Home

職業:百姓

ブルーベリーの花

BB花

4月中旬になり、菜種梅雨なのか、雨が多い日が続いている。

私が大学3年の時に、研究室のブルーベリーの花が、満開の時期に4日間雨が降り続いたことがあった。

この時開花した花の多くが病気にかかり、腐敗して実がなり止らなかったということがあった。

一番の原因は多湿による雑菌の繁殖なのだろうが果たして殺菌剤を散布することであの時の被害は防ぐことができたのだろうかと今でも思う。

根本的な原因は多湿ではなく、腐敗する原因は望まない菌が繁殖してしまう植物側の問題もあったのではないかと。

もちろん多湿という環境が腐敗菌の繁殖しやすい環境であることには間違いなく、腐敗したのもそもそも柔らかい花弁からだったので、4日間も雨が降り続くという普段ではない環境のため、病気にかかるのも仕方ないと思える。

しかし、こういう病気の場合、大抵は肥料が原因であることが多い。

ブルーベリーは酸性土壌を好み、研究室のブルーベリーはバークチップを大量にマルチングしていたので有機物の分解のために窒素を必要とする。

そのため、大量の硫安を散布することが多いが、その副作用が植物体の軟化ではないかと思う。

もともと軟らかい花弁が、さらに長雨で弱くなり、病気が入ってしまうのではないかと・・・雨が続くと昔のことを思い出す。

 

雑草という神草

ホトケノザ春になると自然と育ってくる草、一般的には雑草と呼ばれる。

写真のホトケノザも神妙な名前がついていながら春の野草であり、雑草と呼ばれることもあるだろう。

手に持っているものと、その隣に生えているホトケノザは同じものでも葉の大きさ、色が全く違う。

これは、ブルーベリーの畑に播いたぼかし肥料を吸って大きくなったものと、そうではないものの違い。

ぼかし肥料をブルーベリーの樹の周りに撒いたところ、野草が大きく育ち、その効能を教えてくれている。

野草

一概にこれがいいことであるとは思わないが、確かに効いていることは確か。

なぜ一概にいいことであるといえないかというと、こういう育ち方をした植物は体が軟弱で病気や虫が入りやすい。

そのため、目的であるブルーベリーの樹からは少し離して散布する。

そうすることで、周囲に草が生え、土を肥沃にしてくれる。

最大の目標は土自体が肥えることで、どんなものでも育ちやすい環境にすること。

だからブルーベリーから少し離すところに散布すれば、そこに向ってブルーベリーの根が伸びていく。

この畑も昨年は一面西洋タンポポが群生していた。晴れた日には黄色一色だったが、今年はホトケノザとオオイヌノフグリとタンポポの3色だ。

毎年、この春一番に伸びてくる草の種類が変わってきていることに驚く。

というのも、去年タンポポが群生した時、花が終わり一斉に綿を飛ばしたが、だからといって今年も同じようにタンポポがいっぱい咲くわけでもない。

タンポポの前の年が一面ホトケノザで紫一色だった。

毎年、春一番の草の種類が変わってきている。

これは、そこの土に今必要な養分を補うのに一番適している植物が生えるということ。

耕作放棄した畑がセイタカアワダチソウに覆われ、さらに放置しておくと樹が生えてきて森になることからも、植物はその地に合わせて種類が変わってくることが分かる。

感覚で伝わってくる野草の役割。

はて、自分の役割は・・・

 

 

 

春起こし

31 - 1

春が来た!

今朝のニュースでは福岡市内は桜が満開だと伝えていたが例年通り宗像は2,3日遅く、朝はまだ3分咲きといったところだった。

しかし、日中は21度まで上がり、4月下旬なみだったそうだ。

日暮れ時には7分咲きくらいまで桜も開いてきていた。

そんな中、田んぼの耕起が始まった。
IMG_0587

先週からトラクターに乗り始めたが、トラクターを買って5年目にして始めて爪を交換しなければいけなくなった。

IMG_0586

通常では1年で1回か多い人は2回、爪を交換すると言われる。

それは耕す細かさや深さによって磨り減る速さが変わるため、人それぞれ。

私はほぼ4年間、純正の爪で耕起してきた。

1年間に2回、1回につき平均4ヘクタールの作業だとすると、合計32ヘクタールを純正爪で耕起したことになる。

トラクターの稼働時間は370時間だったが代掻きは別の作業機で動いているのでおおよそ300時間程度か。

これが他の人と比べてどうなのかというと、私は知らないがただ、どうやらずいぶんもっているそうだ。農機具の店長が驚いていた。

なぜ爪がもつかというと、田を耕す深さが5cmととても浅く、さらにロータリーが回る回転数が遅く、荒くしか鋤いていないからだろう。

田を鋤く理由は、草を絶やし代掻きしやすくするためであり、代掻きをする理由は雑草対策と田の均平を保つためだ。

春に耕し、水を入れて代をかくことで草が無い状態で苗を植えることが出来、雑草対策が簡単になることが目的である。

稲が健全にそだち、草が生えなければお米は収穫できるはず。

であれば、深く耕す理由や代掻き前の時点で細かくする理由はあまり無いように思う。

探求すれば根の伸びや微生物の違いなどもあるかもしれない。

なににしても、違いに気づく目を持ち日々感じていくことが上達していくことになるのだろうか。

運命

Scan10001 (1024x792)

 

私は大学生の時、大分のなずな農園の百姓、赤峰勝人さんと出会った。

そこで、2泊の百姓塾に参加し、サインをもらった時にこの言葉をもらった。

この言葉の意味を探求しようとしても、すぐに堂々巡りに陥る感覚がある。

それはそうだ。循環なんだから、と。

全てとは何か。

循環の中に、何があるのか。など。

ただ、この人に出会い、この言葉をもらったことから始まったのは確かなようだ。

確か、といいつつ不確かな「ようだ」をつけるところに循環している思考が見て取れる。

そして、この字に出会った。

これは妻の大学時代の友人に書作家さんがいて頼んで書いてもらった。

もともとは、お米の袋がなくなり、住所も新しくなったため、版を刷りなおして印刷する必要があったため、どうせ版を作るならいい人いないかなぁと思っているところに妻からこの人を紹介してもらった。

Scan1 (1024x792)

 

だからもともとはこの屋号を書いてもらうためだった。

以前、農業福島園も次のステップに来たと思い、屋号を新しくしたいなどと考えていたが、特に思い浮かばずにいたため、変わらずにこの名前で書いてもらった。

こんなすばらしい字を書いてもらったのだからもう当分屋号を変えることは無くなった。

これが運命と言わずして何と言う。

 

おにぎり屋

おにぎり屋知人に天神で働く女性曰く、

「お昼はおいしいおにぎり2個とお味噌汁があれば十分」と。

私も妻がいない時や料理したくないなぁという時に、家庭のような、ある意味ちゃんとしたおにぎりとお味噌汁が食べられるお店があればなぁとつくづく思う。

この女性とそんな話をしたのは昨年の種蒔きに手伝ってもらった時だったか。

ファーストフードやコンビ二、お弁当屋さんなど、お昼を取るには事欠かない天神だが、実際にそこで働いている人の中には昼食のニーズは完全には満たされていないようだ。

なにもこれは物欲のほとんどがそろう街中だけではなく、片田舎の宗像でも同じである。

買って食べるものにまともなものが無い。

そんな話で盛り上がった今日は、そんな欲求に答える「おにぎり屋」を始める第一歩となった。

昨年の種蒔きの時点ではまだ家はできておらす、加工場がなければ食品の営業許可がなく話も進まなかった。

昨年に家が完成し、ようやく構想からの1歩がはじまった。

おにぎりのお米はどの品種が向くかや、具材、汁物。結局はどれも普通に作ればおいしいものだったという。

もちろんどこにもない1級のおにぎりを目指すなら料理人にならなければならないが、とりあえずまともなものを提供することを念頭に。

こだわりはお米や野菜は無農薬のもの。

塩は天然海塩。

海苔も上等なもの。

具材も化学調味料、保存料が使用されているものは使わない。

汁物もちゃんと出汁をとる。

そんなおにぎりがお昼にたべられたらいいなと思う。

 

米ぬかぼかし散布

IMG_0508 (1024x768)

先月6日に仕込んだ米ぬかぼかし肥料を散布する時が来た。

2月20日のブログにアップしている写真はもとが青白く移っていることもあるが、米ぬかが発酵して色が変わっていることが分かるだろうか。

はじめは握るとだまになるくらいの水分も、発熱による蒸散でこの頃にはさらさらになっている。

これまでに発熱を確認してから20回以上、スコップ1本で切り返しをしてきた。

IMG_0509 (1024x768)

 

完全に発酵するにはもう一度水分を加えてやれば60度から40度程度に落ちていた温度もまた上がり、さらに発酵するそうだ。

しかし、田植えまで3ヶ月の期間があるのでその間に田んぼの土と馴染むだろうということでこのタイミングで散布している。

というのも、生の有機物を土壌中に混ぜると地表面に出ない数センチ下でも、微生物にとっては酸素が少ない環境になり、好気性菌が働かず、腐敗になりやすいと言われるため、発酵肥料や堆肥でも完熟していない有機物の散布には気をつけないといけない。

また、この米ぬかぼかしの散布量は10アール当たり、50kg程度と極少量であることも腐敗になりにくいと考えてのこと。

もっと詳しく探求する人もいるが、私にとっては土壌は宇宙そのものであり、答えを求めれば求めるほど息苦しくなるようなものを感じる。

感覚でやっていく農業も悪くないように思う。

 

この日は初春の快晴。のんびり外仕事をするには絶好の日和だった。

トラクターに乗っているのは最近アルバイトに来てくれているとても謙虚なH君。

次回の百姓三昧だよりでご紹介する予定。

IMG_0511 (768x1024)

また、今の配達・発送に野菜がなくなってしまい、ようやく種を播けるまでになった。

写真はにんじんの種。

今から種を播いて収穫できるようになるのは早いもので5月下旬ごろ。

一時の間、野菜がなくなってしまい寂しいが田植え前にはいろいろと野菜の収穫が出来そうでいまからワクワク。

 

 

09 - 3

緋寒桜が7分咲き。ちょうど1年前の3月14日、上棟式の時期が満開だったことを思い出す。

今年も変わらず春が来ている。

09 - 1こちらは紫陽花の新芽。

09 - 2そして花桃のつぼみ。

この桃の木は数年前に田主丸で苗木を買って来た。

桃の花は野菜の種を播く時期を知らせてくれる指標の一つ。

以前のブログには春じゃがを植えるタイミングが桃の花が赤か白か分かるくらいがその時期だと書いている。

この言葉は祖母サヨ子さんの言葉。

もう祖母も畑作業をすることができないくらいに弱ってしまった。

自分が忙しく、まだいろいろ教えて欲しいことはいっぱいあるのに、時間が余って仕方がなかった高校生時代が惜しい。

もう少し暖かくなれば畑に誘い出そう。

 

 

 

好きなことをする

自分は好きなことをしている。

でも、時たまこれって本当にすきなことだっけ。いや、こんなことがしたかったんじゃない、もっと自由になりたいんだ!

とか思うことがある。

心屋仁之助さんのブログには「好きなことだけをやりましょう」とある。

そこで来た質問に対して「やりたいことをやって生きていくには一番やりたくないところを一度は潜りぬける必要がある」と書いてある。

正直最初は意味不明だった。

それでもブログを読み進めていくうちに、なんとなく分かった風でとりあえず目の前の仕事に精が出て今日中に仕事を上がることができた。

そこで、今一度ブログを見直してみた。

すると、そこにはやりたくないことを一度はやらなければならない、とは書いてなかった。

やりたくないところを、一度は潜りぬける必要がある、と。

いやぁ分かりにくかったなぁと思う。

なぜ分かりにくいかというと、読んでいながらに前もって自分で答えはこうだろうと予測して読んでいるからだろう。

やりたくないことに対して、潜りぬけるとはなにか。

目をそらすわけではなく、

スルーするわけではなく、

誤魔化すわけではなく・・・

ブログには続きにこうある。

「なにがいや、なのかをちゃんと言う必要がある」と。

自分の場合でいうと、今晩の仕事というのはお客さんに送付している百姓三昧だよりというニューズレターがあり、それの住所録の確認作業だった。

私はそもそも農業がしたくて百姓になったが、パソコンの前で夜な夜な事務仕事をするために百姓になったわけではない、だから一時的にまったくもってやりたくないことをやっているような感覚になった。

しかし、私は今の何がいやだと感じているのかについて漠然と考えていた。

実は自分がいやだと感じていたことは、夜が更けてきたにもかかわらず依然として精が出ずにフェイスブックやら天気予報やらを見ながらなんとなく過ごしている自分にいやになっていただけだった。

そもそも、夜になる事務仕事も覚悟の上で個人販売を始めたし、この仕事自体はさほどいやでもなく、むしろ集中して仕事をし終わった時の達成感が好きでやりはじめたのではないか。

もし、それが実は気が変わって夜中まで仕事をしないようにするのであれば、そう決めて、さっさとリビングに上がればいいだけの話。

何が「いや」なのかを考えず、自分のしたいことをするということにきちんとフォーカスすることが出来れば、人生は好転する。そう思った。

 

無農薬のイチゴ

kaoruitigo知人が作っている無農薬のイチゴ。

無農薬や有機栽培の農産物が増えてきたがその中でも格段にイチゴの無農薬は少ないのではないだろうか。

私はお米を無農薬で栽培しているが、「無農薬は大変じゃないですか?」などと聞かれることがよくあるが、その度に一番無農薬栽培が容易い作物が稲だと思うと伝えている。

やはり作物によって農薬を使わなくても育ちやすいものと、育ちにくいものとがあるのだとは思う。

イチゴに並んでで難しいと思うのは大玉トマト。

熊本の無農薬イチゴの農家さんは知っているが大玉トマトの無農薬は未だ知らない。

このイチゴ栽培も同じくらい難しいのかと思うが、基本は全て同じだとも思う。

基本とは、水・光・土・温度・時期など。

写真の農家さんに伺ったときに座り込んで2時間ほどいろいろと話をしていた。

どんな農家でも農薬は使いたくないという。

新規就農した若者でも農薬は使いたくないというが、結局化学肥料と農薬を使ってしまう人もいる。

しかし、私やこのイチゴを作っている人は、鼻から農薬の“の”の字も化学肥料の“か”の字も出てこない。

なぜなら使いたくないから。

思っていることは同じように見えても、実際に使ってしまう人は、「使いたくない、けど使わなかったら怖い」となってしまうのだろうと話していた。

それでいて、結局農薬・化学肥料を使い、野菜を作って直売所に持っていっても時期になるといろんな農家の人が作っているので値崩れするし、売れ余る。

形の悪いものは最初から売れないから売らない。

きれいで、まっすぐで、安くないと売れない。

忙しい上に収入は増えず、農薬を使うから気持ちもギスギスする。

鼻から農薬を使わないと決めると、少々虫が食べてもそれでいいという人が買ってくれる。

野菜が美味しくなる。

作り手も食べるとおいしいから嬉しくなる。

野菜作りが楽しくなる。

売れ残りが無くなる。

収入が増える。

農薬を使わないから気持ちも安定する。

そんな仲間が増えるといいな。

 

全圃場、土壌分析

土壌分析採取中

今年は田んぼが増えることもあり、科学的な視点からも全ての圃場を把握しようと思い、全ての田んぼで土壌分析をすることにした。

1枚の田んぼから均等に5点を取り、乾燥、粉砕、混合して分析する。

土壌分析乾燥中

 

全36筆。(圃場の数え方は筆)

当園では稲の苗も田んぼの土で作っているのでどの圃場が一番適しているか、結果をみてから今年栽培面積が増えて足りなくなった土を追加採取する予定。

土壌分析は、例えばマグネシウムが足りないから苦土石灰をいれようとか、腐植が足りないから堆肥を1反あたり2トン入れようとかいう指導がもらえる。

それが今まで先人たちが培ってきた農学なんだろう。

しかし、どんなに分析して、足りないものを補っても害虫は出るし、病気は減らない。

むしろ、出る前提で農薬は散布される。

あくなき増収への夢、腹いっぱい食べることが人間の欲望だった。

別の見方をすれば、自然という人間の知では未だに未解明の事が多い世界を少しでも理解しようとする探究心か。

何が正解とかではない。

何を信じるか、なのかな。

 

 

米ぬかぼかし7回目

ぼかし4日目有機無農薬栽培になってから7年目。

毎年米ぬかが出るので田んぼに返す意味でこの発酵肥料を作っている。

なぜ発酵させてから田んぼに返すのか、それは有機物が発酵することで生の米ぬかのときにはなかった効果が発揮されるからだ。

詳しくはぼかし肥料で検索するといろいろと出てくる。

いろいろと書かれているが、実際に米ぬかをそのまま土の上に撒くとどうなるか。

雨や梅雨で水分を多く含み、腐敗する。

発酵と腐敗の違いは大豆を味噌にするか、腐らせるかの違いと同じだとよく肥料会社の社長が言っていた。

有機物の中で起こっている変化は、化学的にはわからなくても匂いや熱を感じれば分かる。

ブログだけでは匂いが伝わらないのがもったいない。

今日は温度が40度以上にもなっていた。これから1週間が一番熱が上がる時期。

また今年も米ぬか温浴をしよう。

あぁ生ごみを入れてみるとどうなるだろう・・・

無農薬のお米を使っているcafe 「Varme」ヴァルメ

昨年末頃にメールで連絡をもらい、納品することになったカフェのご紹介。

IMG_0361 (1280x960)ヴァルメとは「ぬくもり」のことだそう。

マクロビな野菜スープがメインのお店。

IMG_0360 (1280x960)

 

これは味見によそってくれた季節のやさいごろごろスープ。

通常お店で出している(大)サイズはこれの1.5倍もあって650円。さらにこれに3品の野菜小鉢がついてくる。

なんといってもすっごいやさしい!

食べきれるかなぁと思っても入ってしまう。あぁおなかいっぱいってなってもすっごい消化がいい感じ。

IMG_0358 (1280x960)

 

メニュー。

店長は以前メディア関係の仕事をして、体調を崩し食の大切さを見直し、マクロビの先生に丁稚奉公を1年したそうだ。

まだ20代で頑張り屋さん。

あ、結局自分が納品したご飯を食べずじまいだ。

こんなお店が近くにあって、あぁ今日はご飯作れなーいって時にこんなスープが出てきたら最高だなぁと思う。

またレトルトになってたらいいなぁと思う!

 

検索は「ヴァルメごあん」

ブログ:http://ameblo.jp/varmegohan/

住所 福岡市早良区次郎丸4-1-33

TEL 092-865-3838

 

伝えるということ

ぜんざいと玄米餅

 

5年前にお世話になった料理教室に、もう一度お世話になった。

きっかけは玄米餅の注文を頂いたこと。

玄米餅はもうもち米はなくなったので断っていたが、へそくりのもち米があったのでこちらを搗いてお届けした。

そのかわりといってはなんだが、面積が増え、お米をかっていただける方を探しているということを伝え、5年前と同じように料理教室に参加された方々に時間を割いてもらって話す場を作ってもらった。

違ったのは就農してすぐの24歳の農業者と、30手前の微妙な年齢の青年か。

しかし、思うのは伝えることの難しさ。

伝えよう伝えようと思えば思うほど難しくなる。

それは、伝えるということは感情の動きであり、伝えるものではなく、伝わるものだった。

だから、相手の感情を動かそうと思ったら、感情に訴えかけるのが一番効果的ではなくなる。

もっと自分をさらけ出し、自分のだめなところ、悪いところを見てもらう。

それが無ければ自分の思いの押し売りになってしまうのだろう。

スピーチって面白い。

大豆について

昨年の12月に発行した百姓三昧だよりに入れた大豆のこと。

せっかく書いた文章なのでこちらでも紹介しておく。

***************

~今、福島光志がひそかにワクワクしている大豆について~

DSC_0513

大豆は良質な植物性たんぱく質を摂取できる作物です。炭水化物のお米とは違う栄養素であり、同じたんぱく質でも脂質の多いお肉とも体への影響は違ってきます。

日本食にはお米と並び味噌や醤油の原料となる必要不可欠な食材です。しかし、現在日本で消費されている大豆の多くは外国産なんです。(※注:サラダ油などの油糧用を除く食用大豆の自給率は25%)

お米は778%もの関税で守られていますが、大豆には関税は掛けられていません。国産大豆は栽培費用が輸入物に比べ高額にかかり、販売価格より生産費用のほうが高いのが現状です。

それを可能にしているのが国からの補助金です。

原価割れしている国産大豆ですが、これを使用した商品は「国産大豆使用」と銘うち、一般的な商品より割高で販売されています。これが食品としての国産大豆の姿といいましょうか。

さて、次に大豆の農業生産上の姿を挙げますと、私個人の感想ですが、日本の農家は大豆栽培に対するイメージはあまり良いものではなく、国からの補助金を受けるために栽培しているのが現状です。

田んぼで水稲を作付けしない代わりに大豆を栽培すれば上乗せで補助金が支給される仕組みになっていたのです。

これを減反政策といい、国が長年取り組んできた政策です。この減反政策ですが、昨年政府は2018年までに段階的に廃止することを決定しました。

しかし、大豆への補助金が無くなる訳ではなく、今後どのように国産大豆の栽培が変化していくのかは不透明なままです。

大豆の生産には国の政策が大きく関与しているため、年度別に大豆の生産量を見てみると気象とは関係なく乱高下しているのです。

しかし、そんな大豆ですが私には面白くて、おいしい作物として見えました。その理由の一つが、肥料が要らないことです。

大豆の根には根粒菌という微生物が共生しており、空気中の窒素を取り込み、大豆が育つための栄養にしてくれるのです。

現在の栽培指導では収量を上げるために化学肥料を使用していることが多いのですが、根粒菌のおかげで無肥料でもある程度収穫することができるようです。

また、作物栽培につきものなのが、雑草対策です。水稲は当園ではジャンボタニシのおかげで除草することができていますが、一般的な大豆栽培では播種と同時に除草剤を散布します。

しかし、この除草も、芽が出た後に条間を機械で耕すことである程度雑草の繁殖を抑えることができます。

もちろん、除草剤を使うより一手間必要になりますが、雑草対策は除草剤を使わなくても十分可能である、というのがこの2年間大豆を栽培してみての感想です。

肥料と除草の問題さえ解決できれば、と考えていましたが、現実はそう甘くは無かったようです。昨年は無事に大豆を収穫することが出来ましたが、今年はどうやら品質の良い大豆を収穫することはできないかもしれません。

といいますのも、害虫であるカメムシの被害と思われる青立ちという症状がでています。11月21日現在ではまだ収穫しておらず、どの程度の被害かがわからない状態です。

しかし、虫や病気の被害には原因があります。その問題を突き詰めて改善していきたいと思います。

長々と大豆のことについて書きましたが、私はこの大豆栽培の可能性を見て、最終的には自然栽培の大豆100%でできたほんものの味噌や醤油を作りたいと考えています。

最近では味噌を手作りする方が増えてきているようです。そういった方達にも大豆への希望に添える栽培をしていきたいと思います。

あまり知られていませんが福岡県は全国4位の大豆栽培県であり、宗像は特に大豆の産地としても認知されているのです。

このようなことを枝豆狩り体験の時に皆様にご説明できたらよかったなと振り返って思います。
※平成24年度、農林水産省ウェブサイトより

ブルーベリー剪定中

毎年1月~3月に行っているブルーベリーの剪定。

まだ本格的に販売を行っていないが去年もある程度は収穫できている。

去年の実はなかなかおいしく、販売もしていきたい。

選定

写真では枝がみえずらく、どこをどう選定したのか違いがわかりずらい。

そこで、携帯で周囲を回る動画を撮ってみた。

最初にbefore、後日選定が完了して撮影したafterをつなぎ合わせた。

この樹は大きく育ってくれたブルーベリーの一つ。

全ての樹がここまで大きくなってくるといいのだが、同じように植えても不思議と生長の違いは雲泥の差がある。

あと丸1日も剪定できれば全体が終わる。

Home

ソーシャルメディア
カテゴリー
Feed

先頭へ戻る