1年の計は元旦にあり、というのは脈々と続く日々にどこかで区切りをつけないと気がすまないからなのだろうか。

冬から春になるときが1年のはじまりという感覚は、人類が狩猟をしていた時から、つまり太陽暦などが産まれる前からなんとなく作られてきたのだろうと思う。

有難いことに稲作は春が来てからがスタートなので、正月を迎えるとまた今年一年という気持ちになる。

苺農家は12月から収穫があり、5月か6月上旬ごろまでが1年の作になるので区切りといえば初夏ごろになるのだろうか、などと思ったこともあった。

本当の正月はやはり旧暦で祝うほうが日本人の心には合っているのではないかとも思う。

年賀状にも「新春」などと書くが、やはり梅が咲く頃にぴったりな言葉だと思う。

 

なにはともあれ、1年の振り返りと今年の展望を記しておきたい。

2016年は新しい出会いが本当に多かった年だった。それぞれまったく別のところで知り合ったはずなのに、あっちの人とこっちの人は知り合いだったりした。

またその多くが今後に大きく係ることを予感させるものだった。

その上で、今年の展望として、目標として記しておきたいのは、一番は酒造りであること。

農協から山田錦の種籾が20kgほど購入することが出来、カメノオ酒造さんで私の酒米だけで仕込んでもらえることになっている。

これを環境保全と絡めて地域や行政と一緒に一つの銘柄を作って行きたいと思う。

また、通常のお米に関してもハッピーヒルと呼ばれる自然栽培提唱者、福岡正信さんが改良したお米が加わり5品種になる予定だし、ササニシキも量は少ないながらも栽培する予定であることは、これまでの流れからいれば大きく変わる点。

栽培面積は全ての田で稲を作る上、今のところ2枚の田が増える予定なのでおおよそ10町になるだろうと思われる。

3年前は10町になることが予測もつかなかったが、腹が据われば話は早いもので、やればできるの精神で進んでいる。

祖父母の母屋の一室を加工場にして、餅屋を始めることも考えられるし、鶏を飼う野望もある。

今年もとても楽しみな年になりそうだが、一番は米作りであるので、その基盤整備が一番である。

1月から3月の農閑期にどこまで稲作以外のことが手につけられるかは未知数なので、楽しみながら全力で農閑期を過ごしたいと思う。

埼玉まで行ってきました

e4b9bee787a5e5b08fe5b18bこの小屋を見るために。

といってもこの小屋は製作途中だったのだが、本来見たかった乾燥小屋はもうすでに人の手に渡っていたそうだ。

「農と都市近郊の田園暮らし」の著者に会いに関東まで行くついでに夏休みをとらせていただきました。

現在、ブルーベリー園の一画に我が夫婦の家と1階には事務所と加工場、精米所を作る構想をしていた。

そんな中で本の中で出てくる加工場の2階が農産物の乾燥室になっておりとても便利だというのでそんな乾燥室が欲しくなっていた。

本に載っている写真や説明を見ようともどのように作っていいものやらわからなかった。

それならと思い立ちえいやっと埼玉まで行ってきたのでした。

やろうと思えば何でも出来るものですね。

実際には前述の通り、本に出てくる加工場兼乾燥室は見ていないのだが、この写真のようにそれほど難しくないと思われる。

空き地を利用して作ることが出来そうだ。

ちなみに写真の乾燥室、1階はヤギの寝床になるそうだ。

Gさんには見ず知らずの私に親切に対応していただき、おまけに当日はブラックベリースムージーまで作ってくれて本当にありがとうございました。

久しぶりの雨

昨日で田んぼの春起しを終え、今日の雨の日を迎えることが出来た。

また一つの区切りを迎えることが出来たような気がする。

今年の種撒きは6月2日ごろを予定しているが、これからの2、3週間の間に種まきまでの準備を終えなければならない。

今、自分の頭の中にある種まきまでの仕事といえば・・・

苗床の土の準備(土の粉砕と籾殻燻炭の混合)、苗箱の用意、苗を置く場所の整地、もう一度苗の発芽試験、寒冷紗などの資材の確認・・・

その他の仕事、

ニュースレター、ブルーベリーの草刈、古代米の袋詰め、たまねぎの収穫、ハウスのビニールかけ、事務仕事うんぬん・・・

そんな中、最近は玄米粉と古代米でいろいろな加工品が出来ている。

黒米のおはぎは既出。

e7b1b3e7b289e38391e383b3e381a8e7b1b3e7b289e382afe38383e382ade383bc米粉パンと米粉クッキー。

米粉パンは4分の3は小麦粉なのであまり評価にはならないか。

クッキーはおいしかったのだが粉っぽく口の中がパスパスになってしまう。

e7b1b3e7b289e38394e382b6米粉ピザ。

生地は米粉を水、塩、砂糖少々を入れ練ったもの。

牛乳パックの開いたもので焼いたところ生地がひっついてしまった。

味は玄米の奥ゆかしさがあり上出来なのだが、ネバくて歯に引っ付いてしまう。

e7b1b3e7b289e3839ee38389e383ace383bce3838c米粉マドレーヌ。

パンとこのマドレーヌは近所のお菓子作りが上手なMさんが作ってくれた。

そのほかにもシフォンケーキもありこれらはとてもおいしく、よく出来ていた。

蒸しパンもあったのだが、ピザ生地と同じくネバくて一噛みしただけで歯にくっついてくる。

サヨ子ばぁちゃんは「途中で入れ歯あらわないかん」といって笑っていた。

e7b1b3e7b289e382afe383a9e38383e382abe383bc米粉クラッカー。

塩しか入っていないのでヘルシー。

これはなかなかイケると嫁さんはお気に入りのご様子。

なににしろ米粉は加工賃を考えると小麦粉に比べ何倍も高くなってしまうので、小麦粉の代用として考えては考えられない。

かといって望外に高すぎては現実性がない。

この米粉は小米が原料のため普段のお米に比べれば十分安くなる。しかし製粉する加工賃は1kgあたり300円以上はかかるようだ。

無農薬のお米であることはさることながら、玄米の米粉は今のところほとんど流通していない。

だからこそ価値があると、製粉を請け負ってくれたSさんは私の背中を押してくれた。

e58fa4e4bba3e7b1b3e585a5e3828ce789a9ちなみに今日は雨ということで午後からは休みをとってIKEAに行って来た。

写真は冷蔵庫などに張り付くことが出来るマグネット付きの容器。

古代米のディスプレイなどにいいなぁっと思って買ってきた。

もちろん普段使いにも丸。

古代米は普段目のつく所に置いていないと炊飯するときに入れるのをついつい忘れてしまう。

これなら見た目にもいい。ちなみに一つに約150gのお米が入る。

3つセットで1500円。んーこれはそれほど安さを感じない。

小米の米粉

e5b08fe7b1b3e7b289昨日静岡の製粉機メーカーに送っていた小米が粉になって帰ってきた。

送った30kgの小米は、粒子の大きさを3通りに分けて製粉してあり、それぞれの粉の粒子がどのような料理に向くのかを検証する。

その上でどの大きさがいいのかを見分けてから残りの小米の製粉を頼む。

これから先は料理人に任せることにして私は試食係。

道の駅などの直売所ではてんぷら粉の変わりなどいろいろな用途に利用できるように書いてある。

しかし、よく見かける米粉と違うのは通所のお米より小さくて、通常なら食用にはならない小米であることと、なんといっても「玄米」で製粉してあるところだ。

環保研で知り合いになった製粉機メーカーに勤めておられた方曰く、色のついたものでも製粉し、微粒子になっていけばいくほど白に近づいていくそうだ。

この粉も小米の玄米よりずいぶん白く見える。

環保研 総会

7日・8日と環保研の総会に行ってきた。

今回の総会では聞きたい事がいくつかある中でほとんどの答えをいただいてきた。

それに加え、稲作から派生する加工品に関する出会いが2件。

一つは、精米時にでる米ぬかの活用について。

米ぬかに含まれる油分をしぼり、石鹸にしたいと思っていたが、その方法がわからなかった。

したところ、今回初参加された方に小さいながらもこだわった化粧品を作られる方がいた。

米ぬかの成分を水蒸気蒸留器で抽出し、石鹸の中に混ぜ込む方法としてとりあえずは提案していただいた。

もう一つは小さい米を粉砕して米粉にすることだが、会のメンバーに粉砕する機械の専門メーカーに勤められていた方がおられ、いろいろと聞かせていただいた。

今後の展開が速くなりそうだ。

それはそうと本業である稲作のことももうそろそろといったところ。

優先順位を間違えないように一つずつこなしていきたい。

環保研、毎度ながら本当に多くのことをいただけるすばらしい会。

教授に、出会いに感謝。

e998bfe89887e697a5e381aee587ba今朝5時過ぎに旅館の電話が鳴った。

女風呂で男性が倒れているから見てきて欲しいとおかみからだった。

一瞬状況が飲み込めなかったが行ってみるとお湯が溜まっていない浴槽に酔って落ち込んでいたようだ。

男性は無事だったが相当酔っていたという騒動。

お陰で朝から目が覚めたので学生の頃よく来ていた日の出ポイントに行くとちょうど登ったばかりだった。

ありがたやありがたや。

e9bb92e7b1b3e3818ae381afe3818eこれは2日目の昼食、自然農をされているT氏の黒米をつかったおはぎ。

当園の黒米にくらべ粒が細長く、長粒種といわれている。

この黒米は背丈が1.5mにもなり倒れやすく作りにくいそうだがこちらのほうがおいしいとのこと。

それはもうもちもちしていて美味であった。

と、ここで始めて知ったが黒米などの有色米はほとんどが糯なのだそうだ。

圧力鍋でしっかり炊くとお餅として炊くことが出来、このおはぎのようにもちもちするのだそうだ。

一般的なおはぎといえば外側があんこ、内側が少しつぶしたもちだが、これは外側が黒米のもちもち、中があんこという組み合わせ。

かぶりついてみると中も外も黒い。

昼食は玄米ご飯と赤牛をつかったハヤシライスに季節の野菜をつかった副菜の数々。

とてもおいしかったです。ごちそうさまでした。

ちなみにこの黒米の種をもらってきたので早速今年作ってみます。

感謝。

「松舟東緑米」の玄米餅で“朝食革命”

e7b791e7b1b3

前回のブログで食べてみたいといわれる嬉しい書き込みがあったのでここで一つブログを書いておこう。

写真が緑米の穂。2010年10月14日撮影。

e7b791e7b1b3e78e84e7b1b3これが玄米。緑色をしたお米と白いお米と半々くらいで混ざっている感じだが、白い米は最後までじっくり熟れるとこうなるようで、逆にまだ未熟なものが緑色をしているそうだ。

未熟といってもある程度は熟れているので米の厚みもある。ただ、緑色が最後まで抜けにくい、ということだそうだ。

e7b791e7b1b3e78e84e7b1b3e38282e381a1その緑米の玄米を蒸す搗くの餅つき機で搗いたのがこれ。昨日の昼ごろ搗いた。

以前は搗きたての時に丸餅にちぎっていたのだが、熱いし、餅きり機は洗わないといけないし、大変だったので今ではおしなべておいて、冷えてから包丁で切っている。

e7b791e7b1b3e78e84e7b1b3e58887e3828ae38282e381a1断面はこんな感じ。

e79c9fe7a9bae38391e38383e382afe7b791e7b1b3e78e84e7b1b3e9a485先日、今年から古代米は真空パックにしようと思って機械を買っていたので玄米餅も真空パックにした。

写真は500g入り。あんこを入れるなどの加工がなければ販売する事も保健所の許可は必要ないそうだ。いいことを聞いた。

こうして冷凍しておけば日持ちもするだろう。

あとは焼いたところの写真があればいいかな。

“朝食革命”とは、毎朝トーストを食べている人は同じ要領で玄米餅をトースターで焼けばさほど手も汚れず、洗いものも増えずに朝ご飯になることや、パンより栄養価が高く、餅だけに腹もちもよいことから教授がそうなずけているようだ。

しかし実際のところは市販のトーストより高い。

もちろん米は農薬や化学肥料を使っていないため、小麦粉から比べたらはるかに原料が高くなる。

白餅の相場が1kg1000円に対して緑米の玄米餅は1kg1300円前後の様。

写真だと11切れで650円になる。朝ご飯として4切れ食べたら236円。ちょっと高いなぁ・・いやそんなものか。

加工する手間を考えるとそのくらいしてもいいのか。もう少し加工する手間をカイゼンしなければ革命も広がらない気はする。

環保研 新年会

2月10日、熊本県の世界平和道場にて毎年恒例の環境保全型農業技術研究会・新年会に参加してきた。

環保研だけは忙しくても特別な用事がない限り参加しているが、それは自分への褒美でもあるのだろう。

ようやく会の主要なメンバーさんとも友達感覚で話ができるようになってきた。

福岡からの参加としては出席率は結構高いはず。

img_7343写真は緑米の玄米餅作成のデモンストレーション風景。

3升炊きの餅つき機と餅きり器を持参された会の幹事さん。

このほかにも携帯型薪コンロ「シェラストーブ」や灯油コンロ「オプティマス」などアウトドア用品を教えてくれた。どれもマニアにはたまらない一品だ。

緑米の玄米餅はやはり我が家で食べたものと同じく、とても美味しかった。

つきたてのほやほやは何もつけなくても美味しい。

3月の総会の時にはこの餅の広報・販売を含め会員で話し合いたいとのことだった。

私も蒸す搗くの餅つき機を購入したら販売したい。

img_7357次の朝には10cmを超える積雪だった。

毎年新年会の場所・宿泊としてもお世話になっている世界平和道場さんには快く使わせていただき感謝します。

年末を感じる行事 もちつき

e7b791e7b1b3e38282e381a1efbc93昨日、無事に餅つきを終えました。

今年も年末のお餅の販売は特別に行いませんでしたが、ちょっと多めに餅つきをしました。

そのうち、2割ほどですが古代米の緑米を餅にしました。

この緑米の餅は玄米です。そもそもご飯は玄米で食べる場合がありますが、お餅を玄米で搗くことは聞いたことがないと思います。

実際に家族に食べてもらった感想はもぞもぞするなどでしたが、私はトースターで焼いた時の香ばしさはびっくりするほどでした。

好き嫌いはあるかもしれませんが、玄米であることで栄養面ではとても良いと思います。

実際にこの玄米のお餅でお通じがよくなったという話もききました。

食べ方も海苔をまいたり、チーズをのせるなど、冷凍しておけば食パンに勝るとも劣らない食べやすさ、とのことです。

これは緑米の餅がおいしいと教えてくれた農家さんのお話です。

お餅を冷凍していれば何時でも出すことができるので重宝するとのこと。

新年のごあいさつとして百姓三昧だよりを年明けに出す予定です。

その際にこのお餅のご案内もさせて頂く予定です。

e7b791e7b1b3e38282e381a1efbc92

e7b791e7b1b3e38282e381a1efbc91

3日3晩の土用干し

img_5236今年は庭の梅の木に実はほとんど実らなかった。

すると、近くのおばちゃんから余ったという梅をおすそ分けしてくれた。

梅干しは梅を干すと書いて梅干しだが実際に梅を干している風景をあまり見たことがない。

梅を干す時間とタイミングを3日3晩の土用干しというらしいが、今度の土用は立秋が8月7日らしく、その18日前からなので7月20日?からになる。(ウィキペディアより自己計算)

近所の人はまだ早いといっていたそうだが、どうもどんぴしゃだったようだ。昨日から梅を干している。

ちなみに干し物は夜露に合わせないことが多いが、梅干しの場合は3晩とあるようにわざと夜露に合わせるようだ。

しかし、昨日も夕立が来そうだったので夕方からは納屋の下にしまっていた。

高菜漬け

img_1779高菜を畑からとってきて天日に干して数時間。葉がしんなりなってきたところ。

高菜漬けなどの漬物は野菜を洗わずに漬けるのが基本らしい。この手の野菜は茎の根元に土が溜まりやすく、これを洗い流さずに漬けて汚くないのかなぁっと思ってしまう。

しかし、これはずっとずっと以前から伝わってきたこと。むしろ最近は清潔志向で衛生管理が厳しいため、そこまでキレイにすることが当たり前のようになっている。

昔の高菜漬けの業者は畑から収穫された大量の高菜を紐で縛ったまま、大きな樽に洗わずに漬け込んでいたそうだ。

今では業者はどのように高菜を漬けているのかはわからないが、衛生上はキレイに洗ってからでないといけないのではないだろうか。

img_1792しなびた高菜を二つに割る。

img_1799塩をふる。

img_1785揉み込む。力の弱った祖母にはこれが重労働。

高菜にちゃんと塩が回っていないと、漬け込んだはずの桶の中から芽が立ち上がってくるのだそうだ。

img_1802これに落とし蓋を置き、漬物石を重ねる。

3,4日後、高菜から水分が出て水が上がってくる。そこで水を捨ててもう一度揉んで漬ける。

写真にある漬物樽。ここ数年はプラスチックの樽を使ってきたため、樽は使っていなかった。

木で出来た樽は使っていないと乾燥して水が漏れる。1週間前くらいから納屋から引っ張り出してきて、水を溜めていた。

はじめはぽたぽた漏れていたところも、徐々に水を吸い膨張したのだろう。しっかり水を溜めるようになっていた。

このような道具は定期的に使うことでメンテナンスにもなる。

あぁこうして今年も高菜漬けが食べられるんだなぁ

米粉パンの可能性

1kgが600円の米粉だとパンを作るには到底高すぎる原料になってしまうことは以前にも述べた。

そこで、原料を小米や割れ米を用いることで低価格化することもできる。

とりあえず、パンを作るのであれば米より安くなければわざわざ米粉を買う意味が無い。

そういっていただいたのは普段から親しくしていただいている方。その他にもいろいろとアイデアを頂いた。

しかし、ここ数日暖かい日が続いたためか頭の中がボーっとしてしまい、春のような陽気にうつつを抜かしていた。

そんな日は頭の中を整理して、これから先自分がどうしたいのかをまとめる良い時間になったと自分を納得させた。

最近、若干ブログの更新が少ないのは頭の中にしなければいけないことがいっぱいで、回転が効かないようになってきていたからかもしれません。1日に40件近いアクセスがあることに感謝と申し訳ない気持ちがあります。

パソコンは忠実にデータを記憶していきますが、たまりすぎると時にすべてがパーになったりします。

人の脳みそは寝たりすることでいらない情報を自然と消去してくれるので健康でいれば回転は好調を保ってくれるのでしょう。

ある程度の情報を消去し、身軽な状態で一から考え直すと案外簡単に処理できるのかもしれません。

自分に必要なことはやはり感謝することなのだと、昼寝でいらない情報を削除した頭で思いました。

きゅうりの粕漬け

img_3352夏野菜が最盛期を迎えている。ナス、キュウリ、トマト。

しかし、野菜で難しいことは旬である今は栽培すること自体はそれほど難しくはない。(トマトは今年もだめだったのだが・・・

なにが今の野菜で難しいかというと、最盛期でいっぱい収穫できる野菜をどうやって売るか、だ。

キュウリは毎日5kg以上は収穫できている。しかし、お米の配達に行くのは約2日に1回。しかも、家庭菜園をされていてキュウリは我が家でも余っているというお客さんも少なくない。同様にナス、トマトも。

そこで、祖母はもったいないからと酒屋で酒粕を買ってきて、キュウリを浸けてくれていた。

もともと、農作物の加工のことも農業福島園の経営の一つとして頭の片隅にはあったのだが、やっとひらめいた。

一番身近な加工食品であり、原材料は余っている、しかも大先生がいるではないか。

明日の配達で、キュウリの粕漬けを1本ずつ配れる予定。

ニュースレターで紹介したナスのからし漬けも配達時に販売予定。

胚芽米

胚芽米の特殊な精米方法とは、精米時の回転をゆっくりにすることで、お米を横に回転させながら精米する。そのことで胚芽に圧力が加わることなく表面の糠は取り除けるという。通常の精米機は高回転がゆえに米は縦横無尽に回転しながら擦れ合うことで、胚芽も均一に精米する。

これは、メーカーの説明文を読んだだけの「知ってるつもり」なわけなので、時間があるときにもっと専門的に勉強してみたいと思う。もし、回転数を減らすだけなら我が家の精米機でもモーターを低回転のものに変えるだけで胚芽米が精米できるのではないか、と思う。

まさかそんな簡単なわけはない。きっと圧力がかかる空間が通常のものより狭く、米が横回りしかしない程度ではないかと予想するが、どうだろうか。

分づき米

img_2500左が白米、中が7分づき、右が5分づき。

この写真ではなかなか解かりにくいとは思うが、白米と7分の違いといえば胚芽の部分がほぼ残っていて、表面はうっすら黄色がかっている。

7分と5分の差は米の表面に糠が残っているのが分る。そのため黄色も濃い。

よくお米の注文時に聞かれることに「胚芽米ですか?」という質問がある。厳密に言えば、7分づき、5分づきは胚芽米ではありません。しかし、歩どまりを見てみると、白米が91%、7分が94%、5分が96%に対して、胚芽米は93~94%とのこと。ということは、歩どまりだけをみれば、7分づきとあまりかわりがないということになる。

胚芽米(胚芽精米)とは、特殊な精米方法により精米されていて、胚芽の部分だけを残し、米表面のヌカの層をキレイに取り除いたお米をいう。

分づき米は、精米する過程の圧力を弱くし、糠の層と胚芽の部分が残る様に精米したもの。そのため、7分づきに残る胚芽の部分も表面は削れており、おおよそ発芽はしないだろう。胚芽米は、胚芽の部分が削られることなく残っているので、給水した場合には発芽するのである。

※農業福島園で承っている7分づき、5分づきはあくまで目分量で圧力調節しています。そのため、精米の度に若干歩留まりが異なることがあります。

胚芽米の特殊な精米方法とは・・・後日アップします。

自家製あんこ

img_2159

小豆を煮ると結構膨れ上がるものだ(写真)。小豆を見たことはあった。あんこを見たことはあった。しかし、あんこを作るところは見たことがなかった。

よく煮えた小豆をつぶしただけではパサパサなのだが、砂糖を入れると不思議とドロっと、どこからか水分がでてくる。知っていれば当たり前、知らなければ不思議。

今回の餅つきで提供するあん餅には自家製の小豆で作りたかった。あくまで農家でいたいのだろう。その念願かなって全てのあん餅は自家製小豆で用意できた。

砂糖の加減は祖母しだい。結構甘くないともちに入れたときに甘さを感じにくいらしい。ほどほどの甘さにとどめてもらうようにいっておいた。

Home > 農産物加工 Archive

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る